ジョージ・エリオットの名言

ジョージ・エリオットのプロフィール

ジョージ・エリオット。19世紀イギリスの女流作家。イギリスのビクトリア朝時代の著名な作家。主な著書に『アダム・ビート』『フロス河畔の水車場』『ミドルマーチ』『サイラス・マーナー』

ジョージ・エリオットの名言 一覧

自分のためだけに心の狭い楽しみをひたすら追い求めた結果訪れる幸福は、次元の低い幸福だけです。広い考え方を持ち、自分ばかりでなく世の中の他の人々にも関心を示してはじめて大いなるものと歩調を共にするような、次元の高い幸福を手にすることができる。そうした幸福は、とかくひどい痛みを伴います。幸福とたんなる痛みを分ける方法はただ一つ。こうあるべきだと魂が感じ、あらゆるものの中から選んだかどうかです。

ジョージ・エリオットの名言格言|次元の高い幸福を手に入れるには

動物は快い友達だ。彼らは、質問もしなければ、批判もしないのだから。

ジョージ・エリオットの名言・格言|快い友人であるためには

人間の性格は、固くもなければ不変でもなく、活動しており、変化していて、我々の肉体と同じように病気になることもある。

ジョージ・エリオットの名言・格言|性格は変化する

言葉は翼を持つが、思い通りに飛ばないものだ。

ジョージ・エリオットの名言・格言|言葉は思い通りに飛ばない

ジョージ・エリオットの経歴・略歴

ジョージ・エリオット。19世紀イギリスの女流作家。イギリスのビクトリア朝時代の著名な作家。主な著書に『アダム・ビート』『フロス河畔の水車場』『ミドルマーチ』『サイラス・マーナー』

ページの先頭へ