スウィフトの名言

スウィフトのプロフィール

ジョナサン・スウィフト。17世紀末から18世紀中期にかけて活躍したイングランド系アイルランド人の作家、司祭、エッセイスト。風刺的な作風が人々に好まれた。主な著書に『ガリバー旅行記』『穏健なる提案』『ステラへの消息』『桶物語』『次なる年の予言』『書物合戦』など。そのほか散文、詩、説教書祈祷書、エッセイなどを多数残している

スウィフトの名言 一覧

ひとつの嘘をつく者は、自分がどんな重荷を背負い込んだのか滅多に気が付かない。つまり、ひとつの嘘をつき通すために別の嘘を20個考えなければならないということを。


約束とパイの外皮は、簡単に破れるものだ。


不平は天から授けられた最大の贈り物である。


我々は頭の中に富を持つべきである。そして、心の中にも。


大事件も大河の源流のように、ごく些細なことから発生する。


朝寝をする人間で、いっぱしの人間になった者など一人もいない。


スウィフトの経歴・略歴

ジョナサン・スウィフト。17世紀末から18世紀中期にかけて活躍したイングランド系アイルランド人の作家、司祭、エッセイスト。風刺的な作風が人々に好まれた。主な著書に『ガリバー旅行記』『穏健なる提案』『ステラへの消息』『桶物語』『次なる年の予言』『書物合戦』など。そのほか散文、詩、説教書祈祷書、エッセイなどを多数残している

他の記事も読んでみる

新将命

ロシアには「魚は頭から腐る」ということわざがありますが、会社が悪くなる時はたいていトップから。末端の社員から悪くなることはあまりありません。トップの影響力はそれほど強いのです。仮に全社員が優秀だとしても、社員を束ねる社長に力量がなかったら、組織は分裂状態になるでしょう。社員一人ひとりが優秀であればあるほど、皆ばらばらの方向に進んでしまうのです。


伊達美和子

常に進化させたい。新しい情報を常に入れながらトライしていく。4~5年スパンで、何か新しいことに挑戦できればと思っています。それが私に託されたものではないかと。


井上礼之

少々無理はあっても、これからのダイキンを担う人材を抜擢して買収先の国外企業に送り込むという判断は間違っていませんでした。さらに彼らが抜けた国内の部署では、その役割を引き継いだ次の人材が成長するという効果が得られました。「M&Aで時間と人を買う」と同時に、「人材育成の場を買う」とも言えるかもしれません。


神津里季生

労使の関係も、上司と部下の関係も、強い者が力に任せてボールを投げつけるばかりではキャッチボールは成り立ちません。弱い立場の者が懸命に投げるボールをしっかり受け止め、取りやすいボールを投げ返す。その姿勢こそ、マネジメントに携わる全ての人たちに持ってほしい。さらには社会全体がこうした意識を持つことが、様々な課題の解決への第一歩になる。


吉川良三

日本の技術が素晴らしいのは誰もが認めるところだが、日本は純粋な技術の追究にこだわりすぎ、それをどう商品に応用するのがビジネスとして有効であるかを考えることを疎かにしていた。


古森重隆

経営者の力だけでは転換はできません。笛を吹いても、付いてくる社員が踊らなかったら意味がない。踊らない社員を動かすのも経営者の仕事で、相当なパワーが必要。


ひろゆき(西村博之)

今後、ネットの広告費が安くなることで、無料コンテンツを作るサイトが儲からなくなったとしても、地道に無料コンテンツを作っているネット企業は、そんなに潰れないと思います。なぜなら、普通の企業がやっているように、売上の規模が下がったときは下がったなりで経営していけばいいだけの話ですから。


山極寿一(山極壽一)

今の社会は、共感能力や同情する能力を失いかけている。人間は一人では生きていけません。社会的な動物なのですから、ほかの人の期待に応えながら、人に喜ばれながら、自分というものをつくっていくことが本当は幸せなはずです。


家入一真

僕は目上の人はもちろん、目下の人に対しても基本的に敬語です。部下に対しても、「○○君」ではなく「○○さん」という呼び方をしています。社外でも「社長、社長」と持ち上げられたりすると、居心地が悪くなって帰りたくなってしまいます。


昆政彦

異質な人たちと交わるんですから、初めはお互いに何を言っているのか分からない。でも、交わり合っていくうちに何か頭に引っかかるものがあるはずなんです。その何かと自分のアイデアが交わった瞬間に、新しい世界が広がってくる。


加藤順彦

取引先だったグーグルのカンファレンスに毎年参加していたのですが、06年になってアジアのパートナー企業が急激に増えました。そこで話題にのぼっていたのは中国の検索エンジン大手バイドゥのロビン・リー社長や、アリババのジャック・マー社長です。二人は海外で成功して中国に帰るウミガメ族のシンボル的な存在でした。彼らの活躍を耳にして、ビジネスをやるなら国内より、外で成功して日本に貢献するやり方の方がいいし、自分も若い日本のウミガメを支援したいと考えるようになりました。


真藤恒

反省し、直そうとするから改善があり、進歩がある。もし自分のやったことが正しいと思い込んだら、その人間の明日は来ない。


松井忠三

ブームが起こるとピークを迎えるものです。無印良品もそうでした。私が社長に就任した2001年、業績は急降下して当期利益がゼロに近くなり、危機を迎えました。このころは、言ってみればブランドの進化が止まった時期でもありました。社員にも慢心が見られ、無印良品の商品づくりの本質を忘れ、値下げなど、短期的な施策に走るようになっていました。


西野精治

深部体温は上がった分、大きく下がろうとする性質があります。40度のお湯に15分つかると深部体温は約0.5度上がり、90分かけて元の体温に戻った後、そこからさらに下がります。すると皮膚温度との差が縮まり、入眠・熟睡しやすくなる。寝る時間の90分前までに入浴を済ませることが重要です。


永用万人

小児科医から独立の相談を受け、事業戦略を考えるサポートをすることになりました。そのとき、患者さんがいつでも自分のカルテを見れるようにできないかと考えたのですが、メーカーに相談しても全て断られてしまいました。そこで自分達で電子カルテの開発に取り組みました。その後、手術専門のクリニック・病院開業の支援を手掛ける会社を立ち上げたのですが、ここでも電子カルテを自社開発しました。


ページの先頭へ