名言DB

9419 人 / 110788 名言

ジョージ・エリオットの名言

twitter Facebook はてブ

ジョージ・エリオットのプロフィール

ジョージ・エリオット。19世紀イギリスの女流作家。イギリスのビクトリア朝時代の著名な作家。主な著書に『アダム・ビート』『フロス河畔の水車場』『ミドルマーチ』『サイラス・マーナー』

ジョージ・エリオットの名言 一覧

自分のためだけに心の狭い楽しみをひたすら追い求めた結果訪れる幸福は、次元の低い幸福だけです。広い考え方を持ち、自分ばかりでなく世の中の他の人々にも関心を示してはじめて大いなるものと歩調を共にするような、次元の高い幸福を手にすることができる。そうした幸福は、とかくひどい痛みを伴います。幸福とたんなる痛みを分ける方法はただ一つ。こうあるべきだと魂が感じ、あらゆるものの中から選んだかどうかです。


動物は快い友達だ。彼らは、質問もしなければ、批判もしないのだから。


人間の性格は、固くもなければ不変でもなく、活動しており、変化していて、我々の肉体と同じように病気になることもある。


言葉は翼を持つが、思い通りに飛ばないものだ。


ジョージ・エリオットの経歴・略歴

ジョージ・エリオット。19世紀イギリスの女流作家。イギリスのビクトリア朝時代の著名な作家。主な著書に『アダム・ビート』『フロス河畔の水車場』『ミドルマーチ』『サイラス・マーナー』

他の記事も読んでみる

大泉洋

僕はね、NACSという集団で、日本一すごい劇団になってやる! とかそういう思いはなかったわけですよ。基本5人でいるってことが大事だと思ってるから。NACSは安心して帰ってこられるお家であって、戦いのフィールドにはしたくない。でも、「LOOSER」の頃はそういう集団になっていたのかな? と。個人がいい仕事をやっていく上でも、NACSの舞台はよくしなきゃいけない! みたいな。それが最近、またいい意味でなくなって、お客さんに楽しんでもらえるものを楽しくやろうっていう感覚になったんだけど……。さらにもう一周して、今はNACSで賞を獲りたいなと思ってるんですよ。非常に下世話な言い方ですが、わかりやすく認められたいなと。「○○賞は、TEAM NACS!」って呼ばれるの、いいですよねえ。前はそんなこと恥ずかしくて考えもしなかったけど、最近漠然と思うようになって。僕は、NACSで賞を獲るべく動いていこうと思います!


ロベルト佃

私が代理人契約をしている選手全員の共通点は、「絶対に負けない」という気持ちを内に秘めていること。競争心がある選手しか上にはいけないと思うんです。


磯崎功典

我々はメーカーですから、やはりお客様がドキッとするもの、ワクワクするものをつくる、あるいは飲み方を提案することが非常に重要です。そういう企業風土にしていくにはいままで通りにやっているだけでは駄目で、新しい組織をつくり、そこから新しい価値を生み出していくことも大事だと思っています。


下村節宏

まだ登りつめたわけではないですから、さらに上を目指します。いっそうの努力が必要です。


寺尾玄

私の性格上、現状に満足することは決してない。夢を絶えず持って、それを追いかけていく生活を続けています。


倉本聰

知識とお金で作れるものというのは、たかが知れています。だから僕たちは「創作」という言葉を使っているのです。創作という「創」も「作」も「つくる」という意味ですが、「作」という言葉には、知識とお金で前例に倣って作り上げるという意味合いが込められています。一方の「創」という言葉には、お金がなくても智恵でもって前例にないものを産み出すということを意味しているのです。


蟻田剛毅

さまざまなアイデアは、外からの視点だからこそ生まれてくる。


米山公啓

書くという行為は、入力作業に比べて複雑です。文章を構築し、書く文字を思い浮かべるまでは同じですが、手書きは、文字を手の動きに変換してペンを動かさなければなりません。脳の機能を多く使う手書きの方が、脳の領域を広く刺激するので、脳がより活性化すると考えられる。たとえば、昔のメモを読み返すと、それを書いた時に誰とどこにいたかまで思い出せるのは、活性化した脳が、その時の状況まで一緒に、記憶しているからです。


田中稔哉

数字や実績の管理は重要とはいえ、それだけで部下を評価してしまうと、チーム内の競争が激化し、「競争に負けたら、自分の居場所がなくなるかもしれない」と考える人が増えます。「自分の居場所がなくなる」ことは、組織人にとって最大のストレスになるのです。数字や実績だけではなく、先輩が後輩の面倒を見たり、メンバーの仕事をサポートしたりということもちゃんと見て評価する。


数土文夫(數土文夫)

人間は360度全方位に能力を発揮できるわけではありません。自分の得意な分野など、せいぜい90度です。加えて、最近は金融と工学が一緒になったり、医療とバイオテクノロジーが結びついたりして、新しい知識分野がどんどん生まれています。それを全部一人で網羅できると私は思っていません。