名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジョー・ディマジオの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョー・ディマジオのプロフィール

ジョー・ディマジオ。米国のプロ野球選手。ヤンキースに入団し通算打率三割二分五厘、361本塁打、1537打点を残す。首位打者、本塁打王、打点王それぞれ2回、MVP3回、年間連続安打記録56回などのタイトルを持ち、野球殿堂入り。球界の紳士と称えられ、常にスーツをビシッと着こなしていた人物。

ジョー・ディマジオの名言 一覧

野球場は私にとって神聖な職場であり、バットも神聖である。
【覚書き:バットにサインしない理由を聞かれての発言】


ジョー・ディマジオの経歴・略歴

ジョー・ディマジオ。米国のプロ野球選手。ヤンキースに入団し通算打率三割二分五厘、361本塁打、1537打点を残す。首位打者、本塁打王、打点王それぞれ2回、MVP3回、年間連続安打記録56回などのタイトルを持ち、野球殿堂入り。球界の紳士と称えられ、常にスーツをビシッと着こなしていた人物。

他の記事も読んでみる

山田ズーニー

どんな仕事でも、好き嫌いを超えて、自分ならその仕事をどうしたいか、その仕事を通してどんな価値を提供したいのか、想いを引き出して関わってみる。すると、意外に周りから「いいね」という反応が返ってきたり、結果的にそれが、やりたいことにつながるケースも出てきます。


松本大

仕事に面白味を感じられるかどうかは、自分から楽しもうとしているかどうかの差でしょう。


諸井恒平

もう君たちへの借金は棒引きにする。借金ほど怖いものはない。そのために人情まで歪められる。
【覚書き|父が早く亡くなったため15歳で家業の生糸商を相続したとき、番頭たちが店に寄り付かなくなった。理由を調べてみると、父から借金をしていたため、新しい家長がいい機会だからとそれを取り立てるのではと危ぶんだためだった。諸井氏はみなを集め証文を破きながら上記の発言をした】


池田亀三郎

私はいまの若い人たちを尊敬し、愛し、また彼らに大いに期待を持っているが、また同時に彼らに望みたいことは期待にそうよう責任を持ってもらいたいということだ。やればやれる力を持ちながら、責任の点で足りないものがあるように感ずるが、どういうものだろうか。せっかく期待されたからには、責任をもって期待に応えてもらいたいものだ。幸い私の会社には、近頃珍しくいい人ばかり入ってきて、実によくやってくれるので心強い。


細川護煕

人の登用については信条がありましてね。大事なのは、「退」を好む人ということなんですよ。これは『呻吟語』という中国の名著にあるんですが、あのポストに就きたいとか、大臣になりたいとか、物欲しそうなのは駄目。そんな人を登用しても本当のことは言えない。私がパッと総理を辞めたのも、自分がそんなスタンスだから。


吉田松陰

豪傑とは万事自ら創(そう)してあえて人の轍跡(てっせき)を踏まぬことなり。


ベイジル・ヘンリー・リデル=ハート

大軍を相手にするときは、敵軍を細かく分断して順次に撃破せよ。


菅下清廣

株式投資で成功するには、投資頭脳を磨くことが何よりも大切です。新聞を読むのはもちろん、広く社会の出来事に関心を持ち、これからのマーケットがどう動くかを常に考える。ビジネスパーソンなら仕事や生活との関連でそれが可能ですし、投資頭脳を磨くことが、ひいては仕事の質を高めることにもつながるはずです。


すはらひろこ

「満タン状態」は整理の敵。隙間なく埋まった引き出しや書類立ては、出し入れや探し物を考えると不便。また、無理に押し込むことで書類が折れて、見つかりにくいところに紛れ込んでしまうなどのリスクもある。利便性を追求する意味でも、いらないモノを捨てて空間を確保しよう。空いているスペースがあると何となく物足りなさを感じることがあるかもしれないが、そこには意味がある。


村上太一

求人サイトならば、通常はお金を沢山もらった企業を上位に表示する傾向にあります。しかし当社の場合、採用情報まで確認が取れていますので、よりユーザー採用率の高い求人が上位に上がって来る。かつ、採用率が高くとも、不人気ですぐ辞める人が多い企業は順位が下がるというように、データのログを元に自動で最適化されています。こうしたデータ解析技術を駆使して、ユーザーと企業のマッチング率を向上させていくつもりです。


松井忠三

1年に1店舗ずつ作って黒字にしていく。この戦略はドイツでもフランスでも変わりません。黒字にしながら国の数だけ毎年店を増やしていく。北欧やアイルランドなど、例外的にフランチャイズ展開することもありますが、基本的には直営店ですね。


田中良和(GREE)

すでにグリーは上場までして大きく成長したのだから、これくらいで満足しておいたらどうかという人もいます。でも僕はここで歩みを止めるつもりはまったくありません。それは社員に幸せになってもらいたいからです。社員の給料は、会社が成長しているからこそ上がります。新しい仕事やポジションも、会社が成長するから生み出されるのです。