ジョージ・タナシェビッチの名言

ジョージ・タナシェビッチのプロフィール

ジョージ・タナシェビッチ。シンガポールの統合型リゾートなどを展開する「マリーナベイ・サンズ」CEO(最高経営責任者)。

ジョージ・タナシェビッチの名言 一覧

ゲストに響くのは継続的な新鮮さだと考えています。ここ数年積極的に取り組んできたのは、有名シェフが手がけるレストランによるグルメの充実。そして最新のレーザー技術とジェット噴水を駆使した光と水のショーの導入や、ウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」とタッグを組んだ展示など、エンタテインメント面の強化です。


ジョージ・タナシェビッチの経歴・略歴

ジョージ・タナシェビッチ。シンガポールの統合型リゾートなどを展開する「マリーナベイ・サンズ」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

ショーンK

本当に切羽詰まったときは、悩むことさえできなくなる。どうすれば危機的な状況を切り抜けることができるかを考えて行動するだけで精一杯になる。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

世の中に広まる、よくできた美徳の定義や言葉を受け売りして、やたらと口にしたり、知識を得たつもりになっていれば、それはかえって無知をひどくするだけです。知識とは、単に情報を記憶することではなく、心の深いところで理解するものです。心から理解する知識こそ、美徳と通じる神聖な知識なのです。


永守重信

成長期という慢心しやすいときに、もう一度原点を見つめ直して創業以来のスピリッツを取り戻すことが大切。


榎本博明

従来であれば、上司が部下の昇給や昇格を左右できる「報酬勢力」や、「上司が部下に命令するのは正当である」と思わせる「正当勢力」があれば部下を動かせましたが、今の時代はそれに加えて、「あの人のようになりたい」と思わせる「準拠勢力」や、「あの人は専門能力やスキルが高い」と思わせる「専門勢力」も必要です。


吉川良三

従来の狭いものづくり観では、製造業の生産現場にしか目が向けられてこなかった。競争もメーカー同士で技術力を競いあう「メーカー価値競争」に陥っていたのだ。しかし本当に必要なのは、お客様が何を求めているかを大切にする「顧客価値競争」ではないのか。


大橋博(教育者)

私はこれまで人を育てるという観点で、その時代、その時代の社会が求める教育を追求してきました。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

「あなたは普段、自分のペースで仕事をしていますか?」と問われて「イエス」と答えた人は、「自分は仕事が遅い」と思ったほうがいいかもしれないね。ビジネスの世界では、自分自身のベースなんか、どうだっていいんだ。大事なのは会社のペース。会社のペースというのは、顧客のニーズを満足させるスピードだよ。


安藤宏基

たとえ同じ内容を話しても、体験に裏打ちされていない言葉は浮くのです。反対に、体験している人の言葉は重い。


鳥居勝幸

顧客理解の中には、もちろん担当者個人への理解もあっていいでしょう。その場合はやみくもに距離を縮めようとするのではなく、相手に合わせるのが鉄則です。雑談の好きな人ならプライベートに踏み込んだ話を展開してもいいし、ビジネスライクに事を運びたがる相手なら自分もそれに倣うべきです。「営業という職務を通じて、顧客満足を上げることが自分の仕事」という自覚をきちんと持っていれば、個人対個人の付き合いの中でも、おのずと相手に合わせた振る舞いが導き出されてくるのではないでしょうか。


安藤忠雄

建築が他の芸術と違うのは、いつも相手がいるものですから対話をしなくてはいけないのです。その対話の中で我々の考えと依頼主の考えていることがずれると思うんです。しかし、ずれるけれども話し合いで解決できるので妥協ではないと思うんですね。だから話し合いはするけれども、妥協はしたくない。


養老孟司

先行き不透明な時代を生きていくには、人間というものを理解しておくことが大切です。たとえ急に社会が変わっても、人間の本質は変わらないのですから。


川口順子

新しいものに出合うためには、訪れたチャンスを、恐れず、ひるまず、つかむ必要があります。自らの選択を恐れる必要はありません。


野口美佳

消費者を知るための重要な情報源として、私はほとんどすべての女性誌に目を通しています。雑誌を読むときは、その雑誌のターゲットになったつもりで読み、そのページの何に自分が引っかかったのか、モデルなのか、誌面デザインなのか、といったことを考えながら読んでいます。そうすることで、商品や雑誌が買われている理由がわかるようになるのです。


山本崇雄

勉強の習慣化には入浴中に音読したり、1時間のテレビ番組でCMに切り替わったら音読したりするなど、スキマ時間を利用して気軽に取り組むといい。


本田宗一郎

耐える心に、新たな力が湧くものだ。全てそれからである。心機一転、やり直せばよいのである。長い人生の中で、そのための一年や二年の遅れは、モノの数ではない。


ページの先頭へ