名言DB

9412 人 / 110637 名言

ジョージ・パットンの名言

twitter Facebook はてブ

ジョージ・パットンのプロフィール

ジョージ・パットン。アメリカの陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。早くから機甲師団の重要性を唱え、軍上層部に予算獲得を進言。第二次大戦終盤、北アフリカ戦線に参戦。現地に駐留し士気の落ち切った米軍を厳しい訓練で叩き直した。その後、その隊を率い北アフリカからドイツまで攻め上がる。戦後は舌禍により左遷されたのち自動車事故でこの世を去った。

ジョージ・パットンの名言 一覧

兵士は死んでも祖国のためにならない。敵を殺すことが祖国のためになる。


計算されたリスクを取れ。それは軽率な猪突猛進とはまったく違うのだ。


部下にどうやるかを教えるな。何をするかを教えろ。そうすれば思いがけない工夫をしてくれるものだ。


指揮官が勝利を目標にするのは当然である。また、強い意志で部下を指導するのも必要である。だが、ひたすら肉体を敵の銃弾の前に投げ出すことだけが勇気ではない。近代戦の指揮官にとって、まず心がけるべきは味方の損害の防止であり、個人的信条を部下に押し付けないことである。


諸君が指揮官になった時、部下に死を与えることを躊躇してはならない。死とは、ただ人間がこの世に入ってきたドアから、また出ていくだけだ。誰も、自分がどのドアから入ってきたかは知らず、それに文句をいう者もいない。


1パイントの汗が、1ガロンの流血を防ぐ。「急(せ)く」とは、きちんと偵察をせず、援護火器を準備せず、すべての要因を活用していないことを言う。こんな戦闘計画は戦闘開始までは早いが、片をつけるまで結局長くかかる。


ジョージ・パットンの経歴・略歴

ジョージ・パットン。アメリカの陸軍軍人。最終階級は陸軍大将。早くから機甲師団の重要性を唱え、軍上層部に予算獲得を進言。第二次大戦終盤、北アフリカ戦線に参戦。現地に駐留し士気の落ち切った米軍を厳しい訓練で叩き直した。その後、その隊を率い北アフリカからドイツまで攻め上がる。戦後は舌禍により左遷されたのち自動車事故でこの世を去った。

他の記事も読んでみる

水口和彦

条件付けは行動後60秒で決まる。部下が悪い報告をしてきたら60秒以内に感謝しましょう。これがいい上司。すると「悪い報告は早くしよう」と部下に条件付けられる。間のいい部下が自然にできる。


立川談四楼

師匠に似ることはいいことです。しかし、いつまでもそこに安住してはいけない。


柳井正

絶対にこの事業をやりたいという強い思い、情熱があるかどうか。パッションがなければ成功できません。


岡野雅行(岡野工業)

学校ってところがよくない。失敗しないために、あれもこれも覚えろこれも暗記しろ、はみ出るってことを教えてくれない。違うんだ。社会に出たら、わざとはみ出して人のやらないことをやらなきゃ、成功なんてできっこない。


ロベルト・シンヤシキ

規律、一定のやり方に従って行動することはエネルギーの無駄を避ける技術。一から道なき道を行くのではなく、先達から学び、切り開かれた道を歩けば、その途切れたところから自分の道を始められます。


菊原智明

能力がない上司は、部下に実績をあげられすぎると「自分の立場がない」と考える傾向があります。資料の細かい部分を指摘して何度も再提出させるなど、部下の仕事の妨害をします。そうさせないためには、まず上司の立場を立ててあげることが大事です。上司がこれまでどういう仕事のやり方をしてきたのかを周囲に聞き、それを踏まえたやり方に変えてみましょう。


島正博

これまでの量産時代はベルトコンベヤーの習慣があった。しかし、いまは心の時代へと移りかわっていますから、小さくて小回りの利く経営ができるほうがいいのではないかと思います。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

独身者の強みは、家族を気にすることなく、思い切った生き方ができることです。誰に気兼ねすることなく起業できますし、外国に渡ることもできます。その特権を生かさなければ、もったいない。


安藤忠雄

本来、人間というものは、信頼関係がなければものごとを進めることができないものです。利害のみにとらわれることなく、平常心で子供心をぶつけ合うからこそ、信頼関係ができるのです。


ジョセフ・ジューベル

快楽は、肉体のある一点の幸福にすぎない。真の幸福、唯一の幸福、完全な幸福は、魂全体の平穏な状態に存在する。


中村獅童(二代目)

その時その時で抱えるものが変わってきて、登ってはまた次の山が現れる、「未知の山との遭遇の連続」が人生。


由井常彦

常に楽観的な考え方を持つ必要があります。現在の日本企業をみても、石炭火力や公害対策の技術などでは日本は世界一でしょう。先人たちの経験から大不況期の対処を学び、慢心することなくよりよい経営をめざしていく姿勢が大切なのだということです。


坂根正弘

私たちのやり方は、ハンター(狩人)よりファーマー(農業経営者)です。狩ったら終わりじゃなく、ファーマーはすぐに商売に結びつかないところにも地道に種をまいて育てるわけです。


小林栄三

「鉄は熱いうちに打て」の言葉通り、新入社員の時代からきちっと教育することが必要です。


塩﨑均(塩崎均)

マグロの飲食店では学生が、「何学部の何年生」と書いた名札を着けてアルバイトしています。実際に自分たちの取り組みがどういう形でビジネスに使われているか学ぶよい機会です。店で使っている食器は文芸学部の学生たちが作ったもので、メニュー作りも農学部食品栄養学科が関わってます。店の運営自体はサントリーホールディングスに任せていますが、そうやって学生を巻き込むことでモチベーションの向上につなげています。