名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジーコの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジーコのプロフィール

ジーコ(アルトゥール・アントウネスコインブラ)。プロサッカー選手(MF)、監督。ブラジル・リオデジャネイロ州出身。世界的なフリーキックのスペシャリスト。引退後は様々な国で監督を務めた。

ジーコの名言 一覧

シュートはゴールへのパスだ。


気にすることはない。私はワールドカップでPKを外したことがある。


誰もが勝つためにここに来ている!


プロである以上、当然優勝が目標だった。


私はサッカーで名声を得ることができました。でも今なお、スパイクをサッカーの心と思い、感謝の気持ちで磨くことに変わりはありません。そして、初めてスパイクを貰ったときの、あの感動を忘れることは出来ません。


最初のスパイクを手にしたのは、13才のときでした。自分のスパイクを持つなんていうのは夢でした。だから、スパイクを貰ったときは、本当に嬉しかった。真新しいスパイクを履いてみると、自分に不可能なプレーはないように思われました。私にとってスパイクは、魔法の靴だったのです。しかし、私がサッカーの指導をするために辿り着いた異国ニッポンのロッカールームには、泥の付いたままのスパイクが、無造作に転がっているではありませんか。私は非常に悲しくなりました。そして、同時に怒りが込み上げてきたのです。


ジーコの経歴・略歴

ジーコ(アルトゥール・アントウネスコインブラ)。プロサッカー選手(MF)、監督。ブラジル・リオデジャネイロ州出身。世界的なフリーキックのスペシャリスト。引退後は様々な国で監督を務めた。

他の記事も読んでみる

梅原大吾

格闘ゲームの世界は理詰めです。こうすれば有利に物事を運べる、というセオリーがあります。しかし、セオリーにはまってしまっては、成長できません。


小野憲史

任天堂の家庭用ゲーム機は後継機が苦戦するという法則か見られる。新しい機能を付加しても、基本的なアーキテクチャーが同じだと、新鮮味に欠けるからだ。2Dから本格的な3Dゲーム機に対応したニンテンドー64や、2画面になったニンテンドーDSは、明らかにアーキテクチャーが違った。任天堂のゲーム作りの基本は「デジタルのおもちや箱」である。それにユーザーは驚きや感動を覚え、ヒットするのだ。


原田隆史

小さなことでもうまくいったら、大げさに喜びましょう。脳が「自分はできる人間だ」と認識し、自信が高まり、前向きになれます。


藤本やすし

自己プロデュースということには、徹底してこだわってやってきました。たとえば「必ずキャップをかぶって丸メガネをかけ、ヒゲを生やす」というのも、それが単に好きだから始めたわけではなく、自己プロデュースを意識して始めたことなのです。


西山昭彦

問題を1人で抱え込み、ムダに時間ばかりが過ぎるというのは、一番ダメな例。自分の力ではどうにもならない場合は、解決のノウハウを持っている人に相談するのが正解。


小暮真久

コンサル出身の僕は、思いをビジネスの仕組みに落とし込んで説明することを心がけていました。そのため、訪問先で冷たい対応をされても、「僕たちに実績がないせいだろうか」「提案した仕組みにどこか甘さがあったからだろうか」と、原因のほうにフォーカスすることができました。原因さえわかれば、あとは改善して再アプローチすればいい。次はうまくいく可能性が高まるのだから、気落ちする必要もないわけです。


元谷芙美子

会社はこれまで1人のリストラもせず、1度の赤字もありません。今までに払った税金は1200億円以上。できる節税をしたうえで収益を上げて1円でも多くの税を納めることを心掛けてきました。雇用をつくり出し、需要を創造し、納税の義務を果たす――これらを同時に継続するのが、オーナーとしての社会貢献だと思います。


船ヶ山哲

以前は「いい商品さえつくれば売れる」が常識でしたが、いまは「いい商品」など当たり前で、それだけでは1円の価値にもなりません。あなたのライバルは粗悪な商品を扱っているでしょうか。もはや、いい商品だけで勝負することなどできない領域まで来ているということです。


井筒和幸(映画監督)

じっと我慢強く待とう。目先の利潤ばかり追ってないで、ここ一番のために知識や経験を温存していくことも大切。


深谷紘一

デンソーはトヨタから生まれた会社で、彼らは最大の開発パートナーというか、引き上げてくれるお客さんです。トヨタほどコストダウンに厳しい会社もありませんし、うちはそこでもまれることによって強くなっていると思います。


鈴木修

スズキはもともと小さな会社ですから、巨大なライバルと対等に戦えるわけはありませんが、これだけは絶対よそに負けない、特長のある会社にしたいと私は常々思っていました。のちにリスク承知でインド市場に飛び込んでいったのも、他の大手が手を伸ばさないインドなら、一番が取れるだろうと考えたからです。


手倉森誠

五輪出場も危ないと言われていました。実際、ずっと勝てなかった世代なので、これは普通にやっていてはダメだと思いました。自分のやり方で勝たせるしかない、と。