名言DB

9490 人 / 112001 名言

スウィフトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

スウィフトのプロフィール

ジョナサン・スウィフト。17世紀末から18世紀中期にかけて活躍したイングランド系アイルランド人の作家、司祭、エッセイスト。風刺的な作風が人々に好まれた。主な著書に『ガリバー旅行記』『穏健なる提案』『ステラへの消息』『桶物語』『次なる年の予言』『書物合戦』など。そのほか散文、詩、説教書祈祷書、エッセイなどを多数残している

スウィフトの名言 一覧

ひとつの嘘をつく者は、自分がどんな重荷を背負い込んだのか滅多に気が付かない。つまり、ひとつの嘘をつき通すために別の嘘を20個考えなければならないということを。


約束とパイの外皮は、簡単に破れるものだ。


不平は天から授けられた最大の贈り物である。


我々は頭の中に富を持つべきである。そして、心の中にも。


大事件も大河の源流のように、ごく些細なことから発生する。


朝寝をする人間で、いっぱしの人間になった者など一人もいない。


スウィフトの経歴・略歴

ジョナサン・スウィフト。17世紀末から18世紀中期にかけて活躍したイングランド系アイルランド人の作家、司祭、エッセイスト。風刺的な作風が人々に好まれた。主な著書に『ガリバー旅行記』『穏健なる提案』『ステラへの消息』『桶物語』『次なる年の予言』『書物合戦』など。そのほか散文、詩、説教書祈祷書、エッセイなどを多数残している

他の記事も読んでみる

昆政彦

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の発明によって、これがあれば将来、我々人類の未来が明るくなるというイマジネーションがふくらむ。ただ、ビジネスの世界で考えたらこれだけでは物足りなくて、iPS細胞を活用した治療法が確立され、患者さんが最終的にお金を出すような仕組みができて初めてイノベーションと言えると思うんです。ここで気をつけなければならないのは、お金にならなければイノベーションではないと言って、目先のお金になることばかりを探していては意味が無くて、結局はイノベーションが生まれない。だから、イマジネーションにおけるオープンテクノロジーも大切なんです。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

独身者がライフプランをつくるときには、「機会損失」という観点からも、自分の人生を考えるべきだと思います。先日、私のもとに「40歳なのですが、転職はもう遅いでしょうか?」と相談をしに来た方がいらっしゃいました。40歳でも転職先はあると思いますが、残念ながら、20代や30代に比べれば、選択肢は非常に狭まっていると言わざるを得ません。もう少し早く動き出せば、人生は大きく違っていたことでしょう。このように、若い頃にたくさんあったチャンスは、年を取るごとにどんどん失われていきます。転職に限った話ではなく、独立起業や留学もそうでしょう。さらに、結婚して子供ができたら、挑戦するハードルはぐんと高くなります。


西田文郎

将棋や囲碁には定跡(定石)があります。それを知らない素人の将棋や碁は危なっかしくて見ていられません。ビジネスも同じで、経営に必要な正しい知識を知らないと危なくて見ていられないんですよ。


森川亮

日本の大企業は一般的に、前例がないものは基本的にやらないというスタンスを取ることが多い。誰かが新しいことを提案しても実現するまでに時間がかかり、チャンスを逃してしまう。


幸田真音

企業買収など所詮は他人事、自分達の会社は関係ないという考えはとても危険です。経営者は緊張感を持って経営をしなければなりません。


佐々木常夫

そもそも世の中は理不尽なものです。まずはその現実を受け入れなくてはいけません。


カルロス・ゴーン

具体的な方法というのは、突然思いつけるものではありません。具体的な方法を思いつくためには、状況をよく知って、分析する必要があるからです。要するに、一番大切なのは知ることなのです。


小林栄三

社員の目に見えるところでは「あたふたしない」「ニコニコする」ことに注意を払ってきました。トップが動揺すると、部下たちはそれを敏感に察します。この大切さは、郷里の富山で地元に影響力を持ち、組織をまとめるのがうまかった母を見て学びました。


高橋祥子

できるかぎりの想像力を駆使して、未来へタイムスリップして今の自分を過去として振り返ってみるといいですよ。おすすめです。


吉田二美

以前の職場では7年間勤務すると係長に昇進するのが暗黙のルールでした。しかし、そのときふと考えたのです。周囲の人間に倣えば昇進の話を受けるべきだけど、そもそも私は生涯いまの仕事を続けたいのだろうか、いまの仕事は「やれる」仕事ではあるけれど、「やりたい」仕事ではないのではないか……と。それからはとくに、前しか見なくなったように思います。


上田渉

外出先で仕事をこなすポイントは、普段と同じ机環境を目の前に再現すること。


古森重隆

機械やコンピューターに判断を委ねようという試みもあるようだが、知性の放棄と呼ぶほかない。