名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョージ・サートンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョージ・サートンのプロフィール

ジョージ・サートン。ベルギー生まれの米国の科学史家。サートンの貢献に対し、米国科学史学会がジョージ・サートン・メダルという賞を創設。生涯の学術的業績が認めれた科学史の研究者に贈られ、科学史研究者にとって最も権威ある賞となっている。

ジョージ・サートンの名言 一覧

知識の成長こそ進歩の核であるから、科学史は歴史の核であるはずだ。しかし、人生の主たる問題は科学者だけが解決できるものではないし、芸術家や人文主義者だけが解決できるものでもない。それら全部の協力が必要になるのだ。科学は常に、必要不可欠ではあるが、科学だけでは十分でない。我々は美を求めるが、そこに合いがなければ何事も無意味だ。レオナルド・ダ・ヴィンチのたぐいまれな価値は、美の追求と真実の追求が、対立するものでないという例を我々に示してくれたことである。


ジョージ・サートンの経歴・略歴

ジョージ・サートン。ベルギー生まれの米国の科学史家。サートンの貢献に対し、米国科学史学会がジョージ・サートン・メダルという賞を創設。生涯の学術的業績が認めれた科学史の研究者に贈られ、科学史研究者にとって最も権威ある賞となっている。

他の記事も読んでみる

小島希世子

いまの流通は、質にこだわる農家さんも量を追求する農家さんも同じシステムに乗せられるので、それぞれのこだわりがお客さんに伝わりません。その結果、農家さんのこだわりが価格に反映されづらくなり、こだわればこだわるほど商売として成り立たなくなってしまう。それを打破するには、ネット直販で透明性を高めるのが一番です。誰がどのようなこだわりでつくっているのかわかるようになれば、こだわりのお米や野菜はそれにふさわしい価格をつけられるし、農家さんもお客さんの期待に応えようと品質をさらに高める努力をするようになる。長い目で見れば、それが農業を守ることにつながるという思いで始めました。


永野重雄

やはり人間同士を知るというのは、300人以下ですね。隊長がおやじであとは家族、この範囲だと一人ひとりの気分までわかる。趣味から家族とか親戚を含めてね。この範囲なら単位が固いからその単位を集めていけば、これが300倍になっても強い。一番必要なのは、人間の頭脳力の限界、つまり300人の力を活用することにあるのではないかというのが私の持論。


吉野真由美

多くの人は、テレアポで自社商品の良さを説明しようとします。しかし、それは大きな間違いです。テレアポの目的は、あくまでアポを取ることであって、商品の良さを理解してもらうためでもなければ、ましてや自分を気に入ってもらうことでもありません。


高田明(ジャパネットたかた)

普通にやっていたら普通でしかない。


本城武則

興味がある分野や、仕事に関わる専門用語を、まずは100語程度覚えましょう。ビジネス英語の場合、カタカナ語として浸透している言葉も多く、新しく出合う専門用語はそれほど多くないはずです。AからZまですべての単語を覚えることは不可能です。それよりも、自分が学びたい分野に絞ると、何を学ばなくてもいいのかが見えてくるはずです。


松橋良紀

営業マンは、自分の使命感や思い、信念を語るべきです。どうせ何かを購入するなら、顧客は「この商品によって多くの人の役に立ちたい」という信念や使命感をもった営業マンから買いたいと考えるものです。自分がなぜこの会社やこの商品に惚れ込んでいるのか、営業マン自身の熱い思いを語ることは、何にも勝るセールストークになるでしょう。


福地茂雄

王貞治さんは4番バッタ-でしたが、監督になれば打撃だけを見ればよいというわけではない。監督になった以上はすべてのポジションに対して一流を求める。人を育てるというのはそういうことです。


酒井秀樹

私は工場などには足を運びません。現場を見ずして経営はできないと言う人もいますが、私の考えは違います。若いころには、新製品開発だけでなく、工作機械の使い方を職人に教えてもらいながらモノ作りも経験しました。昔と変わったところがあるにせよ、一通りの仕事の基本は知っているので、身に行かずともわかることも確かです。


遠山正道

行動には「やりたい」「やるべき」「やれる」という3種類があると思っているんです。サラリーマンは「べき論」が優先されてしまうのが実情ですよね。でも僕は「やりたい」を大切にしたいと思っている。


假屋崎省吾

父は中央区役所に勤めてた普通の公務員で、お金は教育や旅行や趣味に全部使っちゃうから貯金の全然ない家でした。クラスで1人だけ借家だったので、私が中高時代に「節約して頭金を作ろう!」と号令をかけました。父親のたばこを減らさせたり、私がちくわと玉ネギで節約料理を考えたり。そうしたら頭金が貯まってマイホームが買えた。つまり使いすぎの両親が反面教師になって、目覚めたんです。お金は、使うべきものにはじゃんじゃん投資をする。無駄だなと思うものには使わない。要はメリハリなんです。それで今に至っているわけです。


鈴木喬(経営者)

ビジネスの世界も政治と同じで、きれいごとだけでは済まない。しかも、バブル崩壊後の日本経済は、ずっと非常時みたいなもの。清濁併せ呑まなければ、企業経営はやっていられない。


内藤忍

目標が明確になれば、それに向けていま自分に何が足りないかがわかります。それを認識するだけで以後それに関する情報に敏感になる。つまりチャンスに強くなる。