名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ジョージ・カーンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョージ・カーンのプロフィール

ジョージ・カーン。ドイツ人経営者、マーケッター。高級時計ブランド「IWC」「ロジェ・デュブイ」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・デュッセルドルフ出身。36才でIWCのCEOに抜擢され、同ブランドを躍進させた。

ジョージ・カーンの名言 一覧

マーケティングには「合理的な科学」、すなわちこれさえやれば誰もが成功できるという法則はない。結局は経営者の直感が重要。


大切なのは名目だけのパートナーではなく、共に何かを作り上げることができるかどうかです。


ジョージ・カーンの経歴・略歴

ジョージ・カーン。ドイツ人経営者、マーケッター。高級時計ブランド「IWC」「ロジェ・デュブイ」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・デュッセルドルフ出身。36才でIWCのCEOに抜擢され、同ブランドを躍進させた。

他の記事も読んでみる

樋口廣太郎

「樋口さんがアサヒビールを立ち直らせたポイントは何ですか?」とよく聞かれます。でも秘密などないのです。ただ私は、アサヒビールをせめて世間並みの会社、世間で存在価値を認められるような会社にしたいと願っていただけでした。世間から、「あの会社はいい商品もできない、活気もない、活力もない」といわれたから勢いが落ちてきたわけですから、それを世間並みに持っていけばいいということだったのです。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

●多くの人は、私を非案する正当な理由があると考えるだろう。判断力が未熟なために、権威ある人々の考えと私の見解が正反対であると断じ、私の仕事が単純で平易な経験から得られた問題提起だとは考えないのだ。
●私にとっては経験から生まれたのではない科学など、間違いだらけで無意味に思われる。はじまりから終わりまでが五感の一つによって直接感じられ、あらゆる確かさの母である経験によらない科学など。
●誰も他人のやり方を真似すべきではない。なぜなら、真似をすれば自然の子供ではなく、自然の孫でしかない。我々には自然の形態がたくさん与えられているのだから、直接自然に触れることが大事だ。


経沢香保子

学生時代、営業志望だったのは自信というより、会社に入るための作戦といったほうが正確ですね。私の時代は、いわゆる就職氷河期で、競争がとっても激しかったんです。しかも私の成紙表には明らかに「A」が少ない(笑)。これじゃあ、周り友人たちのように、企画だ、編集だ、なんていっていたら就職できないなあって。それで、女性があまり希望しない営業職なら、採用してもらえるんじゃないかと考えたんです。もともと人に会うのは好きだったし、なんとかなるんじゃないかなって。とにかくまずは入社することに必死でした。


大久保幸夫

若いうちのキャリア形成についての多々ありますが、ミドルキャリア以降の働き方については、日本ではこれまであまり語られてきませんでした。個人差が拡大するために、共通して語れることが少ないという理由が大きいでしょう。しかし、ビジネスパーソンとして最も脂ののる40代、そしてそこからトッププロが巣立っていく50代こそ、自律的なキャリアデザインの必要性が高まる時代です。


川西勝三

メーカーの経営者にとって大切なものは、経営管理する能力が本質ではなく、社員の誰よりも、ものづくりに真摯であり続ける情熱とその成果です。社長が先頭に立って革新技術をつくり上げていく気概がなければ、メーカーは育っていきません。


長谷川穂積

リングに向かうときは逃げられない檻の中に向かうようで怖いですよ。負けたら終わり。動物に例えたら、食い殺すか、食い殺されるか。それがリングですから。殴られるんは怖くないですけど、負けるんが怖い。


永守知博

映像をテキスト化するAIは他社も開発していますが、私たちはロボットという武器があるので、実際にタピアに搭載してユーザーの反応を早くダイレクトに聞くことができます。それは他社にない強みです。


前田新造

リーダーの条件とは厳しさの中に隠れた優しさだと思います。信頼がなくなれば、リーダーシップは瞬時に崩壊します。それはお客様との関係においても同じです。信頼とは、一度築き上げればそれで完成するものではありません。ときが経てば消耗するし、錆びてきます。常に磨きをかけ続け、機能障害を引き起こす前に新しいものにしなければいけないと思います。


鳥越淳司

今は、何もしないでも商品が売れる時代ではありません。時には、常識を打ち破り、新たなニーズに応えなければなりません。


藤田晋

「飲み会は人間性がガラス張りで見えてしまう」ことを意識しましょう。お酒が入ると、人の「良い面」と「悪い面」が浮き彫りになります。


砂山直樹

当社がお客様にお届けしたいのは「モノ」としての靴下ではなく、靴下を通してお客様の生活に心地よさ、喜びといった感動を体験していただくという「コト」なのです。


中嶌武夫

正直なところベンツを扱うことができなかったら、(ナカリングループの)経営は縮小せざるを得なかったかもしれません。三菱自動車さんのお世話があって、ベンツを扱わせていただくことができました。そういうわけですから、三菱自動車さんのディーラーとしての仕事も大事なのです。お世話になったことを忘れてはいけません。