ジョージ・テイラー(経営者)の名言

ジョージ・テイラー(経営者)のプロフィール

ジョージ・H・テイラー。米国の経営者。アメリカの建機メーカー最大手「キャタピラー」副社長。イリノイ州出身。イリノイ州立大学卒業、ハーバード大学上級エグゼクティブ・プログラム修了、イリノイ大学でMBAを取得。IBMを経てキャタピラーに入社。

ジョージ・テイラー(経営者)の名言 一覧

我々は顧客目線で考え、ベンチャー企業のように機動的に動くだけさ。


我々は創業100年を迎える。競争環境がどうあれ、世界一流の建機メーカーという軸はブレない。


ジョージ・テイラー(経営者)の経歴・略歴

ジョージ・H・テイラー。米国の経営者。アメリカの建機メーカー最大手「キャタピラー」副社長。イリノイ州出身。イリノイ州立大学卒業、ハーバード大学上級エグゼクティブ・プログラム修了、イリノイ大学でMBAを取得。IBMを経てキャタピラーに入社。

他の記事も読んでみる

小倉昌男

書類の上で経営者になれたからといって、それだけで経営者ができるかと言うものではない。経営とは、生身の人間と付き合う仕事だからだ。インターネットで誰でも膨大な量の情報を手に入れることができるし、企業経営のノウハウを教えるマニュアル本や雑誌なども山のように出ている。だから、余計に情報や知識の価値を過大評価してしまうのだと思う。


稲盛和夫

僕は航空業界について何も知らない素人です。僕が持ってきたのは2つだけです。ひとつはフィロソフィー(哲学)、もうひとつは部門別採算制度です。
【覚書き|JALの経営再建に乗り込んだとき、幹部社員に向かって語った言葉。このあとJALはV字回復を果たした】


宋文洲

やるかどうかは別にして、現在の会社を出る可能性を意識した働き方をしてほしいですね。何かの統計で見たのですが、中国の若者の4割は「いつか起業したい」と思っているそうです。実際に起業できる人はごくわずかでしょうが、とにかくそういった気概を持っている。だから、中国の若者はスキルを身につけるために転職する。そして、どこの会社に行っても「そのプロジェクトをやってみたい」「あのお客さんに会わせてほしい」などと、仕事に積極的に関与しようとします。いい意味で、人のふんどしで相撲を取ろうとするのです。失敗? 全然気にしないよ、どうせ辞めるから。日本はどうですか。ずっと同じ会社にいると心底思っているから、先輩・同僚・後輩という固定化した人間関係の中に縛られて、思い切ったことをしようとしない。「おかしいな」「これは間違っている」と思っても我慢する。そんな状態でいたら、せっかくの才能が生かされません。皆さんには、どんどんリスクを取って、経験を積んでほしい。


北尾吉孝

経営者や社員が意思決定をする上での指針を決めることが重要です。それがないと軸足を失い、判断がブレます。


西村晃(経済評論家)

行列のできている店のお客の様子を観察したり、会話を聞いているだけで、「遠方から来ているグループが多いな」とか、「リピーターは少ないぞ」といった、マスコミでは流されていない情報がどんどん入ってきます。


藤井孝一

目的意識を常に高く持っておくためには、見える化が重要です。私は以前、目覚まし時計に「早起きして起業家になる」と書いた紙を貼っていました。


矢部輝夫

改革が進まない4つの理由。

  1. 改革をしなければいけないということを従業員が認識していない。
  2. 改革が面倒くさくて人も組織も動かない。
  3. 改革によって発生するリスクが怖くて乗りだせない。
  4. 改革の先導役が気に食わないからやらない。

玄侑宗久

諦めず、しかも計画通りに遂行できずに暗くなっているのが、最近のビジネスマンではないだろうか。おそらくその最も大きな理由は、彼らが諸行無常の世界を、計画や予定という想定のうちに無理やり押し込め、しかも自分自身のことも想定内の存在として見くびっているからだろうと思える。


川西勝三

経営トップの人格というものは社員にとってはお手本でなければならないですし、社長はやりだしたら必ず目標を達成するということも、社員の経営者への信頼の基礎になると思います。私は、私の人格の総てを社員の前に晒しているわけです。やはり、人間的な中身の重さが大事です。


橘フクシマ咲江

ヘッドハンティングは、その人が「優秀か否か」を判断・評価する仕事だと思われがちですが、実は違います。企業と人材とを引き合わせる際に考えるのはマッチングです。長所、短所、まだ発揮されていない能力といった、その人の適性をトータルに見て、顧客企業のニーズに合うかを考えます。「こういう学歴や職歴を持っているから、こういう人に違いない」という決めつけでは、真の適材適所のマッチングはできません。この視点は、すべてのコミュニケーションに不可欠です。勝手な判断や先入観を持たずに相手と向き合うことが、相手を尊重する態度の基盤と言えます。


立石義雄

創業者である父は「常に大型ベンチャー企業であれ」と説いていました。社会が求めるニーズのいち早い創造にチャレンジすることを最大の社会貢献ととらえ、今後も企業理念の実践に取り組んでまいります。


橘玲

アスリートが厳しい競争に向かう時、大きなストレスにさらされますが、ストレスがあるからこそ高いパフォーマンスを発揮できるのも事実です。ロシアの心理学者ユーリ・アナンの「不安と運動能力の関係に関する研究」によると、人にはそれぞれパフォーマンスに効果的な不安レベルがあるそうです。たとえばある選手は不安レベル60の時に最も力を発揮し、ある選手はレベル30くらいの時に最高の成果を上げるのです。これはIZOF(個人の最適機能ゾーン)理論と呼ばれ、アスリートだけでなく、舞台俳優から軍事行動に参加する兵士まで、多くの分野にも応用されています。仕事も同じです。


寺田和正

私は毎年1月1日、羽田から初日の出を見ながら故郷の広島に帰るのですが、その年の目標を15くらい立てます。そのうち実行できるのは7つか8つ。大相撲のように勝ち越せればいいかなと思っています。昨年は「原点回帰」でしたが、今年は「原点進化」の年にしたいですね。


伊藤隆行

どうしてそんな暗い言い方するんだろうなっていう人、いませんか? 真面目な方が真面目に喋ると、周りはそれだけで身構えてしまいます。その人の性格の問題もありますが、相手を緊張させないちょっとの努力はできるはずなんです。


寺田和正

仕事を自分から楽しまない人は、いい結果も出せません。僕はよく社員に「とにかく笑って!」と教えているのですが、それもハッピーな気持ちで仕事に取り組んでほしいからなんです。「幸せ」というキーワードは、これからのビジネスパーソンにとって欠かせないものなのかもしれません。


ページの先頭へ