ジョージ・カーンの名言

ジョージ・カーンのプロフィール

ジョージ・カーン。ドイツ人経営者、マーケッター。高級時計ブランド「IWC」「ロジェ・デュブイ」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・デュッセルドルフ出身。36才でIWCのCEOに抜擢され、同ブランドを躍進させた。

ジョージ・カーンの名言 一覧

マーケティングには「合理的な科学」、すなわちこれさえやれば誰もが成功できるという法則はない。結局は経営者の直感が重要。


大切なのは名目だけのパートナーではなく、共に何かを作り上げることができるかどうかです。


ジョージ・カーンの経歴・略歴

ジョージ・カーン。ドイツ人経営者、マーケッター。高級時計ブランド「IWC」「ロジェ・デュブイ」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・デュッセルドルフ出身。36才でIWCのCEOに抜擢され、同ブランドを躍進させた。

他の記事も読んでみる

横山進一(経営者)

禅に「随所に主となる」と言う言葉があります。あらゆるところで自分が主人公になって主体的に行動すれば、必ず道は開けるのだということです。ただし、禅の意味はもっと深いところにあって、自分の目に見えるものは自分が目で見て認識しているわけですから「すべて自分」なんです。要するにどこにいても自分が主人公であることを自覚することが大事だという風にとらえています。


似鳥昭雄

僕の一生の目標は、アメリカ研修で決定しました。当時日本人の給与所得は、アメリカに並びつつあるのに、生活レベルはどうしてこうも違うのだろうと衝撃を受けました。理由は、日用品全般の価格の低さにありました。日米の給与は一緒でも、アメリカの物価は日本の三分の一でした。日本人の給料を3倍にすることは僕にはできません。しかし、価格を三分の一に引き下げることはできる。そうすれば結果的に日本人の生活はいまの3倍は豊かになるはずです。


庄司貴行

「良いものを高く」提供するには、自らの強みが何かを考え抜いて、丁寧に説明する努力が求められます。「料金は高いけど、うちのサービスを使うとあなたにこんなに良いことがありますよ」と説得しなければならないわけですから、ハードルはかなり高いといえるでしょう。ただ、ここ数年は世界中の人々が「何か良いものはないかな」と日本に押し寄せてくれています。絶好のチャンスを生かさない手はありません。


ケリー・マクゴニガル

心理学的には、日々の選択する数を減らせば減らすほど心理状態が良くなります。どうも人間は選択する権利を非常に貴重なことと捉え、何でも自分で決めなくてならないと考えがちです。そんなことはありません。投資でも同じでしょう。決断や選択する機会を減らすことで、ストレスも減らせます。


永守重信

ここに5個だけつくる製品サンプルの設計図があるとします。そこにちょっとしたミスでもあれば、私はそのミスを指摘して技術の担当者を徹底的に叱りつけます。こんなとき、たいてい本人は不満そうな顔をします。それでも、私はこんなことが2度とないようにしつこく厳重に注意を与えます。これで会社が損をしたとしても、たかが5万円程度のものでしょう。だからこそ、私はこれ以上がないほど叱るのです。


内田和成

いまの日本では企業も個人も、人と同じことをやっていては生き残れない時代になった。


パトリック・ニュウエル

日本で行われるプレゼンの多くは一方通行で、コミュニケーション(対話)とは言えない。理想のプレゼンは、聴衆とつながること。スライドではなく、聴衆の目を見て語りかけることが大事。


山口貞一郎

(東京や大阪の大百貨店からの出店要請を断り続けていることについて)かたくなな私たちの態度を傲慢だと言われたこともあります。売上高を伸ばし世間に広く知られるチャンスをなぜ棒に振るのだとも何人もの方から言われました。でも、私にとって松翁軒のカステラの味を守るためには、長崎から出てはいけないのです。


伊藤厚子(臨床心理士)

電話する、会って話すなど、アナログな手法の方が、スピーディーに終わる場合も多い。また、メモなどもデバイスにできるだけ頼らず、手書きを活用するといい。どうしても忘れそうなものだけスマホやパソコンのスケジューラーなどに残すといった「使い分け」をしましょう。


戸塚隆将

子供にやる気を出させるために、親は褒めたり、励ましたりするものですよね。ならば同じように「自分になんと言ってやればやる気になるだろう」と考えてみたらどうでしょうか。私の場合は「自分を褒める」ことでモチベーションを意識的にコントロールするように心掛けています。


フィリップ・コトラー

ビジネスの本質とは自らの足るを知りつつ、変化し続ける社会の中で、人々の役に立つことを常に考え、提供し続けること。


為末大

夢を追いかけ続けている状態こそ、ふり返ってみれば成功なのではないでしょうか。


塚越寛

企業にとって重要なのが「永続」することです。潰れてしまっては元も子もない。私の座右の銘に、江戸時代の農政家・二宮尊徳の「遠きをはかる者は富み、近くをはかる者は貧す」という言葉がありますが、そういう長期的な展望が「いい会社づくり」には不可欠です。目先の利益だけを考え、短期的に高い売上高を追い求めて高収益を上げても、長続きしなければいい会社とは言えません。永続するためにゆるやかな成長は不可欠ですが、最低必要な成長でいいと私は考えるようになったんです。


アルバート・アインシュタイン

昨日から学び、今日を懸命に生き、明日への希望を持て。大切なことは問うことをやめないことだ。


金田博之

本気で英語を自分のものにしたいなら、遠回りな日本式の学習法を捨て、最短距離を真っすぐ走るアジア式に変える意識改革が必要だと思います。友人の韓国人には、仕事では英語を流暢に使うのに、飲みに行ってワインの話になったら全く話せない。「何で?」と聞いたら「仕事で(ワインの話をする)必要ないから」と答える。狭い分野の必要最低限の単語しか知らないが、それらはしっかり使える。この割り切り方がビジネスの現場では特に大切だと思います。


ページの先頭へ