名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジョージ・バーナード・ショーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョージ・バーナード・ショーのプロフィール

ジョージ・バーナード・ショー。19世紀後期から20世紀中期まで活躍したイギリスの作家、劇作家、劇評家、音楽評論家、社会主義者。現在ロンドン大学に属する研究・教育機関ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)創設者の一人。イギリス近代演劇の先駆者として有名で、94歳でこの世を去るまで53本もの戯曲を残した。ノーベル文学賞受賞者

ジョージ・バーナード・ショーの名言 一覧

我々の人類に対する最大の罪は、彼らを憎むことではなく、無関心であることだ。それは非人間性の真髄だ。


人間には二つの悲劇がある。ひとつは欲望が達成されないとき、もうひとつは、それが達成されてしまうときだ。


存在するものだけを見て「なぜそうなのか」と考える人もいるが、私は存在しないものを夢見て「なぜそうではないのか」と考える。チャンスがなかったと言う人は、おそらく一度もチャンスをつかまなかったのだ。


戦争において、いざ闘おうとするときに必要なのは、多少の熱い血と、勝つことよりも負けることの方が危険であるということを知ることである。


道徳心も情熱のひとつだ。道徳心が情熱でないとしたら、他の情熱がみんなよってたかって嵐の前の木の葉のように道徳心を吹き飛ばしてしまうじゃないか。


自由は責任を意味する。だからこそ、たいていの人間は自由を恐れる。


人間が賢くなるのは経験によるものではない。経験に対処する能力に応じて賢くなるのである。


真の余暇とは、我々の好きなことをする自由であって、何もしないことではない。


学問した人間は、勉強によって時間を費やす怠け者である。


うそつきの受ける罰は、人が信じてくれないというだけのことではなく、他の誰も信じられなくなるということにある。


ジョージ・バーナード・ショーの経歴・略歴

ジョージ・バーナード・ショー。19世紀後期から20世紀中期まで活躍したイギリスの作家、劇作家、劇評家、音楽評論家、社会主義者。現在ロンドン大学に属する研究・教育機関ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)創設者の一人。イギリス近代演劇の先駆者として有名で、94歳でこの世を去るまで53本もの戯曲を残した。ノーベル文学賞受賞者

他の記事も読んでみる

樋口潮

元々僕はTBSでスポーツ番組のディレクターをしててきた人間。例えば野球の一番打者やサッカーのドリブラー、陸上選手などを間近に見ていると、「誰が一番、足が速い?」と考えるようになった。それをエンターテインメントという形で昇華させたのが、僕が創り出してきたスポーツバラエティというジャンルというわけです。いまでこそ当たり前になっていますけどね、相当に難産でした。「スポーツ局の企画なんて読まれもしない」。それがTV業界の常識でしたから。


平野岳史

けん引役である企業のトップが元気のない顔で社員の前に出ることは許されません。伸びている会社で社長がしょんぼり下を向いているなんて、あり得ないでしょう。戦国時代だって、大将が「さあ、いくぞ」とやる気いっぱいでなければ、戦に勝てなかったはずです。さらに、この役割意識にもうひとつ付け加えるとすれば、周囲の期待に応えたいという気持ちでしょうか。


石井一久

トップアスリートは、「努力・根性・気合・男気」などというイメージがありますが、体が疲れている時でも、「大丈夫です」と男気をアピールしながらプレーし続けると、いつかケガで終わります。長く続けるには「無理をしない」ことが大事。その代わり、勝たなければいけない大事な場面では神経を研ぎ澄ませて集中し、1年に1~2回でもいいから「絶対に勝つこと」を自分に課してきました。


安岡正篤

人生航路において辱めを受けたり、運命に恵まれなかったり、因果に支配されても、すべて天命と受け止めよ。食うもの、衣(きる)もののない貧乏生活であっても、楽しみをその中に見出せ。


ファンキー加藤

「夢は叶わない」ではなく、夢を叶える人はちゃんと頑張った人なんだ。


飯伏幸太

いま一人でやっていることが、何に、いつ役立つのかはわからないけれど、絶対に役に立つということだけは、わかっている。


コシノジュンコ

長きにわたってファッションの最前線で活躍できたのは、今日という日を、毎日毎日大切にしてきたから。


金子和斗志

当社が今あるのは、次の3つの要素を追求してきたからだと考えています。一つは、「ビジネスモデルを見つけ、ブラッシュアップしたこと」。二つ目は「人財を確保・育成して最適な組織をつくったこと」。そして三つ目が、「経営理念」です。


施崇棠(ジョニー・シー)

ブランド力を維持する時に最も重要なのは、「何をどうするか」ではなく、「なぜそれをするか」。その精神を忘れなければ、成熟する市場においてもブランド力は長く保たれ、成長できる。


能勢一幸

クイズを続けてよかったと思うのは、優勝したことはもちろんですが、日本全国に友人ができて、本も出版できたこと。クイズ王として、番組に出場するなど、普通では味わえない経験もできました。職場でもたまにクイズの知識を頼りにされて、仕事に活かすことができるのも嬉しいですね。


益本康男

「できない」と即答する人はダメ。過去に経験したことのないことはできないって考えちゃう。できると思ってできないことはあるが、できないと思ったら絶対にできない。


伊藤正裕(起業家)

はっきりいえるのは、「本を読んで勉強する」というのは、まったく意味がないということ。これは私の経験上、断言できます。たとえば会社を起業したいと思った人が、起業家の本を読むとします。でも起業家の書いた本なんて、お鮨でいうと「さび抜き」みたいなものです。なぜなら、書いた本人はその後もビジネスを続けるわけだから、経営の根幹に関わる部分は、事業に支障が出ないように隠しておくものです。本当に大事なことは、本からは学べません。