ジョージ・ソロスの名言

ジョージ・ソロスのプロフィール

ジョージ・ソロス米国の投資家。世界三大投資家の一人。1930年、ハンガリー・ブダペシュット生まれ。ファシストの脅威から逃れるため名前を変える。改名前はシュヴァルツ・ジェルジ。ユダヤ人の投機家、株式投資家、慈善家、哲学者。自由主義的な政治運動家としても知られる。イングランドに移住後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを卒業する。ウォール街で著者と哲学者として自立するのに十分なお金を稼ぐためアメリカに 移り、ジム・ロジャーズとともにクォンタム・ファンドを設立する。ファンドは10年間で3,365%のリターンを出してソロスの富の大部分を形成した。ソロス・ファンド・マネージメントの設立者で、現在はOpen Society Institute (en) の会長を務める。

ジョージ・ソロスの名言 一覧

成功すれば、人々は自分の考えに興味を示してくれるはずだ。


あらゆる矛盾は一度極限まで行く。


私の実践的投資スキルを要約せよ、と求められたなら、ただひとこと「サバイバル」と答えるだろう。まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。社会現象の研究は、むしろ「錬金術」と称する方が適切かもしれない。


私が確かに人より優れている点は、私が間違いを認められるところです。それが私の成功の秘密なのです


「市場は常に間違っている」というのは私の強い信念である。関係者は、世界の金融市場が消えてなくなることは有り得ないかの如く話をする。しかしそれは間違いである。市場参加者の価値判断は常に偏っており、支配的なバイアスは価格に影響を与える


ジョージ・ソロスの経歴・略歴

ジョージ・ソロス米国の投資家。世界三大投資家の一人。1930年、ハンガリー・ブダペシュット生まれ。ファシストの脅威から逃れるため名前を変える。改名前はシュヴァルツ・ジェルジ。ユダヤ人の投機家、株式投資家、慈善家、哲学者。自由主義的な政治運動家としても知られる。イングランドに移住後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスを卒業する。ウォール街で著者と哲学者として自立するのに十分なお金を稼ぐためアメリカに 移り、ジム・ロジャーズとともにクォンタム・ファンドを設立する。ファンドは10年間で3,365%のリターンを出してソロスの富の大部分を形成した。ソロス・ファンド・マネージメントの設立者で、現在はOpen Society Institute (en) の会長を務める。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

挑戦的になるにはどうすればいいかというと、難しい仕事に取り組むこと。


冨安徳久

何かやりたいと思った時に、その切なる理由があるかどうか考えていただきたい。もし切なる理由が無ければ、それはやらない方がいい。というのも、何かを成し遂げようとすれば、当然上手くいくことばかりではないからです。大変な苦労や、悔しい目にも遭うことでしょう。でも、切なる理由があれば、何らかの障害が目の前に現れたとしても、折れることなく立ち向かい、きっと乗り越えられる。


馬場正尊

僕は基本的に大規模都市開発肯定派です。つねに新しいことをやって変化していくのが、東京の魅力ですから。それに、これだけ密集した街ですから、高層化していかなければ世界的な都市間競争にも勝っていけないと思うのです。ただその一方で、僕たちがやっているように、等身大で都市を変えていく動きも確実に必要とされていると感じています。


杉道助

ブームの時は物が上がる一方だから商売は楽だ。会社の上役はお召の袴などはいて自動車を乗り回し、我々若いものもかなりだらけていた。この膨れ上がった取引が、戦争後の反動でグッとしぼんだのだからたまらない。
【覚書き:第一次大戦特需の好景気と、その後の反動不景気について語った言葉】


津田全泰

何十億円、何百億円に育つサービスではありませんが、それは重要ではありませんでした。自分のやりたいことをビジネスとして回していける。それを確信できたことが大きかった。


佐藤治彦

料理や洗濯などの家庭科力を磨くことで、日々の節約は自然と達成される。夫婦で協力すれば家庭円満にもつながる。


田中史朗

僕は大学時代に一度留学して、19歳以下の州代表選手権にチャレンジした。当時はレベルが本当に違いすぎて、その先にあるスーパーラグビーはムリだなと感じていました。ところが、今回のチャレンジでは州選手権でフル出場。そこでのプレーが認められて、スーパーラグビーのハイランダーズへの入団が決まりました。19歳の時との違いは、トップリーグでの経験もありますが、メンタル面の変化が大きかったと思います。「自分のレベルアップのために……」という考えから、2011年のワールドカップ後は、「日本のために、日本代表というチームのために……」に変わっていましたから。


米倉誠一郎

普段ふれない世界の人たちと話したり、自分の作品を発表したりする機会はすごく大事。


吉永泰之

何事も期限を切って、責任者を明確にし、期限が来たら決断するのが私の方針です。


鈴木英智佳

だじゃれとは、同音異義語や、音が似た言葉をかけあわせる言葉遊びのこと。日本語は、他の外国語と比べて母音数が少ないため同音異義語が生まれやすく、だじゃれに適した言語でもあります。「ご縁がありますように」と、お賽銭に5円玉を選ぶのも一種のだじゃれですし、万葉集にかけ言葉が登場することから考えても、だじゃれは日本人のDNAにしみ込んでいると言えるでしょう。


石塚しのぶ

価値観が統一されている会社ほど変化に敏速に対応できる。ピラミッド型の組織では上層部の意志決定が段階的に末端まで降りていくため、対応に遅延が生じます。しかし企業文化を持つ会社の場合、共通の価値観に基づいて現場で意志決定が行われる。


大山健太郎

業務日報による情報共有も大切にしています。弊社は多岐にわたる部門の仕事があります。隣の部署の人間が何をやっているのか。たまたま顧客が同じでも、部門が違うと異なる意見があったりする。だから、横断的に情報を共有しなければいけません。そのため、グループを含めた約1万2000人が毎日、業務日報をつけています。もちろん、立場によってアクセス制限はありますが、ほぼ全社員の業務日報を、社内ネットワークを通して見られるようにしています。


小池信三

数字というのはその気になればつくることもできる。それをしないできちんと積み上げていっての大台にこそ意味がある。でも数字はあくまで数字。仕事の質が伴わなければ意味がない。


鈴木喬(経営者)

民主的な経営者であれば、多数決や合議を隠れ蓑に、責任を逃れることができます。一方、独裁体制ではトップが全部決断し、全責任を自分独りで引き受けなければならない。社長就任時にはもう63歳になっていましたが、あえて困難な道を選びました。


岡田正昭

ビール関連と比べると商品のライフサイクルは格段に短く、非常にスリリングな市場です。半歩先を読み、仮説を立てて検証していくことが重要です。


ページの先頭へ