名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ジョージ・イーストマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョージ・イーストマンのプロフィール

ジョージ・イーストマン。アメリカの実業家、発明家。写真フィルムメーカー「イーストマン・コダック」創業者。ニューヨーク出身。経済的理由で高校を中退し働き始める。乾式写真板を開発。特許を取得し写真事業を開始。ロールフィルムを発明し、その後の写真文化に大きな影響を与えた。

ジョージ・イーストマンの名言 一覧

不良品の対策を終えたあと、会社には1ドルも残っていなかった。しかし、それよりもはるかに大切なものが残った。それは世間の評判だ。
【覚え書き|創業当時に大量の不良品を無料交換したことを振り返っての発言】


ジョージ・イーストマンの経歴・略歴

ジョージ・イーストマン。アメリカの実業家、発明家。写真フィルムメーカー「イーストマン・コダック」創業者。ニューヨーク出身。経済的理由で高校を中退し働き始める。乾式写真板を開発。特許を取得し写真事業を開始。ロールフィルムを発明し、その後の写真文化に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

原田泳幸

不採算店舗というものは、時機を逸すると永遠に負の資産のままです。でも、タイミングよく閉めると、成長のための投資になる。お金をどう節約するかを工夫するより、成長のためにどうお金を使うかを考えたいというのが僕のスタンスです。433店舗の閉鎖は、まさに成長のためのお金の使い方のひとつだと思っています。


冨山和彦

誰もが、長年培ってきた経験則や成功体験という色眼鏡をかけている。それをどこまではずし、白地でファクトを見つめられるかが、組織のリーダーにとって最大のチャレンジである。


千田琢哉

数々の経営者をみていると、創業社長には不器用な方が多いのに気がつかされます。器用にどんな仕事でもできるわけではなく、むしろ自分の不器用さに悪戦苦闘しています。地獄のような苦労を重ねています。それでも挫けないのは、「不器用に遠回りをしても、最後に自分ならではのルートがハッキリと浮かび上がる」と確信していたからです。


福田俊孝

入居者の入れ替え時の原状回復費用や専有部分の設備保証もサブリースでカバーしています。住宅では水周りを中心に機器や設備の故障が少なくありません。このサービスは、突発的な修繕費用の発生が重なってしまったお客さまの声からアイデアが生まれました。顧客の課題を一つずつ解決することで、サービスの質を高めています。


関根純

日記を見返すことは多くはありませんが、時々見返しています。以前、ある都市で、祝日の来店者数が前年同日比で150%を記録したことがありました。不思議に思って前年の日記を見返したら、台風の影響で大幅に来店者が減っていました。それだけのことでしたが、もしそれが分からなかったら、何かしら間違った判断を下した可能性がないとは言い切れない。見返す頻度は低いけれど、気づきが得られることは多いと思います。


小宮輝之

動物園で働きたい! 物心ついた頃から動物好きで、愛読書は動物図鑑。家が上野動物園に近かったこともあって、少年時代は動物園に通い詰めました。大学卒業後は東京都の職員となり、多摩動物公園に飼育係として配属。それから約40年、上野動物園の園長を務めたり、動物関連の書籍や図鑑を手掛けたりと、動物オタクとして幸せな月日を過ごしました。


安藤文男

伸びる人は基本は元気で明るい人ですね。そして、怒られてもへこたれずに努力ができる人。


西多昌規

仕事のできる人は、みんな「腹八分目」ならぬ「がんばり八分目」です。人間は常に十割の力を発揮し続けることなど不可能。八割くらいの力で留めておいて、余力を二割残しておく。これが長期にわたって活躍する人に共通するスタイルです。


三宅占二

みんな腑に落ちなくてもある程度業務をこなしますけど、そういう仕事はやらされ感が強く、上手くいかないと「やらせる方がいけないんだ」となってしまいます。だから私は「なぜこれをやるんですかと上司に何度でも聞いてみろ」と言っています。2回、3回聞かれただけで「会社が決めたんだから黙ってやれ!」というリーダーはいりません。実際、こういうリーダーのもとで求める人材は育っていませんし、何よりリーダーを選べないことが部下の不幸ですから。


野田サトル

極限まで余分なコマを削って、1話18ページの中にネタを詰め込めるだけ詰め込んでいるから、話の展開が速いんです。「まだ5巻か!」って感じなんですよ。


髙橋秀幸(経営者)

私は、不祥事の最大の原因として現場と経営の距離が離れすぎていることが挙げられると考えます。


和田眞治(和田真治)

自由化の本当の意義は、独占企業を排除するとか、エネルギー会社同士の再編を進めることではない。新しい知見をどんどん取り入れて、産業を変えていくことだ。