名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョージ・テーラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョージ・テーラーのプロフィール

ジョージ・A・テーラー。アメリカ軍人。最終階級は准将。米国第一師団に属し、第二次世界大戦に従軍。ノルマンディ上陸作戦に参加した。彼の部下に映画監督サミュエル・フラーがいた

ジョージ・テーラーの名言 一覧

このビーチから動かない奴は二種類だ。すでに死んだ者と、これから死ぬ奴だ。さあ、生き残るためにここから出ていくぞ!
【覚書き|ノルマンディ上陸作戦で海岸が死体で埋まり、無数の銃弾が飛び交う中、仁王立ちして部下を叱咤激励した言葉。背水の陣の作戦で、生き残るには勝つしかない状況、しかも銃弾が飛び交う中で仁王立ちした上官に励まされ部下は士気を回復した】


ジョージ・テーラーの経歴・略歴

ジョージ・A・テーラー。アメリカ軍人。最終階級は准将。米国第一師団に属し、第二次世界大戦に従軍。ノルマンディ上陸作戦に参加した。彼の部下に映画監督サミュエル・フラーがいた

他の記事も読んでみる

松本晃(経営者)

会長職を引き受ける前提としてコーポレートガバナンス(企業統治)についてはしっかりやりたいという点がありました。取締役は会長の私と(伊藤秀二)社長以外、全員を社外の方にしました。


吉田忠裕

魅力ある街でなければ今後の移転も進まないでしょう。地方移転というのは、法人税を優遇すれば進むような簡単な話ではないのです。


高橋みどり

私はもともと、ファッション業界で仕事をしようとは思っていませんでした。おしゃれは好きではありましたが、特別に好きというわけではなく、普通に好き、というくらいのレベル。そんな私が、それこそファッションを外に訴えかける仕事を手探りで進めていかなくてはならないのですから、とにかく、あらゆることに仕事のヒントを求めました。


山口悟郎

私は営業の秘訣を「相手が買わない理由をなくすこと」だと考えている。買ってくれない理由をひとつひとつ潰していく。そして最終的に部品の性能と価格の取引条件に落とし込んでいくのである。


山崎照幸

どんなに苦しくても、努力を怠らなかったからこそ、世界中のニーズを集め、他のメーカーが真似できない機械を開発してこられたのです。そして他社ができないようなきめ細かいアフターサービスを提供してきた結果、欧米の有力メーカーにも勝てるようになりました。


佐藤優

何人か部下を持ている場合、部下間の嫉妬の感情をマネジメントすることも重要なポイント。仕事ができる若手をヘタに褒めると、他の手から嫉妬の対象にされ、チームのまとまりが崩れてしまうケースがあります。かつては叱るときは本人に、褒めるときは公に、と言われましたが、いまは褒めるのも叱るのも本人に直接というのがポイント。


永田豊志

プレゼンの準備をするとき、いきなりパソコン画面に向かって「パワーポイント」を開く人がいますが、話の骨格がしっかりしていないと、いくらカッコイイ資料を作っても説得力に欠けます。まずはパソコンを離れて構想を練る時間をしっかり持つことが大切。


加藤宣明

事業グループ長には、「あなたは事業グループの社長だから、思ったように経営してください」と話し、日ごろの事業運営におけるほとんどの権限を渡しています。


黒田如水(黒田官兵衛)

人には気が合う気が合わないということがある。主人が家来を使う場合には、とくにありがちなことだ。気の合う家来が、もし善人であったならば、国の重宝となるが、悪人であったとすれば、国家の妨げとなるのであるから、大変な違いである。家来たちの中に、たとえ自分と気が合わない者がいて、それを傍ら近く召し使い、軽い用事を勤めさせることがあっても、その者に心を奪われてはならない。


越智通勝

ホームページで重要なのは正直に書くことだ。印刷物と違い、紙幅に制限はない。可能な限り情報を公開すべきだ。弊社の専門である求人募集を例に考えたい。求人募集では、「やりがいはあるが、10人中9人は3カ月で辞める厳しい職場です」と正直に書く。数こそ少ないかもしれないが、気骨のある人材が集まるはずだ。


松下正幸

一般に、人の話をよく聞くことは非常に大切なことと言われていますし、幸之助は聞き上手と言われることも多くありました。確かに聞き上手といえば聞き上手でしたが、私はちょっと別のとらえ方をしています。幸之助は聞き上手だったのではなくて、聞くことに人一倍の好奇心を持っていた、また、学びたいという意欲が人よりもはるかに大きくあったと思っているのです。幸之助みずからが言っていますように、自身は体系的な学問を学校で習うことはありませんでした。したがって会う人会う人、どんな人でも自分より知識が豊富に違いない、その人の知識をできる限り吸収したい、そういう好奇心にあふれていました。


石原俊(経営者)

企業経営は政治の世界と違ってクーデターみたいな激しいことをしたら後にしこりが残る。熟柿が落ちるごとくに持っていかないと。