名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ジョン・D・ロックフェラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・D・ロックフェラーのプロフィール

ジョン・D・ロックフェラー、アメリカの実業家。石油で巨万の富を得た人物。石油王と呼ばれる。世界有数の石油企業スタンダード・オイル創業者、剛腕と独占的商売方法に多くの批判を受ける人物。ストレスによって大病を患ったあと、人が変わったかのように慈善事業へ巨額の寄付を行う。シカゴ大学の設立などにも関わる。以降ロックフェラー家には米国のリーダー的な人物が多数現れる

ジョン・D・ロックフェラーの名言 一覧

組織を活かすのは人間だ。機械でもなければ工場でもない。


私は災難が起こるたびに、これを良いチャンスに変えようと努力し続けてきた。


金を稼げるだけ稼ぎ、維持できるだけ維持し、与えられるだけ与えるのは男の義務である。


「偉大なもの」のために「良いもの」を諦めることを恐れてはいけない。成功の秘訣は、あたりまえのことを、特別上手にすることだ。金を手にして得意がるのは愚か者だけだ。


よし、金銭の奴隷になるのはもうやめた。ひとつ、金銭を奴隷に使ってやろう。(覚書き|大病前後でロックフェラーの人生がからりと変化する。以前はクリスマスキャロルの守銭奴スクルージのような人物であったが、病気から復帰後、積極的に慈善事業へお金を回すようになった)


お金を儲けたい人達を組織してそこへ良い商品、良い情報を流せ。


事業は自分のためより人のためにすることで出発せよ。


事業の成功には、奇跡はない。永遠の成功は自分を信ずることだ。


私は災難が起こるたびに、これを良い機会に変えようと努力し続けてきた。


十セントを大切にしない心が、君をボーイのままにしているんだよ。


快楽におぼれる人生ほどつまらない生活は思い当たらない。


もし、あなたが成功したいのなら、踏みならされ受け入れられた成功の道を行くのではなく、新たな道を切り開きなさい。


全ての権利は責任を、全ての機会は拘束を、全ての所有は義務を暗示する。


私はいかなる失敗も、チャンスに変えるよう常に努力してきた。


いかなる種類の成功にとっても粘り強さほど大切なものはない。粘り強ささえあれば、ほぼなんでも乗り越えることができる。


ジョン・D・ロックフェラーの経歴・略歴

ジョン・D・ロックフェラー、アメリカの実業家。石油で巨万の富を得た人物。石油王と呼ばれる。世界有数の石油企業スタンダード・オイル創業者、剛腕と独占的商売方法に多くの批判を受ける人物。ストレスによって大病を患ったあと、人が変わったかのように慈善事業へ巨額の寄付を行う。シカゴ大学の設立などにも関わる。以降ロックフェラー家には米国のリーダー的な人物が多数現れる

他の記事も読んでみる

佐々木毅

長く生きる人間が増えたということは、学ぶことのチャンスが増え、色々なチャレンジが出来る可能性が広がってきたということを意味する。


金丸恭文

当社は外部からヘッドハントしたい企業のトップランクにいます。新しいことを求めて外に出る人も多い。そうした人材を活かすため、グループ内に、みんなが望むビジネスができるベンチャーを生み出そうと。それを明確にするために、持ち株会社の形にしたのです。


太田肇

小さなミスを恐れて大胆な行動をとらないと、小さなミスを失点にカウントされる。小さなミスを恐れずに大胆な行動をとりつづけると、小さなミスを犯しても失点にカウントされない。出すぎた杭になってしまえば、打たれることは少ない。


神田昌典

なぜ、大勢で本を読むことが効果的なのか。ひとつにはやはり、自分一人では考えもつかなかったような視点が得られることです。同じ本を読んでも、受け取り方・感じ方は人によってバラバラだからです。


澤上篤人

やるべき時は全力で取り組んでほしい。


キャロル・ドゥエック

成功を収めたければ、絶えず新しいことに挑戦し続けなければなりません。そこには失敗はつきものです。その失敗をフルに生かさなければ成長はありえないのです。


坂根正弘

最近になって品質関連の不祥事が目立っている。それは結局トップの意識の問題に見えます。「社長や上司がコストのことしか言わない」。そう社員が考えるときっと品質管理で手を抜きます。現場はトップの方針、要求に合わせて動きますから。トップがどういう価値観で社員を引っ張るか。大事なのは品質に関心を持っている姿勢を見せることでしょう。社長が工場を回るだけでも違います。


三枝利行

会社は一つの組織なので規範を持つことは大切ですが、物事を前に進めるときは、社内のルールではなくグローバルなルールというか、もっと高い位置からの視点を持って取り組むべきだと思うのです。アクセルは外側の目で踏んで、ブレーキは内側の目で踏むという感じがいいと思いますね。


松井順一

自分や部下のクセを知ったうえで、どの能力を生かし、どの点を補えばいいかを考える視点を持ちましょう。クセを力ずくで矯正しようとすると、結局はなんの強みも魅力もない没個性な人間を量産することになりかねません。すると個人の能力も発揮できず、結果的に組織の競争力も失われてしまいます。


出井伸之

私は日本企業の改革について、「企業を二つに分け、既存の事業を行う組織と新しいことに注力する組織につくり替えよ」と公言している。第一で従来型の経営を続け、第二では創造的な取り組みをする。旧体制をつくり替えるのは難しいが、新たに「第二」を走らせることで、新しい芽を育てていく。


寺澤康介

リクルーターには、仕事に前向きな社員を選びましょう。仕事の愚痴や内部情報を漏らしてしまう事例もあるため、十分トレーニングを積ませた方が良いですね。真面目な学生ほど不用意な一言を真に受けてしまいがちです。


鈴木喬(経営者)

「経営者になりたい人は、勝負事をしなさい」と言いたい。何でもいいからもっと勝負事をして、勘を磨いたほうがいい。学校で勉強しているだけでは実戦感覚は養えません。私のまわりを見ても、学生時代に雀荘に入り浸っていたようなヤツほど、今でもしたたかに商売をやっていますよ(笑)。数多くの現場をよく見て、自分の頭でよく考えて大局観や勘を養う。そして、ここぞという時には、みんなの反対を押し切っても逆張りで勝負に出る。絶対に成功させるという覚悟をもって実行する一方で、やはり現場をよく見て、ダメだとわかればいち早く撤退することも考える。こうした芸当ができてこそ経営者なのです。