名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ジョージ・テイラー(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョージ・テイラー(経営者)のプロフィール

ジョージ・H・テイラー。米国の経営者。アメリカの建機メーカー最大手「キャタピラー」副社長。イリノイ州出身。イリノイ州立大学卒業、ハーバード大学上級エグゼクティブ・プログラム修了、イリノイ大学でMBAを取得。IBMを経てキャタピラーに入社。

ジョージ・テイラー(経営者)の名言 一覧

我々は顧客目線で考え、ベンチャー企業のように機動的に動くだけさ。


我々は創業100年を迎える。競争環境がどうあれ、世界一流の建機メーカーという軸はブレない。


ジョージ・テイラー(経営者)の経歴・略歴

ジョージ・H・テイラー。米国の経営者。アメリカの建機メーカー最大手「キャタピラー」副社長。イリノイ州出身。イリノイ州立大学卒業、ハーバード大学上級エグゼクティブ・プログラム修了、イリノイ大学でMBAを取得。IBMを経てキャタピラーに入社。

他の記事も読んでみる

佐野陽光

何かやりたいことがあったら起業で形にすることが手段として一番優れていると思います。先人の知恵から学べるし、多くの人が支持してくれます。


大串亜由美

ジェスチャーは慣れないと難しいですが、無理に多用するのではなく、必然性のあるところで使っていけばいいでしょう。たとえば、スライドを指し示すとき。指でさすと印象が強すぎるので、手のひらでさします。といっても、だらしなくみえないように、指はきちんと揃えること。このように、少し気を配りつつ、自然にジェスチャーを取り入れていけばいいのです。


ロデリック・クレイマー

プレイングマネジャーが失敗する問題を防止するには、入社したときから社員にマネジャーになるトレーニングを施すことです。マネジメントのスキルは教えることが可能です。マネジャーは育てることができます。ベテランになったときに、急に優秀なマネジャーになることを期待するのではなく、入社したときからチームで働くことを経験させ、マネジャーになる訓練を積ませるのです。


浦上ヤクリン

理想を掲げるのはいいのですが、無理がたたって燃え尽きてしまったら元も子もない。「ほどよく力を入れていく」「最初は完璧ではなく、まずは及第点を目指す」。そんな大人のゆとりを持って、仕事に緩急をつけることが自分を潰さないコツかもしれません。


大塚万紀子

仕事のやり方を見直したり、ワークフローを変えたり、書類の削減を行なったりと、各部署で短時間労働が実現できるように、細かく働き方を改善する。労働時間が短縮されるにつれて、社員には充実した生活を送るための時間が増えていきます。家族と過ごす以外にも、趣味の幅を広げたり、大学院やビジネススクールに通ったりする人が増え、やがて、そこで得た知識や人脈を仕事に活かして成果を上げる好循環ができてきました。つまり、新たに生み出した「ライフ」の時間で自己研鑽を行ない、そのインプットを「ワーク」で活用するシナジー(相乗効果)が生まれ始めたのです。


豊田章男(モリゾウ)

私は祖父・喜一郎(トヨタ自動車創業者)のおかげで今があるのだと非常に感謝しています。ですから私も、自分のまだ見ぬ孫や従業員の孫に、「あの世代の人がやってくれたから今がある」と言われるような価値ある仕事をしたいし、それが私の長期的視点の理由の一つだと思います。


平田雅彦(経営者)

経理担当の副社長になってからは、月に一度、必ず創業者(松下幸之助)のところに行って決算報告をしていました。創業者が亡くなる前月にも行きました。その頃は病室で寝ておられて、声もなかなか通じない状態でした。いつものように決算を報告しても、これまでなら、「ここはどうなっているのか」「あの会社はどうや」などと聞かれるのですが、その日は何も言われません。ただ私のほうをじっと見て、「平田君、松下電器の従業員は、幸せに働いているか」とだけ聞かれました。私はじんとして言葉に詰まり、「はい。100%とは思いませんが、大半の人は幸せに働いていると思います」と返すのが精一杯でした。従業員が幸せであるためには、まず利益がきちんと出ている会社でなくてはならない。次いで、お客様をはじめ社会の人々から支持される会社でなくてはならない。そして何よりも、経営者と従業員の心が通じ合った会社でなくてはならない。すなわち、これこそが究極の経営ではないか。94歳、亡くなる直前の言葉は、貴重な遺言であるとともに、松下経営の真髄として、私の心に今でも響いております。


小倉昌男

粉飾決算は絶対にやってはいけない。売上が目標に届かなかったときの不安や動揺はわかるが、そこは歯を食いしばって耐えなければいけない。いったん誘惑に負ければ、あとは地獄が待っていると言っても過言ではないだろう。ひとたび粉飾に手を染めたら最後、毎月毎月、必死になってごまかしつづけなければならないのだ。悪事を働いているのだから同情の余地はないが、それはそれは大変な苦労だ。しかも嘘はいつか必ずばれる。


安藤宏基

一般の消費者のみなさんは、インスタントラーメンなんて古い産業で、技術的には限界にきている、世界中に拡大しているものだから、もはや新しい技術など出てこないと思っておられるでしょう。しかし、インスタントラーメンの技術は、世界市場ということを考えれば、まだ発展途上なのです。企業の技術力の向上は、もう開発し尽くしたと考えて立ち止まるか、いやまだまだ先があるんだと考えて挑戦し続けるかによって、大きな差がつくものです。


小宮山宏

イノベーションのシーズは日本各地で生まれています。それらの方向性を一にして、前に進む体制をどうやって作るかが課題。お互いに知恵を出し合い自律分散協調を実現していくことが重要。


清水喜彦

伸びる人材には絶対条件があると思っています。まず、好奇心が強いこと。大体、失敗は手抜きと思い込みでおかすもの。これをなくすには、これでいいのか、あのやり方は違ったなと、あれこれ好奇心のある人の存在が大事。


吉岡徳仁

日本のものづくりの本質は欧米のそれとは異なります。インパクトやアイデアの斬新さを主張する欧米に対し、日本は完成度に対するクオリティを追求する。しかも、それは世界トップクラスのレベルです。