ジョージ・バークリーの名言

ジョージ・バークリーのプロフィール

ジョージ・バークリー(ジョージ・バークレー)。アイルランドの哲学者、聖職者。キルケニー出身。キルケニー大学で学ぶ。アイルランド国教会主教などを務めた。

ジョージ・バークリーの名言 一覧

天空も、地上にある諸々のものも、世界の力強い機構を支えるどんなものも、精神がなければ存在しない。


存在するとは、知覚されるということである。


ジョージ・バークリーの経歴・略歴

ジョージ・バークリー(ジョージ・バークレー)。アイルランドの哲学者、聖職者。キルケニー出身。キルケニー大学で学ぶ。アイルランド国教会主教などを務めた。

他の記事も読んでみる

小林弘幸

1日の最後に、「今日、一番イヤだったこと」「今日一番嬉しかったこと」「明日の目標」、の3点を1行でまとめる3行日記をつけましょう。最初につらかったことを吐き出し、次に良いことを書いて気持ちを切り替え、最後に目標を書いて未来に目を向ける。シンプルですが、気持ちを整える効果は絶大です。「5年日記」など、長いスパンでつけられる日記帳を使うとより効果が高まります。この形式の日記なら、1年前と状況が変わっている、といった気づきも得られます。どんなにつらいことも永遠には続かない、という認識によって、前向きな気持ちが芽生えてくるでしょう。


谷正人

小さい頃から好きなことを仕事にしたいと思っていました。日本のブランドを取り扱うセレクトショップをやりたいとずっと考えていました。私自身、アパレルの販売経験もなく、一度セレクトショップ業界に入って学ぶ必要あると考え就職活動をしました。


金子和斗志

人事評価基準を明確にし、単に数字を上げた人ではなく、お客さまのためにホスピタリティの精神を磨き、挑戦者として行動する人を高く評価することを明記しました。また、上司による一方向からの評価だけでなく、同僚社員による評価も組み合わせた、360度評価を採用しています。


山口周

「自分には何の情報が必要なのか」を定めてから、情報源を探すこと。勉強という言葉は「磁力」が強いために、あれこれ手にしたくなるもの。ですが、後に何も残らなければムダな時間と知識になってしまいます。


山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

遊んだおもちゃを自分でキチンと片付けるというのもひとつの自律であり、子どもにそれを指導することがしつけです。そのとき、車のおもちゃはいちばん上の引き出し、クレヨンは真ん中の引き出し……というふうにルールを決めておけば、子どもはひとりでもスムーズに片付けられるようになります。つまり、ルールの存在によって、自律が促されるのです。なんのルールも与えずに「さっさと片付けなさい!」とガミガミ文句を言うだけでは、なかなかうまくいきません。こういうルールの力を借りながら、きちんと片付ける経験を積んでいると、そのうち、他人からルールを与えられなくても自分なりのルールを自ずと考えられるようになります。


梶村尚史

睡眠で重要なのは長さではなく深さです。「深い眠り」こそ、疲労を溜めず睡眠リズムを守るために大切となります。


大久保恒夫

もし私のこれまでの経営手法がスピード改革と評されるのであれば、それは、長期的・根本的改革を全速力でやる、ということではないでしょうか。時間がかかりそうでも、重要だと思えば、すぐにやるのです。


渡邊剛

小さい頃から母親にいつも「何でも一所懸命にやるんだよ」と呪文のように繰り返し言われていたことの延長線上で、今の仕事をしているような気がします。


川鍋一朗

「いいサービス」さえ提供すれば、世の中は反応してくれると思っていました。しかし「そのサービスを人に知ってもらい、使ってもらい、リピートしてもらう」には、半年から1年近くの時間を要します。この時間を考慮に入れてなかったことが、「日交マイクル」の失敗の原因でした。結果、初年度で2億円強の赤字になり、最終的に4.5億円の累積赤字を抱えた。


西山知義

私の場合は、最初から流れが悪かったです(笑)。いま考えれば自分で流れを悪くしていたのですが、当時はそれを他人や環境のせいにしていた。もっといえば、お客様のためという視点がなく、自分の成功が第一でした。


藤田晋

トラブルやピンチのときは少なからず動揺しますが、一呼吸ついて、動揺を顔や言動に出すのを抑えることが重要。「動揺を見せない人」は、それだけで、「頼もしい」と評価が上がります。ですから、トラブルが起きたりピンチに陥った時こそ、動揺を見せずに乗り切って、評価を上げてください。


泉田良輔

大手では、要るものと要らないものが整理されていない。なぜできないかというと、引き算したアイデアを合議制であげると「こんなの売れるのか」と言われてしまい、「全部機能を盛り込んでおけば必ず誰かのアンテナに引っかかる」という話になるからだと思います。


後藤敬一

なぜ当社は、他社のサービス等を短期間で習得し、いっせいに導入できるのかについて考えてみたところ、ひとつの結論に達しました。それは、会社全体に一体感があって、何かに取り組むとき、皆が一丸となって努力してくれるからだと分かったのです。要は「マンパワー」ということです。


笠原健治

リアルな交友関係を反映したつながりがどんどん生まれるだけでなく、様々なコミュニケーション系の機能を使うことにより、そのつながりがさらに深く、楽しく、居心地のよい場所になっていく。そしてその場所へ行けば、誰もが主役になれるようなユーザー体験を重視したのも「mixi」の大きな特徴です。


高妻容一

仕事を始めたきっかけといった「初心」や「原点」を思い出し、今までの努力を再確認することで、自信につながる。今の仕事内容を確認する機会にもなる。「将来、どんな自分でありたいか」という青写真を描くことが、イメージトレーニングになる。


ページの先頭へ