名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョージ・ハーバートの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョージ・ハーバートのプロフィール

ジョージ・ハーバート。17世紀イングランドの詩人。キリスト教信仰をテーマにした作品を数多く生み出した。イングランド国王ジェームズ1世に気に入られていた。英国国教会の聖職者。40歳でこの世を去ったが、多くの作品を残した。

ジョージ・ハーバートの名言 一覧

もし金を貸すならば、なくしても惜しくないだけの額を貸すことだ。


人生とは何かとわかるころには、人生の半分は終わっている。


ジョージ・ハーバートの経歴・略歴

ジョージ・ハーバート。17世紀イングランドの詩人。キリスト教信仰をテーマにした作品を数多く生み出した。イングランド国王ジェームズ1世に気に入られていた。英国国教会の聖職者。40歳でこの世を去ったが、多くの作品を残した。

他の記事も読んでみる

大山健太郎

私は感受性が強く、映画が好きで、高校時代は映画監督になるのが夢でした。図らずも19歳で経営者になりましたが、若い頃、映画に没頭した経験が今、経営に役立っていると感じます。特に好きだったのはヌーベルバーグなどのフランス映画。考えさせられるストーリーや詩的な映像表現の作品が多く、私小説のような映画がたくさんありました。映画は総合芸術です。構想力、ストーリー、シナリオの三拍子揃って、初めて感動を与える作品が生まれます。映画監督が映画をつくるように、私は経営者として、生活者の代弁者になり、数々の商品を世に送り出してきました。


福嶋康博

私はゲームソフト製作の陣頭指揮を執っている時、「今までと同じものを作るな」と繰り返し言い続けていました。しかし、100種類のゲームソフトを販売したとしても、その内のほとんどは過去に発売されたソフトと似たり寄ったりのソフトで、新感覚なものは数本でした。しかし、ヒット商品はこうした新感覚の数本の中から生まれてきます。


山中伸弥

特許が難しいのは、新しい知見を発見した当時は、将来化けるかどうか検討がつかないことです。特許申請には多少なりとも費用がかかるため、大学は厳選して申請するのが普通です。ただ、稼げる技術に育つ知見を選択して申請することは困難です。もしかすると、宝の卵をふるい落としてしまっているかもしれません。ですから、なるべく多くの特許を申請する必要があると考えています。


手代木功

つくづく感じているのは、「製薬業界の常識は世間の非常識だ」ということです。製薬市場は国民皆保険制度に支えられ、景気の影響を受けにくい。その安定した市場に立脚した製薬業界で働く人の給与水準は比較的高く、一般的な消費者の感覚と乖離しがちです。ただ、私は塩野義を次世代に存続させる立場として、当社を非常識な存在にしてはいけないと思っています。


経沢香保子

正直、へこたれそうになったときもありますよ。でもすぐに「このへこたれている時間がもったいない」と気持ちを切り替えるんです。そうしないと人間って、どんどんへこたれスパイラルに入っていきますから。


引田淳

命令を下したときに、部下が積極的に、自らその指揮官の意図することを具現化するために動くか、といった点も含めたものが統率ですので、日ごろの人間関係を含めた部隊運営が重要になってくるわけです。


丹羽宇一郎

商社で学んだことは、現場の一次情報から判断すること。


谷川法雄

企業とは付加価値を創造し、それを従業員に対する適正な労働分配率も含めヒトに分配して、社会の発展に貢献する高度に社会的な存在である。ヒトとは事業に関係するすべてのステークホルダーを意味します。


橋下徹

国会などで議論をする際に、自称インテリは「議論を尽くせ」「話し合いで解決しろ」「数で押し切るな」とばかり叫ぶ。それが民主主義だ、と。でもね、問題には話し合いで解決できるものと、できないものがある。自称インテリ以外の、日々問題を解決しなければならない人たちは、延々の議論は避けなければならない。そのためには、意味のある議論と意味のない議論の峻別能力が最も必要とされる。


中山勇

美味しいお弁当づくりには、種も仕掛けもあるんです。ご飯の盛り付け一つでも、機械が無理やり押し込んだような仕上がりより、手で立体的に盛り付けたようなビジュアルのほうが美味しそうに感じていただけるはずです。


大垣尚司

営業マンには、提携会社だからと言ってMCJ(日本住宅ローン)の商品だけを勧めうることはしないでほしいと言っています。あくまでも選択肢のひとつとして紹介してもらうだけでいいのです。


柳弘之

ヤマハらしさとは、「新しいコンセプトを作る」「究極の技術に挑戦する」「デザインを重視する」という3点です。この3つによって、お客様にワクワクするような感動をお届けする。それが我々の使命であり、こうしたヤマハらしさを体現した人材がリーダーとなっていくことによって、初めてグローバルにヤマハブランドを浸透させていくことが可能になるのです。