名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョージ・パットンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョージ・パットンのプロフィール

ジョージ・パットン。アメリカの陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。早くから機甲師団の重要性を唱え、軍上層部に予算獲得を進言。第二次大戦終盤、北アフリカ戦線に参戦。現地に駐留し士気の落ち切った米軍を厳しい訓練で叩き直した。その後、その隊を率い北アフリカからドイツまで攻め上がる。戦後は舌禍により左遷されたのち自動車事故でこの世を去った。

ジョージ・パットンの名言 一覧

兵士は死んでも祖国のためにならない。敵を殺すことが祖国のためになる。


計算されたリスクを取れ。それは軽率な猪突猛進とはまったく違うのだ。


部下にどうやるかを教えるな。何をするかを教えろ。そうすれば思いがけない工夫をしてくれるものだ。


指揮官が勝利を目標にするのは当然である。また、強い意志で部下を指導するのも必要である。だが、ひたすら肉体を敵の銃弾の前に投げ出すことだけが勇気ではない。近代戦の指揮官にとって、まず心がけるべきは味方の損害の防止であり、個人的信条を部下に押し付けないことである。


諸君が指揮官になった時、部下に死を与えることを躊躇してはならない。死とは、ただ人間がこの世に入ってきたドアから、また出ていくだけだ。誰も、自分がどのドアから入ってきたかは知らず、それに文句をいう者もいない。


1パイントの汗が、1ガロンの流血を防ぐ。「急(せ)く」とは、きちんと偵察をせず、援護火器を準備せず、すべての要因を活用していないことを言う。こんな戦闘計画は戦闘開始までは早いが、片をつけるまで結局長くかかる。


ジョージ・パットンの経歴・略歴

ジョージ・パットン。アメリカの陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。早くから機甲師団の重要性を唱え、軍上層部に予算獲得を進言。第二次大戦終盤、北アフリカ戦線に参戦。現地に駐留し士気の落ち切った米軍を厳しい訓練で叩き直した。その後、その隊を率い北アフリカからドイツまで攻め上がる。戦後は舌禍により左遷されたのち自動車事故でこの世を去った。

他の記事も読んでみる

村田昭治

経営努力は人の人格を成長させ、人格の磨かれた人物が社格をつくっていくことにもなる。


岡田康豊

最近は社内での経験を積み重ねて昇進する、いわゆる「キャリアアップ」という考え方ではなく、職種や業種の壁を越えて経験の幅を広げ、キャリアを自分でデザインしていく働き方が注目されている。


菅井敏之

もし50歳から始めて、20年のローンを組むと、完済するのは70歳。お金を貸す金融機関から見れば、年齢はマイナス要素と見なされるでしょう。だったら、その弱みを打ち消すだけの強みをアピールすればいいのです。たとえば、子供がいることは大きな強みになる。もしローン返済中に何かあっても、不動産の経営は後継者が引き継ぐとわかれば、金融機関も融資しやすくなります。すでに社会に出て働いている子供がいれば、親と子の収入を連結することで、融資を受けやすくする方法もあります。あるいは親が田舎に土地を持っている、家族に不動産経営の経験者がいるといったことも強みになります。こうした点をアピールできれば、50代や60代でも不動産経営を始めることは十分に可能です。


宮坂学

ヤフーはポータルサイトからメールサービス、ネット通販、スマートフォンアプリなど、さまざまな事業を手がけていますが、創業社長の井上と違って、私には経験のない事業がいくつもある。この未経験の空白を埋めるために、できるだけ現場の声を聞くようにしています。


ケリー・グリーソン

変化を起こす一番効果的な方法は、すこしずつ、段階的に行うことだ。あまりに多くを一度に与え、メンバーに重荷を背負わせる必要はない。一度に一つの業務に取り組ませ、きちんと終えたかどうか確認するだけでたいていは十分である。


フランシス・ベーコン

人生は道路のようなものだ。一番の近道は、普通一番悪い道だ。


ケン・シーガル

私はアップルだけでなくデルやHPの仕事もしたことがありますが、デルにはノートパソコンだけで19種類、HPには49種類もあった。社員にその理由を聞くと、「ユーザーのニーズに応えるため」と言われました。でも、アップルストアの来店客が「選択肢がない」と嘆いている姿など見たことがありません。商品を増やすことで喜ぶユーザーはいますが、利益は出にくくなる。


永田豊志

映像を認識する右脳の記憶容量は、文字情報を扱う左脳と比べて格段に多いと言われている。図解で情報をビジュアル化することによって、左脳と右脳を両方働かせられる。


米村でんじろう(米村傳治郎)

「科学=遊び」という感性を根付かせたい。


森正文(経営者)

日本生命に勤めていた30歳頃、C型肝炎で入院しました。私の場合は命に関わるほどの病状ではなかったのですが、最悪の場合は死に至ることもあります。毎日が不安との戦いで、一時は死を覚悟しました。このまま人生を終えたくない。たった一度の人生なら思い切り生きてみたい。もし病気が治るのならば、悔いのないように好きなことをしよう。その時そう強く思ったのです。では、自分は何がしたいのだろう。やりたいことを純粋に心に問いかけてみると、学生時代からの夢を思い出しました。それは会社をつくること。起業して新しいことをやってみたい。サラリーマン生活の中で忘れかけていた夢です。会社を作れば仲間たちと毎日を充実して過ごせるはず。そう思うと、生きる希望が湧いて、元気も出てきました。


石井光(経営者)

既に、税務、資産運用の専門家と提携しており、きめ細かなご相談、ご提案ができると思っています。さらに今後は、事業承継問題専門のチームも立ち上げる予定です。ゆくゆくはプライベートバンキング・ビジネスの不動産版ともいえるシステムも構築したいと思っています。必ずお客様のお役に立てる、と自負しております。


三木谷浩史

僕はハードルが高くなるほど、解決したくなってくるんです。経常利益で1000億円。目指すのはただですから。最大のリスクは充実していないってこと。自分が飽きさえしなければ、絶対勝てる。