名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジン・コーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジン・コーのプロフィール

ジン・コー。オンラインカスタムシャツブランド「オリジナルスティッチ」を展開する「オリジナル」CEO(最高経営責任者)。マレーシア出身。アメリカに移住し米国籍を取得。カリフォルニア大学バークレー校在学中にグループウェア会社を立ち上げ売却。複数の企業を立ち上げたのち、カスタムシャツに可能性を感じ「オリジナル」を設立。

ジン・コーの名言 一覧

当社の強みは、日本の職人のプライドとシステムの合理性を組み合わせ、サンフランシスコのエンジニアが仕組みを作り運営していること。


我々がやろうとしているのは、カスタムメイドシャツの大量生産。この「矛盾」を解消するためには、サプライチェーンが肝だった。


大手アパレルにとってカスタムメイドシャツはニッチ過ぎてやる意味がない。一方、ベンチャーはアパレルには興味がなく、ソフトウエアやSNSメディア、ゲームをやりたがる。そして、投資家はユニークな企業に投資をしたい。3者のニーズを考えると、起業家として、カスタムメイドシャツに可能性を感じた。


ジン・コーの経歴・略歴

ジン・コー。オンラインカスタムシャツブランド「オリジナルスティッチ」を展開する「オリジナル」CEO(最高経営責任者)。マレーシア出身。アメリカに移住し米国籍を取得。カリフォルニア大学バークレー校在学中にグループウェア会社を立ち上げ売却。複数の企業を立ち上げたのち、カスタムシャツに可能性を感じ「オリジナル」を設立。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

買う人の人生にどういう形で役に立てるのか、そこまで踏み込んで販売したら、きっとお客さんにも伝わるはずです。そして、そんなことが結果的に「売れるネタ」につながっていくのです。


ハーブ・ケレハー

部下に対する上司の最大の裏切り行為は、「お客様は神様です」と言うことだ。お客様が正しくない場合も多い。そういうときには、上司は部下を守ってやらなくてはいけない。そういう顧客の要求を受け入れる必要はない。手紙を書いて「よその航空会社をご利用ください。わが社の社員を困らせないでください」と言ってやるべきだ。


出光佐三

金を軽んじても重んじてもいけない。


芳垣玲子

「なるべく」「できるだけ」「ちょっと」といった言葉がつく曖昧な指示ならば、よく内容を確認しておくことが大切。


出原洋三

グローバル化が進む時代の経営トップは、優秀なサラリーマンではもうダメだ。英ピルキントンを買収するまでの過程で、つくづくそう感じました。志や大望のような「ぜひこうしたい」というビジョンがリーダーにないと、現状の延長線上でしか改革できません。


原口博光(経営者)

リーダーにとって人脈のメンテナンスも貴重な仕事のひとつです。とくに経済産業省のときの同期は、地方では部長・課長として第一線で活躍しています。このようなネットワークに電話やメールで容易にアクセスすることができ、核心に近い情報を得られることが経営判断に大いに役立っているのも事実です。


デービッド・アーカー

新しいサブカテゴリーが生み出せれば、市場のリーダーになれる可能性が十分にある。


内藤剛志

「音楽がダメなら、じゃあ、次は何で表現したらいいんだろう」って、前向きというか、次の道しか考えてなかった。だから映画へとシフトしていくのも早かった。


菅義偉

安倍総理との関係では、全然疲れないですね。非常に仕えやすいです。それはやはり総理が2回目だからだと思います。私は「地獄を見た政治家」と言っているんですけれど、第1次政権で失敗して、大変な時期があったわけです。その時、ずっと付き合っていまして。総理と私とは、考え方はほぼ一緒ですし。手法は違うかもしれませんが、方向はほとんど一緒ですね。


青山祐子

アナウンサーとして駆け出しのころは、とにかく目の前の仕事に集中するように心がけていました。休みの日にスポーツするときは、それに集中する。友人と会食しているときは、とにかく楽しむ。新人のころと比べると、かなり気持ちの切り替えができるようになったと思います。以前は、仕事の失敗を休みの日まで結構引きずっていましたから。


渡辺謙

いままで僕にはいろんな出来事がありました。そのひとつひとつが糸となって、タペストリーみたいに人生を織りなしているわけです。ひとつの色の糸だけで織った綺麗さはあるけれど、様々な色の糸で複雑な文様を描くのもいい。だから、予想した色と違う糸に変わっても恐れません。


襟川陽一(シブサワ・コウ)

私の場合は「ゲームが好きだ」ということが出発点。そうした原点があれば、トラブルが起きたとしても、楽しみながら乗り越えていける。