名言DB

9413 人 / 110706 名言

ジョン・A・ソルハイムの名言

twitter Facebook はてブ

ジョン・A・ソルハイムのプロフィール

ジョン・A・ソルハイム。ゴルフクラブメーカー「PING(ピン)」会長CEO(最高経営責任者)。PING(ピン)創業者カーステン・ソルハイムの子。高校卒業後、父と共に同社を成長させた。

ジョン・A・ソルハイムの名言 一覧

当社では、前作のパフォーマンスを超えないクラブは絶対に発売しないというポリシーを貫いています。


クラブメーカーとして、PINGのゴルフクラブを使用しているゴルファーの方々に最高の結果をもたらすことが、その使命だと思っていますし、そのためにも、開発の拠点である本国の米国の開発陣は、常にアンテナを張り巡らせ、新しいことへの挑戦を続けている。


モノ作りに対して、絶対に妥協はしない。追究し尽くしたクラブだから、常に300ヤード以上飛ばすツアープロのバッバ・ワトソンも、一般のアマチュアゴルファーも全く同じヘッドを使ってパフォーマンスを発揮できる。ここまでの商品開発へのこだわりは、当社だからできること。全てはゴルファーにとってのベストのためにです。


「PINGの商品サイクルには一貫性がない」という声もよく聞かれますが、これこそがPINGのモノ作りに対するこだわりであり、新製品に関して、前作の性能を超える最高の結果、最高の評価が出たときにだけ発売しているため、それ故に商品サイクルなどはなく、新製品に関して絶対の自信を持って発売しているのです。


作り手として、常にユーザー目線での商品提供を心掛けているため、カスタムフィッティングを当初から取り入れたのもPINGの特長ですし、アイアンの1本ずつの販売もそのこだわりです。つまり、お客様一人ひとりにとって最適なクラブが手元に届くため、初めて使うその日から最高のパフォーマンスが発揮されるのです。


創業から50年以上経過した今でもPINGのプロダクトは創業者であるカーステン・ソルハイムの哲学や思想を継承し、使って実感できるやさしさを追究しています。その理念は父から私、そして息子へと経営責任者に代々受け継がれてきており、グローバル企業でありながら、ファミリー経営という一面を持っていることも、理念がブレない一因であると思います。


もともと父(創業者カーステン・ソルハイム)は、GE(ゼネラル・エレクトリック)のエンジニアで、飛行機などの開発に携わっていました。飛行機の燃料は両翼に積まれ、この燃料が入っている状態は、飛行中も安定しましたが、燃料がカラになると飛行姿勢が崩れるということをエンジニアの視点から父は熟知しておりました。つまり、重量の配分によって重心位置をコントロールすることが、安定につながるということであり、この理論をパターの製作にもあてはめ、トゥとヒール(ゴルフクラブの両端)にウエートを配することで、ストローク中のヘッドの挙動を安定させるトゥ・ヒールバランスを生み出していったのです。


ジョン・A・ソルハイムの経歴・略歴

ジョン・A・ソルハイム。ゴルフクラブメーカー「PING(ピン)」会長CEO(最高経営責任者)。PING(ピン)創業者カーステン・ソルハイムの子。高校卒業後、父と共に同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

渡部卓

話す時の主語は「私」にして、「私はあなたのミスが残念だ」などと表現すれば反発を招きにくい。「あなたが不注意だから」など2人称から始まると、本人は余計に責められる印象を持つ。


内村光良

現場で笑える我々の仕事は幸せですね。何かのアンケート結果で、1日一度も笑うことなく過ごす人が多いって聞いたことがあります。もちろん、勤務中に笑うのは難しい職種もあるでしょう。だから我々のようなお笑いを見たりして、1日のどこかで笑って過ごせたら、毎日が楽しくなるし、そうあって欲しいと思います。


田久保善彦

バラバラに学んだ知識を体系立てて整理して自分のものにするには、ある程度の基本を身につけたら、人と議論していくことが重要です。最も効果的なのは実務で経験を積むことですが、それでは時間がかかりすぎるという場合は、ビジネススクールを活用するのもいいでしょう。


飯沼浩

常に加盟店の持つ力との相乗効果を意識しながら、最大限の結果を導き出すための努力を、本部はしなければならない。


石川康晴

昨年からは、京都大学大学院で経営学を学んでいます。「社会人なのに、どうして?」とよく聞かれますが、実務をこなしながら経営学を学ぶのは、とても価値があります。今日聞いたことを、明日から現場で実行できるのですから。


成尾友良

当社の50年の歴史とその間積み重ねた技術が、現在のシェアにつながっている。


但木敬一

国内企業の株式保有率を見ても30%は外国のファンドが持っています。そうなると、日本企業はグローバルな視点で行動しなければならないのは当たり前です。ただ、ここで工夫しなければならない。大昔、日本は中国から律令制度を取り入れました。しかし、同じく古代中国の代表的な制度である科挙制度、宦官制度は取り入れませんでした。それは日本の風土に合わないからです。ガバナンスには取り組まなければなりませんが、一方で日本的な特性をなくさずにどうやって生き残っていくかが大事なんです。


吉田浩一郎

仕事の評価は、履歴書に書かれた自称の経歴をもとに行われてきました。けれども、クラウドソーシングで仕事を重ねると、仕事に対する評価が数値として蓄積されます。評価が高まれば仕事の依頼が増え、個人でも企業と対等の取引きができるようになります。


張本邦雄

紙の手帳はもう10年以上使っていません。完全にIT頼りです。紙からITに切り替えたころ、私は営業本部の企画部長だったのですが、当時の役員の指令で、日々のスケジュールが腹が立つくらいコロコロ変わっていました。そこで、携帯情報端末でスケジュール管理をすることにしたのです。


坂根正弘

リーダーには言葉の力が必要。口に出さなければ下の人には伝わらない。


美輪明宏

教養がなくても、器量が悪くても、一生懸命働いて正直な人は信用があるから、誰かが助けてくれるのです。だからどん底まで落ちることがない。


樋口武男

売上や利益が伸びなければ、社会貢献ができません。当社は、経常利益の1パーセントをCSR活動に使うことにしています。どこかが社会貢献活動をしていかないと、何も前に進みませんからね。


日和佐信子

よく「お客様第一主義」と言いますが、お客様が商品を買ってくれなければ企業は立ち行かないのだからそれは当然です。しかし、もっと広く考え、買っていただけない人まで含めた消費者という層を意識した経営をしていかなければならないのです。


森川亮

できる人をみんなが必死に追いかけて、全員仕事ができるようになるのが、理想のチームです。落ちこぼれの人にレベルを合わせてしまうと、仕事ができる人までレベルが下がってしまいます。


角和夫

失敗した局面で重要になるのが誠実です。何らかの失敗を犯して自分が不利な立場に立たされても、そこで嘘をつかない。自分の失敗を誤魔化すことなく認めることが重要です。