名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・D・ロックフェラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・D・ロックフェラーのプロフィール

ジョン・D・ロックフェラー、アメリカの実業家。石油で巨万の富を得た人物。石油王と呼ばれる。世界有数の石油企業スタンダード・オイル創業者、剛腕と独占的商売方法に多くの批判を受ける人物。ストレスによって大病を患ったあと、人が変わったかのように慈善事業へ巨額の寄付を行う。シカゴ大学の設立などにも関わる。以降ロックフェラー家には米国のリーダー的な人物が多数現れる

ジョン・D・ロックフェラーの名言 一覧

組織を活かすのは人間だ。機械でもなければ工場でもない。


私は災難が起こるたびに、これを良いチャンスに変えようと努力し続けてきた。


金を稼げるだけ稼ぎ、維持できるだけ維持し、与えられるだけ与えるのは男の義務である。


「偉大なもの」のために「良いもの」を諦めることを恐れてはいけない。成功の秘訣は、あたりまえのことを、特別上手にすることだ。金を手にして得意がるのは愚か者だけだ。


よし、金銭の奴隷になるのはもうやめた。ひとつ、金銭を奴隷に使ってやろう。(覚書き|大病前後でロックフェラーの人生がからりと変化する。以前はクリスマスキャロルの守銭奴スクルージのような人物であったが、病気から復帰後、積極的に慈善事業へお金を回すようになった)


お金を儲けたい人達を組織してそこへ良い商品、良い情報を流せ。


事業は自分のためより人のためにすることで出発せよ。


事業の成功には、奇跡はない。永遠の成功は自分を信ずることだ。


私は災難が起こるたびに、これを良い機会に変えようと努力し続けてきた。


十セントを大切にしない心が、君をボーイのままにしているんだよ。


快楽におぼれる人生ほどつまらない生活は思い当たらない。


もし、あなたが成功したいのなら、踏みならされ受け入れられた成功の道を行くのではなく、新たな道を切り開きなさい。


全ての権利は責任を、全ての機会は拘束を、全ての所有は義務を暗示する。


私はいかなる失敗も、チャンスに変えるよう常に努力してきた。


いかなる種類の成功にとっても粘り強さほど大切なものはない。粘り強ささえあれば、ほぼなんでも乗り越えることができる。


ジョン・D・ロックフェラーの経歴・略歴

ジョン・D・ロックフェラー、アメリカの実業家。石油で巨万の富を得た人物。石油王と呼ばれる。世界有数の石油企業スタンダード・オイル創業者、剛腕と独占的商売方法に多くの批判を受ける人物。ストレスによって大病を患ったあと、人が変わったかのように慈善事業へ巨額の寄付を行う。シカゴ大学の設立などにも関わる。以降ロックフェラー家には米国のリーダー的な人物が多数現れる

他の記事も読んでみる

堀威夫

言い訳は厳禁。言い逃れをしようとすればするほど、発言の整合性が取れなくなったり、突っ込まれたときに根拠を持って切り返せなかったりして、負のスパイラルに陥る。潔さを持って、即対応する。ここまで業界で生き残ってきた、僕のリスクマネジメントはこれに尽きます。


岡本太郎

人生、即、芸術。


高島郁夫

初めてトライアスロンに挑戦したのは15、6年前です。当時は会社を始めたばかりで、資金繰りや人間関係の問題など悩みを抱えていました。そこで過酷なスポーツに挑戦することで、メンタルタフネスが向上するのではないかと期待したのです。そしてその効果は確かにありました。トライアスロンは他の参加者とタイムを競いますが、本質は自分との戦いです。がむしゃらに泳いだり自転車をこいだりしていると「ちくしょう、負けてたまるか」と闘志が湧いてきます。


大山健太郎

アイリスは製造業に分類されますが、ものをつくるだけの会社ではありません。これまでも、顧客に新たな価値を提供して、生活スタイルを変える商品を生み出すことで、会社の核となる分野を広げてきました。ここで重要なのは、ものをつくること以上に顧客のニーズをつかみ取ること。消費者の生活の変化を意識して開発することです。


草野顕之

先日、小学校の教壇に立つ卒業生と話をしたのですが、彼女はまず生徒の言い分をじっくりと聞き、感情に寄り添うことが、困難な問題を氷解していく力になることを実感していると言っていました。


徳光正子

私の父は、従業員やお取引先の皆様を「一緒に働くパートナー」だと言っていました。若いころか私が、「そんなつもりでいたら、いつかだまされるかもしれないよ」と反発したら、「そんなに信頼できない相手なら、一緒に仕事をするな」と叱られました。仕事をする以上、相手を信じ尽くせということです。


内藤誼人

部下を褒めるときのポイントは「二枚舌は逆に使う」こと。つまり、誰かを褒めるときは、本人じゃなく周りに公言する。人は同じ褒め言葉だとしても、当事者に面と向かって言われるより、別部署の人など、回りから聞かされるほうがうれしいのです。


喜多村円

過去の体験談はさておき、これからの話をしませんか。
【覚え書き|取材に来た記者に対しての発言】


佐藤琢磨

F1で1番になるには、10年近いキャリアが必要だと思いました。当時は37~38歳で引退する選手がほとんどで、ピークは25~35歳。自分の夢も必然的にその年齢でF1の舞台に上ることになりました。F1で優勝するレーサーは、飛び級のようなルートでステップアップする例が多く、憧れていたセナもブラジルから渡英し、英国F3を制してF1に上がっていた。僕も彼と同じように英国F3を制することを目標にしました。それも何年もかけるのではなく、2年で制覇して、圧倒的なインパクトを周りに与えたいと思いました。そのためにもF3に上がるまでを逆算し、渡英して1年半はジュニアカテゴリーに参戦して、土台を作るための修業期間だと考えました。


井上明義

創業して、まずは個人住宅の鑑定料を「定額」にしました。定額という試みは、当時の鑑定業界の常識を打ち破るものだったと思います。かなりの反響がありました。ただ、しばらくすると金融機関から「もっと安くできないか」と要望が寄せられました。話を聞くと、融資対象の物件によっては、価格の変動だけを知りたいとか、以前に評価した更地に建物が建ったかを知りたいとか、必ずしも鑑定評価でなくてもいい情報が求められていることも多い。そこで、不動産鑑定ではなく、地元不動産会社へのヒアリングを含む現地調査や、登記簿調査などによる簡易な「調査」をすぐに商品化してニーズに応えたのです。


吉永泰之

どこの市場であれ、「スバルでなければダメ」というお客様が必ずいます。市場を国によって分類するのではなく、共通の価値観を持つ層をきちんと捉えていくことが大切だと考えています。


古賀辰男

優秀な社員を引きとめたいと思うのなら、昇進、昇給はいうに及ばず、希望の部署に異動させるなど、あらゆる手を打つこと。打つ手に意味があるというよりは、その部下を何としてでも引きとめたいという気持ちを伝える。つまり「熱意」を見せることで相手の心を動かすのだ。