ジョン・K・ソルハイムの名言

ジョン・K・ソルハイムのプロフィール

ジョン・K・ソルハイム。ゴルフクラブメーカー「ピンゴルフジャパン」社長。PING(ピン)創業者カーステン・ソルハイムの孫。高校生時代からPINGの技術部門で働く。アリゾナ州立大学機械工学科卒業、同大学でMBAを取得。米国本社副社長、日本法人社長を務めた。

ジョン・K・ソルハイムの名言 一覧

現状に満足せず、PINGのゴルフクラブのファン層を拡大するためにも、さらなる努力を続けていくことが、我々に課せられた課題。


現在、日本のゴルファー数は減少傾向にあるといわれています。そんな中、PINGではゴルフの発展やファン層の拡大に向け、ジュニアスクールはもちろんのこと、もっと気軽にゴルフを楽しめる様々なイベントや場所をつくっていきたい。今後もゴルフの発展はもちろん、ゴルフを始める人を増やすための底辺拡大に努めていきます。


ジョン・K・ソルハイムの経歴・略歴

ジョン・K・ソルハイム。ゴルフクラブメーカー「ピンゴルフジャパン」社長。PING(ピン)創業者カーステン・ソルハイムの孫。高校生時代からPINGの技術部門で働く。アリゾナ州立大学機械工学科卒業、同大学でMBAを取得。米国本社副社長、日本法人社長を務めた。

他の記事も読んでみる

林田正光

気づきや思い付きは、その瞬間に書き留めておかないと忘れてしまいます。ですから、思いついたことや気づいたことを、とりあえずポイントだけ、一言二言書き留めます。後からそれを整理して、別のノートに書き写します。そのタイミングは2~3日に一度、といったところです。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

特別なイベントが控えているからといって習慣を変えるのはリスキー。特別な日だからこそ、いつも通りに過ごすことが重要。


飯島勲

日本の企業は、20代から60代までの社員で構成されているところが多い。この中で対人スキルを向上させるには、どれだけ自分と遠い年代の人間と接点をつくれるかがカギになる。特に年齢が上の人間は、若い人との接点を常に持つような環境をつくる意識を持ったほうがいい。


安田弘

経済や法律といった細かいことではなく、財閥の当主は広くあまねく人間力、道徳をきちんとわきまえなければならないというのが2代目(安田)善次郎の考えだったんです。当時の人は、大きい組織を統べる人には、人間力、道徳観、倫理観が大事だという考え方が非常に強くあったようですね。


太田光代

再就職を目指して動き出す前に、必ず、築いてきたキャリアを丁寧に振り返ってください。自分は何に長けているのか、何が向いているのかを第三者になったつもりで突き詰めましょう。これまでの勤務先や取引先から評価された客観的な事実、上げた実績を中心に自分の強みを探すんです。


菊地敬一

もちろん既存店の増収にはこだわっていきますが、今後は更にM&Aなどで時間を節約しながら店舗数を拡大するダイナミズムへの転換期が来ているという気がしていますね。ヴィレッジヴァンガードは空間さえつくり上げればあとは何を売ってもいい。僕らのメソッドを投入してヴィレッジヴァンガード色に染め上げていけば1000店は見えています。


福原裕一

外国人留学生の採用も始めました。彼らは起業意欲が高く、向上心も旺盛なので、日本人社員にも良い刺激を与えています。


加藤照和

経営者感覚を持つ社員を育てるには、40代前後で小さな会社の責任者を経験するのが一番だと思います。つまり、自分が最終の意思決定者であり、自分の後ろにはもう誰もいないという状況に置かれることです。


美輪明宏

人間関係で一番大事なのは、腹八分ではなくて腹六分。腹八分だと多すぎるのです。夫婦、恋人、親子、兄弟、友達、仕事関係、すべて腹六分でお付き合いしなさい。「親しき中にも礼儀あり」これが鉄則です。


佐藤昌弘(コンサルタント)

接触頻度が高いほど、信頼関係を培えるのは事実です。お客様のところにマメに通うことは基本中の基本です。しかし、1から2回目の訪問で、すぐに嫌がられる営業マンは少なくありません。その理由の多くは、どんな相手にも一種類の営業トークしかしていないことです。しかも、何回目の訪問でもそれを繰り返す。この方法では、よほど押しの強い人しか生き残れません。そこで私が実践したのは、関心がありそうな項目を複数用意して、小出しにぶつけることです。


小嶋淳司

商売のいいところは、自分の努力が結果となって現れて判断されることです。商売だけは、たかだか高校生の青二才でも、結果で自分を実証できる。そういう世界です。商売ほど結果が出る面白いものはありません。


草刈貴弘

企業価値の向上があってこそ株主価値の向上がある。


吉本隆明

生涯の中で直面する事件、事変をどう捉えるか。精一杯、自分で考えることが、大人という成熟への抜け道になるというか。誰かが示した安易で、簡単な答えに飛びつかないことが大切。


佐渡島庸平

父の仕事の都合で、中学1年から中学3年の夏までをヨハネスブルクで暮らしました。わずか2年半の期間ですが、人生観や仕事に対する価値観など、人間のベースとなる部分は、この時期に形成されたと言ってもいいほどです。


和田秀樹

謙虚な姿勢で臨めば、好感度がアップします。僕自身、警戒されないように、初対面の場では「昔から女にモテなくて……(笑)」なんて自分を落としてから相手に近づくようにしています。もちろん、謙虚な態度が好きな日本人は多いでしょうが、自信がなくて頼りない……と感じる人も。そんな人には、しっかりと頼りがいのある話し方をしてみたりして、相手によって話し方を切り替えていきましょう。


ページの先頭へ