ジョージ・イーストマンの名言

ジョージ・イーストマンのプロフィール

ジョージ・イーストマン。アメリカの実業家、発明家。写真フィルムメーカー「イーストマン・コダック」創業者。ニューヨーク出身。経済的理由で高校を中退し働き始める。乾式写真板を開発。特許を取得し写真事業を開始。ロールフィルムを発明し、その後の写真文化に大きな影響を与えた。

ジョージ・イーストマンの名言 一覧

不良品の対策を終えたあと、会社には1ドルも残っていなかった。しかし、それよりもはるかに大切なものが残った。それは世間の評判だ。
【覚え書き|創業当時に大量の不良品を無料交換したことを振り返っての発言】


ジョージ・イーストマンの経歴・略歴

ジョージ・イーストマン。アメリカの実業家、発明家。写真フィルムメーカー「イーストマン・コダック」創業者。ニューヨーク出身。経済的理由で高校を中退し働き始める。乾式写真板を開発。特許を取得し写真事業を開始。ロールフィルムを発明し、その後の写真文化に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

鍜治真起

規模が大きくなると、どうしても商品やサービスが、自分の手の届かない読者やお客さんに向けたものになってしまいます。でも、手の届かないお客さんに向けた仕事って、どうなんでしょう。どうも僕にはピンときません。


小沼大地

青年海外協力隊の活動後、日本に帰ってきてまず驚いたのが、就職した友人たちの目が輝いていないように見えたことでした。もともとみんな熱いやつらだったんです。でも、帰国して僕がシリアで経験したことや社会貢献の大切さを語ると、「そんな話をしていると、日本の会社では浮いてしまうぞ。早く大人になれ」という。僕の目には、彼らよりシリアの人たちのほうがエネルギーに満ちて幸せそうに見えました。ただ、そういう僕も会社で働くうちに熱さを失ってドライな大人になっていくかもしれない。それが嫌だったので、まだ目が輝いている友人たちと月1回飲む会をつくりました。この熱さに耐えられる人をそれぞれ連れてこようという話になって、4人で始めた飲み会が10人になり、20人になり。人数が増えたところで、「コンパスポイント」と名前をつけて、きちんとした勉強会にしました。いまも会は続いています。


川相政幸

今変わりたいと思っている人をサポートすることが重要。


高島郁夫

読み終わった本や雑誌はどんどん捨てます。自宅にある本は20冊くらいかな。情報は使い終わったら捨ててしまってもいいものなんです。


高橋忠仁

心だけでなく物もピンチを乗り切る要因になります。具体的には、会社の財務基盤を安定させておくことです。そのため当社では、かねてから自己資本比率を高めてきました。その割合は70%超と、業界トップの水準です。厚い自己資本があったおかげで、仮に1、2年売上がなくても社員に給料やボーナスを支払えると明言できましたし、事業買収案件もスムーズに話がまとまりました。思わぬトラブルを解決するには、理念だけでなく財務的な蓄えも必要です。


樺沢紫苑

脳が疲れて論理的思考力が落ちると、逆にクリエイティブな発想力が高まるので、午後はアイデア出しなどリラックスした作業をするとはかどりますよ。


渡瀬謙

話を聞くのがつらく感じるのは相手の話が面白くないからで、面白くないのは相手が本音で話していないから。本音を引き出すまで話を聞けば、どんな話も面白くなる。


奥島孝康

「その気」にさせなければ、本気で人は動かない。人が本気で動くためには「ミッション(使命感)」と「パッション(情熱)」が必要である。


施崇棠(ジョニー・シー)

今は、正しいトレンドの波が来た時にちゃんと乗れるよう、たくさんの「石」を水の中に置いているところです。ロボットやVR(仮想現実)などがそれに当たります。


水野敦之(経営者)

創業者が第一線から去った今、アルペンはもう一度「顧客志向」を深耕しなくてはいけない。


早河洋

成功と失敗は紙一重。ギリギリの状況で、上司や部下、様々な人に支えられたことが成功につながり、今の自分があるのだと実感する。


斉藤惇

ビジネスのコミュニティの中でセンチメント(心理)が変わるというのはすごく大きなことで、何か事が動いていく重要な要素のひとつ。


福島文二郎

モチベーションを維持するには、働きがいややりがいを実感できることが不可欠ですが、自分一人でそれを感じられる人は、じつは少ない。最初は会社や上司、先輩などが、働きがいを感じられる機会を与える必要があると思います。


五百田達成

自分から働きかけ、周囲への関心を示し、ともにいる人が話しやすい状況をつくること。この姿勢があれば、人の輪に入っていくことは決して難しいことではありません。


吉本隆明

危ないから壊して捨てる。この処方箋はとてもわかりやすいもの。しかし、そのわかりやすさや早急さに引っ張られ、僕ら庶民が自分の頭で考えることをやめてしまうのは最もいけないことだと思う。


ページの先頭へ