名言DB

9429 人 / 110879 名言

ジョージ・イーストマンの名言

twitter Facebook はてブ

ジョージ・イーストマンのプロフィール

ジョージ・イーストマン。アメリカの実業家、発明家。写真フィルムメーカー「イーストマン・コダック」創業者。ニューヨーク出身。経済的理由で高校を中退し働き始める。乾式写真板を開発。特許を取得し写真事業を開始。ロールフィルムを発明し、その後の写真文化に大きな影響を与えた。

ジョージ・イーストマンの名言 一覧

不良品の対策を終えたあと、会社には1ドルも残っていなかった。しかし、それよりもはるかに大切なものが残った。それは世間の評判だ。
【覚え書き|創業当時に大量の不良品を無料交換したことを振り返っての発言】


ジョージ・イーストマンの経歴・略歴

ジョージ・イーストマン。アメリカの実業家、発明家。写真フィルムメーカー「イーストマン・コダック」創業者。ニューヨーク出身。経済的理由で高校を中退し働き始める。乾式写真板を開発。特許を取得し写真事業を開始。ロールフィルムを発明し、その後の写真文化に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

田中洋(マーケティング)

消費者を惹きつけるための「マジックを効かせた」ブランドをつくるためには、例えば、アップルの場合はスティーブ・ジョブズ、シャネルならココ・シャネルのように、創業者の伝説などを用いてストーリー性を持たせる手法もある。


松尾静磨

私は中学時代から長いことテニスの選手生活を送ったが、シングルスでセットオールにでもなると時間を食う。それも、夏のじりじり照る日中の試合は大変だ。ゲームの途中に息切れがしてこれ以上やれるかどうかというヤマが必ずある。だが、自分がくたくたのときは相手もまいっているはずだ。そこで「なにくそ!」という闘志が湧く。それが精神力である。


戸塚隆将

人生においてワーク・ライフ・バランスは無視できない要素です。しかし、私は個人的に短期のみでワーク・ライフ・バランスを考えるのは近視眼的と考えます。グローバルファームで働く人たちに見られるように、中長期的にバランスを取るという意識も有効と考えます。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

今日オフィスに来たら社員のひとりが疲れた表情をしている。そういうとき、声をかけてはいけない雰囲気になりがちですが、僕はすぐに「元気がなさそうですね」と冗談っぽく声をかけるんです。そうすると、明るい表情に戻ったりする。要は「自分を見てくれている」ということが大事で、そこから少しずつ信頼関係ができてくる。


永守重信

10兆円を目指すと言うと、世の中の人は「またホラをふいて」と呆れますが、1000億円から1兆円を目指すと公言した時も、人々はホラだといって信用しませんでした。でも、実現しています。


ケリー・マクゴニガル

エール大学の研究によると、「ストレスを害だと思っている人」は、「ストレスがポジティブな力になり得ると思っている人」よりも、気分が落ち込む傾向が高いことが明らかになっています。そういう人は同時に、腰痛や頭痛のような「ストレスからくる健康問題」を、他の人より多く抱えているといいます。言い換えれば、「ストレスを多く感じること」「ストレスは体に害だと考えること」、この2つの組み合わせによって、心身の問題を引き起こすリスクが高まる、とも言えるのです。


鈴木章裕

ある事件が理由で、14年度の粗利が34%吹き飛んでしまいました。私自身は「これは駄目かもしれない」と覚悟を決めましたが、すべての社員が「大切な会社と仲間を守る」と熱い決意で一つになり猛烈に働いてくれた結果、事件の7か月後には創業以来最局の売り上げと利益をあげることができた。


トマス・J・スタンリー

他の業界に比べ、個人経営の証券ブローカーの収入はずっと高いし、投資に必要な各種の調査データも簡単に入手できる立場にある。自分のコミッション分だけ安く売買できる。これだけの条件がそろっているのに、この高所得の投資専門家たちが資産家であることはすごく稀だ。私たちは何人もの証券ブローカーに理由を聞いてみた。「株をずっと持ち続ければ金持ちになれることはわかっているんだが……だけどついつい動かしてしまうんですよ。株価の上がり下がりをモニターでずっと見ていますから」


加藤寛一郎

熟年になっても自分を甘やかさない気持ちというのは大事ではないでしょうか。たとえば、私はもともと太りやすい方ですが、格闘技をするためと健康のために独自の減量法を編み出し30数年来続けています。


小杉友巳

私は仲間こそが生涯現役の一番のキーポイントだと考えています。人は一人では生きていけませんし、一人でできることも限られています。仲間とはあなたのできないことを助けてくれる人たちであり、またあなたにしかできないことで助けてあげられる人たちのことでもあります。