ジョージ・テーラーの名言

ジョージ・テーラーのプロフィール

ジョージ・A・テーラー。アメリカ軍人。最終階級は准将。米国第一師団に属し、第二次世界大戦に従軍。ノルマンディ上陸作戦に参加した。彼の部下に映画監督サミュエル・フラーがいた

ジョージ・テーラーの名言 一覧

このビーチから動かない奴は二種類だ。すでに死んだ者と、これから死ぬ奴だ。さあ、生き残るためにここから出ていくぞ!
【覚書き|ノルマンディ上陸作戦で海岸が死体で埋まり、無数の銃弾が飛び交う中、仁王立ちして部下を叱咤激励した言葉。背水の陣の作戦で、生き残るには勝つしかない状況、しかも銃弾が飛び交う中で仁王立ちした上官に励まされ部下は士気を回復した】


ジョージ・テーラーの経歴・略歴

ジョージ・A・テーラー。アメリカ軍人。最終階級は准将。米国第一師団に属し、第二次世界大戦に従軍。ノルマンディ上陸作戦に参加した。彼の部下に映画監督サミュエル・フラーがいた

他の記事も読んでみる

池田潤一郎

赤字でも撤退しなかったのは、統合で規模を拡大し、シナジー効果を出せば競争力を高められると考えたから。競争力を高めて事業を続ければ、まっとうな収益が入ってくると判断した。


園田天光光

健康は一日でつくり得ないですから、毎日続けることが大事。


奥野宣之

「ノートの中にすべての情報を一元化する」というやり方に行き着いたのも、やはり活用することが大事と考えたからです。毎朝、新聞を読んでいても、受け身のままでは内容を活用することができません。大事なのはいろんな情報を有機的につなげながら、「なるほど」とか「いや、俺はこう思う」という自分の反応だと思うのです。


原田泳幸

世の中が厳しい、厳しいとばっかり言っても何にもならない。その中でどういうチャンスがあるかということをきちっと考えて良い商品を出していく。それが経営の課題。


藤原和博

天才でもない限り、成長する奇策はありません。野球選手のイチローだって同じでしょう。彼は10代のころから千本ノックを受けている。それどころか10万本ノックを受けているかもしれない。表には出さないけれど、とにかく常人とは桁違いの数のノックを受けて、それゆえにあれほどの選手になっているんです。何の努力もしないで、ビジネス界のイチローになれるわけがありません。


石黒不二代

ウェブサイトは顧客に近いツールだけに、戦略が正しければ、それに見合った成果が必ず出ます。逆もしかりで、利用者が企業のウェブサイトに期待を抱いてアクセスしているのにもかかわらず、戦略がないままに漫然と情報を羅列していると、ブランドイメージを損ないかねません。顧客満足をあげるためにウェブサイト担当者を活かすことができるかどうかは、経営者の考え方次第です。


井上康生

日本の柔道界のトレーニングは、これまでどちらかと言うと、質よりも量というような面がありました。私自身がそうでしたし、時代もそうでした。でも、2年間英国に留学し、彼らの練習を見た時に、非常に質を求めたトレーニングを実践していました。ロンドン五輪の敗因を考えれば、精神論ではなく、適切な言葉か分かりませんが、「意味のある努力」をしないといけないというところが非常にあった。


張本邦雄

クレームが発生したとき、多くの人は「どうしたらいいか」という解決策ではなく、「どうしてこうなった」と起きたトラブル自体に意識を向けてしまう。だからパニックになるんです。クレームやトラブルの解決で悩む人が多いのはそのせいでしょうね。もちろん、「どうしてこうなったのか」を考えることで、課題が浮かび上がってくることもあるでしょう。それはそれで大切なことです。ただ、起きてしまったことは、なかったことにはできません。ですから、トラブルに直面しているときはあえてそこは考えない。まずは「どうやって解決するか」に焦点を当てる。考えればなんらかの解決策はみえてきます。それが、たとえば土下座になることだってあります。土下座はもちろん避けたいですが、解決策の一つとしてありえます。解決策がみえただけでも少し気分が楽になるでしょう。


江上治

顧客志向が表面的なものだと、絶対にお客様に見抜かれてしまう。本気の顧客思考でなく、どこか「自分が稼ぎたい、自分が儲かりたい」という気持ちがあれば、それは必ず相手に伝わる。思考が言葉となって出てくる。ほとんどの営業マンは、この部類である。だから稼げないのだ。


寺田和正

大学卒業後に商社に3年ほど勤めた後、独立しました。バブル崩壊後、景気が悪くなっていったときで、周りの人は起業しようとしないので、逆にチャンスだなと思いました。


朝倉宗滴(朝倉教景)

武者は犬とも言え、畜生とも言え、勝つことが本(もと)。


斉藤恵一(セルフマネジメントプロデューサー)

誰でも仕事や人間関係のグチを聞いてほしいもの。話しにくいことだからこそ、聞ければ一気に親密になれる。


島田裕次(工学博士)

リスクに対しては、「受容する」という視点も私は大事だと考えています。発生確率が低く、損害が小さいと考えられるリスクはある程度受け入れることによって、コストを抑えたより効率的な対策が可能となります。その際も、対処法が定まっていればより安心です。


浦沢直樹

一流の人と自分を比較し、焦りを感じる人も多いでしょう。そんなときは、彼らの新人時代を追体験してみることをおすすめします。たとえば、僕がやったのは黒澤明監督の全作品を一作目からたどること。デビュー作の『姿三四郎』は荒けずりだけど面白い若手監督が出てきたなと思い、二作目の『一番美しく』は戦争中で戦意高揚色が強い中、しっかりメッセージを入れているなとか、五作目の『わが青春に悔なし』は若くして彼の代表作になるかもとか……。彼らも試行錯誤しながら成長していったことを知れば、一流の人にも臆する気持ちがなくなります。


小林稔(経営者)

資産運用のパフォーマンス向上はもちろん、「いちよしと取引するのが楽しい」と感じていただくために何ができるか。当社ならではの付加価値を追求することで、経営理念である「お客様に信頼され、選ばれる企業であり続ける」を達成したい。


ページの先頭へ