名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・K・ソルハイムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・K・ソルハイムのプロフィール

ジョン・K・ソルハイム。ゴルフクラブメーカー「ピンゴルフジャパン」社長。PING(ピン)創業者カーステン・ソルハイムの孫。高校生時代からPINGの技術部門で働く。アリゾナ州立大学機械工学科卒業、同大学でMBAを取得。米国本社副社長、日本法人社長を務めた。

ジョン・K・ソルハイムの名言 一覧

現状に満足せず、PINGのゴルフクラブのファン層を拡大するためにも、さらなる努力を続けていくことが、我々に課せられた課題。


現在、日本のゴルファー数は減少傾向にあるといわれています。そんな中、PINGではゴルフの発展やファン層の拡大に向け、ジュニアスクールはもちろんのこと、もっと気軽にゴルフを楽しめる様々なイベントや場所をつくっていきたい。今後もゴルフの発展はもちろん、ゴルフを始める人を増やすための底辺拡大に努めていきます。


ジョン・K・ソルハイムの経歴・略歴

ジョン・K・ソルハイム。ゴルフクラブメーカー「ピンゴルフジャパン」社長。PING(ピン)創業者カーステン・ソルハイムの孫。高校生時代からPINGの技術部門で働く。アリゾナ州立大学機械工学科卒業、同大学でMBAを取得。米国本社副社長、日本法人社長を務めた。

他の記事も読んでみる

菅広文

継続するためには、自己嫌悪に陥らないようにすることが大切。僕の場合は、本を執筆するときの話ですが、自分を嫌いにならないようなスケジュールの組み方をします。たとえば、3か月後までに6万字書く必要があるとしたら、早めに取りかかり、1日のノルマを簡単にできる千字程度に設定するのです。すると、1日に2千字書けたときは、「1日分、貯金できたな」と思えて、気持ちが良い。「また貯金をしよう」と思えて頑張れるんです。


小久保裕紀

プロで活躍するようになると、ある程度自分の思い通りになるので、怖い存在を遠ざけることも可能になります。でも、やっぱり本気で怒ったり、叱ったりしてくれる人がいないと、なかなかそれ以上成長するのは難しいでしょうね。引退した後に苦労している人も多いと思いますよ。


山崎元

所有することが社会的なポジションを表現する財産を「地位財」と呼びますが、この扱いが厄介です。たとえば、広くて立派な家は住人の経済力をアピールするし、自動車や高級時計、高級な衣服、子供に与える教育によって地位が示される場合もあります。ほとんどの人は地位財にこだわるのはくだらないと頭ではわかっています。でも他人の地位財に影響を受けてしまう。こうした人間の本性とも言える衝動に抗えるかどうかが、今後の人生の幸福度を左右します。


堤清二

もういっぺん、無印良品とは何かをはっきりさせる必要がある。それは、合理化なのか、新生活運動なのか、それとも消費者の自由を確保することなのか、ファッション・デザイン性なのか。それがはっきりとするまでは、新アイテムの追加はなくてよい。コンセプトが曖昧になったら終わりである。


マーガレット・サッチャー

英国政府はもはや、みなさんの面倒を見ることができません。どうか自分の足で立ってください。


鈴木敏文

変化はチャンスになる。工夫次第で成長は可能だ。


桑原豊(経営者)

どうすれば周りに好かれる人間性を身につけられるのか。私がよく言うのは、素直なこと、嘘をつかないこと、そして上司ではなくお客様のほうを向いて仕事をすることです。どれも当たり前のことですが、常にそうあろうとするのは意外に難しい。だから信頼される人とそうでない人が出てくるわけです。


笹川祐子

人任せにせず、問題をうやむやにせずに解決してきたので、その後は、同じような問題は起きなくなりました。


中井戸信英

役員の健康なくして、企業の発展はあり得ない。


槍田松瑩

まわりに惑わされず、自分の頭でよく考えて納得できる仕事、人生を目指してほしい。


山田直美(社会起業家)

家賃はもちろん、フードや生活用品費、ワクチン接種や薬の費用、去勢手術費用……運営にはたくさんの資金が必要になります。寄付集めや街頭募金活動も必死ですよ。加えて、行政や信頼できる団体と連携しながら譲渡会や写真展などのイベントを開催したり、併設しているペットホテルとトリミングサロンの売り上げをシェルター運営に充てたりして、何とか費用を捻出しています。「かわいそう」「助けてあげたい」という感情だけでは、決して続きません。持続可能にするための仕組みをきちんと考えること、そして、何としてでもやり抜くという覚悟。それが重要だと思っています。


進藤孝生

30代の頃に留学した米・ハーバードビジネススクールでは「マネジメントコミュニケーション」という授業があり、一部の社員を解雇する一方で、残った社員には頑張ってもらう、その両方を同時に満たすスピーチ文を書かされたこともあります。そうした経験から、従業員などへの話し方には、ずっと意識して取り組んできました。