名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジョージ・イーストマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョージ・イーストマンのプロフィール

ジョージ・イーストマン。アメリカの実業家、発明家。写真フィルムメーカー「イーストマン・コダック」創業者。ニューヨーク出身。経済的理由で高校を中退し働き始める。乾式写真板を開発。特許を取得し写真事業を開始。ロールフィルムを発明し、その後の写真文化に大きな影響を与えた。

ジョージ・イーストマンの名言 一覧

不良品の対策を終えたあと、会社には1ドルも残っていなかった。しかし、それよりもはるかに大切なものが残った。それは世間の評判だ。
【覚え書き|創業当時に大量の不良品を無料交換したことを振り返っての発言】


ジョージ・イーストマンの経歴・略歴

ジョージ・イーストマン。アメリカの実業家、発明家。写真フィルムメーカー「イーストマン・コダック」創業者。ニューヨーク出身。経済的理由で高校を中退し働き始める。乾式写真板を開発。特許を取得し写真事業を開始。ロールフィルムを発明し、その後の写真文化に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

西田公昭

言ったことをなかったことにしたい人間が狙うのが、「一貫性効果」です。つまり、時間と場所が変わっても一貫して「言っていない」と言い続ける。追及したい側も、相手に言い続けられると、「そうだつけ」と、いつしか納得してしまうのです。そんなにうまくいくだろうか、と思うかもしれませんが、その有効性は歴史が証明しています。「嘘も100回つけば本当になる」方式は、第2次大戦中、ナチスドイツのプロパガンダで使われたもの。また、戦時中の政治家たちは、戦争に勝てると言い続けていたのに、負けた途端に「勝てるとは言っていない」と責任逃れをはじめたのです。


出井伸之

いま自分のやっている仕事が、どういう時期にあるのか意識しておくことが大切です。一日に例えれば午前のビジネスでまだ準備段階なのか、あるいは夕暮れに差し掛かって儲けている時期なのかということを見極めておくことです。もし日が沈みそうであれば、すぐに次にやるべきことを用意して、再度太陽が昇るようにしないといけません。


井上礼之

大きなものを背負えば背負うほど、決断力は鈍るものです。そこに、わずかでもネガティブな情報や意見が並びはじめると、さらに決断に迷いが生まれてきます。そこで、自分の決断に確信を得るために、他の人の意見に耳を傾けることになるかと思いますが、これがまた決断を鈍らせることになります。私が決断の基準にしてきたのは、「六分四分の理」。どちらにも理があり、どちらとも正しいことのほうが多いものです。それでも一方に六分の理があれば実行に移し、必要であれば戦略を軌道修正するという考え方です。


フィリップ・コトラー

イノベーションを生み出す上で重要なのは、自分たちが現在直面している様々な問題を解決する方向でのイノベーションを目指すことです。


原田泳幸

消費者を驚かせるような新商品を出し、消費者の関心をグイッと引き寄せて爆発的にヒットさせる。それだけでは儲からないんです。消費者の認知を集めるために、大きなプロモーションコストがかかるからです。じゃあなぜ奇抜な商品を出し続けるのか、それはその集客力でキャッシュカウを育み続けるためです。爆発的なヒットはありませんが、確固たるブランドを持ち、広告宣伝のためのコストをかけずとも安定して売れ続ける、営業利益率が高い商品。それがキャッシュカウです。うちの商品でいえば、ビッグマックがそれにあたります。


中村獅童(二代目)

演じることが好きで役者をやっていますから、仕事が辛いと思ったり、投げ出したいと思ったりしたことはありません。どんなことがあっても芝居に出るのは、僕にとって当たり前のこと。


津田晃

はじめに相手のことについての話題で会話のキャッチボールができると、お互いの緊張や相手のガードが解けて、商談も切り出しやすくなります。


朝倉千恵子

私の辞書には、「とりあえず」も「いちおう」も、さらには「まあ、いいか」もありません。これらの言葉や態度には、責任も覚悟も欠け、「逃げ」の姿勢が見え隠れしているからです。自分の身を守りたいという思いがにじみ出た保険用語を聞かされて、気持ちがいいわけがありません。だから、そういう言葉は使わない、使わせない。そのためには、事実と、それに対する自分の見方を分けて伝えるようにするのです。「あいまいな事実」などないからです。「事実はこうです。それに対して自分はこのように思っています」と。事実と意見を分けて話をすれば、論理は明快になり、できていることとできていないことがはっきりするため、聞く側も気持ちよく聞けるものです。


グラハム・ベル

ときには踏みならされた道を離れ、森の中へ入ってみなさい。そこではきっと、あなたがこれまでに見たことがない、何か新しいものを見出すに違いありません。


鈴木博之(経営者)

ハーバード大学にアドバイスを求めたところ、3人の先生を派遣していただきました。起業とはどうあるべきかの議論の中で出てきたのは、大阪は政府から離れた場所に位置し、自由があり、起業の環境は良いというものでした。最初から役所頼みでいると規制の範囲内でしか発想が出てこないからむしろマイナスだという論です。それと、これは日本全体に言えることですが、1度失敗したら復活が難しいという風土は改善しなければならないということです。


飯田亮

「失速感」「閉塞感」。その言葉が若い経営者の口から出る度に私は怒っていました。それは自分で閉塞感を勝手に感じてるだけのことで、他の人はそんなこと構わず頑張っているぞと。


佐々木常夫

仕事を通しての達成感があったからこそ、家族とも真正面から向き合え、苦難を乗り越えられたのだと確信しています。