ジョージ・バーナード・ショーの名言

ジョージ・バーナード・ショーのプロフィール

ジョージ・バーナード・ショー。19世紀後期から20世紀中期まで活躍したイギリスの作家、劇作家、劇評家、音楽評論家、社会主義者。現在ロンドン大学に属する研究・教育機関ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)創設者の一人。イギリス近代演劇の先駆者として有名で、94歳でこの世を去るまで53本もの戯曲を残した。ノーベル文学賞受賞者

ジョージ・バーナード・ショーの名言 一覧

我々の人類に対する最大の罪は、彼らを憎むことではなく、無関心であることだ。それは非人間性の真髄だ。


人間には二つの悲劇がある。ひとつは欲望が達成されないとき、もうひとつは、それが達成されてしまうときだ。


存在するものだけを見て「なぜそうなのか」と考える人もいるが、私は存在しないものを夢見て「なぜそうではないのか」と考える。チャンスがなかったと言う人は、おそらく一度もチャンスをつかまなかったのだ。


戦争において、いざ闘おうとするときに必要なのは、多少の熱い血と、勝つことよりも負けることの方が危険であるということを知ることである。


道徳心も情熱のひとつだ。道徳心が情熱でないとしたら、他の情熱がみんなよってたかって嵐の前の木の葉のように道徳心を吹き飛ばしてしまうじゃないか。


自由は責任を意味する。だからこそ、たいていの人間は自由を恐れる。


人間が賢くなるのは経験によるものではない。経験に対処する能力に応じて賢くなるのである。


真の余暇とは、我々の好きなことをする自由であって、何もしないことではない。


学問した人間は、勉強によって時間を費やす怠け者である。


うそつきの受ける罰は、人が信じてくれないというだけのことではなく、他の誰も信じられなくなるということにある。


ジョージ・バーナード・ショーの経歴・略歴

ジョージ・バーナード・ショー。19世紀後期から20世紀中期まで活躍したイギリスの作家、劇作家、劇評家、音楽評論家、社会主義者。現在ロンドン大学に属する研究・教育機関ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)創設者の一人。イギリス近代演劇の先駆者として有名で、94歳でこの世を去るまで53本もの戯曲を残した。ノーベル文学賞受賞者

他の記事も読んでみる

立花陽三

確率だけで言えば1位になる確率は6分の1。しかも毎年全球団ゼロからいっせいにスタートする。素人ゆえかもしれませんが、確率でいえばそれほど低くないのではないか、と考えたのです。
【覚書き|最初から優勝を目指したことについて語った言葉】


所眞理雄

私がソニーCSL(コンピュータサイエンス研究所)のメンバーに言ったことは、基本的にはやりたいことをやろうと。でも、その責任は取ろうよと。そして、その研究は世のため、人のためになり、新産業をつくり、そしてソニーのためにもなる仕事をしようということでした。これは基本的に今も変わっていません。


石井光(経営者)

フットワークの軽い私達ならば、個別のお客様のご要望にきめ細かにお応えすることができる。


津谷祐司

社内で企画の発表会をしています。毎週、制作・広告・管理セクション・マネージャーの4つのチームに分かれ、A4の紙1枚に自分の改善案を言き、発表するのです。1ヵ月に約400枚の改善・企画案が出ます。いい案には5万円の賞金が出ます。サイトの退会率を低くする手法なども出て効果を上げてくれました。


高田明(ジャパネットたかた)

僕はもともとカメラ屋だったから、家電を中心に取り扱ってきました。でもお客様が求めるものは、テレビやパソコンだけではない。ものはとらえようで、テレビが悪くなったから落ち込んでしまうのではなく、神の教示と考えて対応策を考えればいい。だから全部受け入れて、その中からベストを作れと社員には言っています。


佐々木直彦(コンサルタント)

可能なら、本人に直接聞いてみるのが一番。相手の生い立ちや今日までのことを聞くと、その人の価値観が表れていることが多いんですよ。たとえば「なぜこの会社に入ったんですか?」と聞いて、「給料がよかったから」と答えたら、利益重視の人かもしれない。そこから話をふくらませていけば、相手の考え方や求めているものがわかるはずです。


有本均

店長時代には、QSC(品質・サービス・清潔さ)を高めるための大きな目標を小さく分解し、毎日の目標に落とし込む作業をしていました。「お客様へ商品を提供する時間を短縮する」というのが大きな目標だとしたら、現状では注文を聞くのに何分かかっているか、コーヒーやバーガーを出すのに何秒かかっているか、といったところまでブレイクダウンしていきます。すると、どこで時間がかかっているのかが見えてきます。コーヒー用の砂糖を出すのに時間がかかっているとわかれば、「今日はその時間を短縮しよう」という短期の目標が設定できます。その目標を達成したら、また翌日は別の目標を設定し、それをクリアするために集中する。これを繰り返していれば、高いモチベーションを保てるはずです。


澤村諭

最近では、社会における価値と企業から見た価値を両立させながら、事業活動を通じて社会が抱える課題を解決することを目指すCSVという理念を重視する機運が企業の間で高まっています。ロームも、社会とのかかわりを常に意識しながら事業を進めています。


村瀬治男

社内でも上司やトップが自分中心で時間を動かし、仕事を滞らせると部下の仕事も滞り、大きな時間のロスになります。始業時間の時点で部下が仕事を始める材料がそろっているよう、逆算し、仕事の仕掛かり在庫がないようにする。そんなジャスト・イン・タイムの時間管理が上司やトップには不可欠です。


白坂亜紀

一流の人は、まずお店の雰囲気を壊す飲み方をしません。周りに気を配って、皆が楽しく飲めるよう心掛ける方ばかり。そしてそれは別れ際にも表れていて、混んできたタイミングですっと席を立ったり、目立たないけど頑張っているボーイくんを労ったり、最後の最後まで周囲への気配りがすごいんです。


藤森義明

成長したいなら、常に自分にストレッチを課すことです。ストレッチとは、現状の自分よりも高いものを求めて、実力よりもはるかに高い目標を掲げることです。たとえば、いまの実力で達成できる目標が10だとしたら、20の目標を設定するのです。


眞鍋政義

代表監督に内定した2008年12月。その直後からロンドン五輪でのメダルを獲得を目標に置き、北京五輪で5位に終わった代表チームをどうつくりなおして、そこまで持っていくかを考え始めた。五輪でのメダル獲得を最終目標にして、そこから逆算する形でチームを強くするためにすべきことを考えていった。


越智直正

私は、メード・イン・ジャパンにこだわり続けることで、職人たちのプライドを取り戻したいのです。幸いにも、タビオの協力工場は売り上げが伸びているので、最近では倒産した工場にいた若い職人たちの再雇用の場にもなっています。「若手」といっても、45歳とか、そういう年齢なのですが。


三枝匡

人に熱く語りかけるのは、経営の一部に過ぎません。人の熱意で短期間は持つのですが、早い段階で仕組みの強さに移行していかなければ、業績は落ちて行きます。社員に対しても、やる気を見せて実力を出せといっても、その仕組みがなければ実力を出し切れない。社内に勝てる仕組みを作るのが、すなわち経営なのです。


岡崎太郎

大抵の人はひらめいたことをいちいち口にはしません。だから思いつきやアイデアを発信し続けるだけで、発想が豊かだとか、企画力があるとリスペクト(尊敬)してくれるようになるんです。ぼくは思いついたアイデアは人に話さないと気がすまない性格。何度も話を聞いているうちに、周囲が「岡崎=アイデアマン」と刷り込まれていっただけなんです(笑)。


ページの先頭へ