名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・A・ソルハイムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・A・ソルハイムのプロフィール

ジョン・A・ソルハイム。ゴルフクラブメーカー「PING(ピン)」会長CEO(最高経営責任者)。PING(ピン)創業者カーステン・ソルハイムの子。高校卒業後、父と共に同社を成長させた。

ジョン・A・ソルハイムの名言 一覧

当社では、前作のパフォーマンスを超えないクラブは絶対に発売しないというポリシーを貫いています。


クラブメーカーとして、PINGのゴルフクラブを使用しているゴルファーの方々に最高の結果をもたらすことが、その使命だと思っていますし、そのためにも、開発の拠点である本国の米国の開発陣は、常にアンテナを張り巡らせ、新しいことへの挑戦を続けている。


モノ作りに対して、絶対に妥協はしない。追究し尽くしたクラブだから、常に300ヤード以上飛ばすツアープロのバッバ・ワトソンも、一般のアマチュアゴルファーも全く同じヘッドを使ってパフォーマンスを発揮できる。ここまでの商品開発へのこだわりは、当社だからできること。全てはゴルファーにとってのベストのためにです。


「PINGの商品サイクルには一貫性がない」という声もよく聞かれますが、これこそがPINGのモノ作りに対するこだわりであり、新製品に関して、前作の性能を超える最高の結果、最高の評価が出たときにだけ発売しているため、それ故に商品サイクルなどはなく、新製品に関して絶対の自信を持って発売しているのです。


作り手として、常にユーザー目線での商品提供を心掛けているため、カスタムフィッティングを当初から取り入れたのもPINGの特長ですし、アイアンの1本ずつの販売もそのこだわりです。つまり、お客様一人ひとりにとって最適なクラブが手元に届くため、初めて使うその日から最高のパフォーマンスが発揮されるのです。


創業から50年以上経過した今でもPINGのプロダクトは創業者であるカーステン・ソルハイムの哲学や思想を継承し、使って実感できるやさしさを追究しています。その理念は父から私、そして息子へと経営責任者に代々受け継がれてきており、グローバル企業でありながら、ファミリー経営という一面を持っていることも、理念がブレない一因であると思います。


もともと父(創業者カーステン・ソルハイム)は、GE(ゼネラル・エレクトリック)のエンジニアで、飛行機などの開発に携わっていました。飛行機の燃料は両翼に積まれ、この燃料が入っている状態は、飛行中も安定しましたが、燃料がカラになると飛行姿勢が崩れるということをエンジニアの視点から父は熟知しておりました。つまり、重量の配分によって重心位置をコントロールすることが、安定につながるということであり、この理論をパターの製作にもあてはめ、トゥとヒール(ゴルフクラブの両端)にウエートを配することで、ストローク中のヘッドの挙動を安定させるトゥ・ヒールバランスを生み出していったのです。


ジョン・A・ソルハイムの経歴・略歴

ジョン・A・ソルハイム。ゴルフクラブメーカー「PING(ピン)」会長CEO(最高経営責任者)。PING(ピン)創業者カーステン・ソルハイムの子。高校卒業後、父と共に同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

藤田晋

仕事の達成感や満足感は、仕事と正面から向き合い、やりきった時にこそ得られる。


竹原慎二

殴られても倒れないのが根性じゃないんだよね。オレも昔は勘違いしてました。倒れたっていい。毎日、コツコツ努力することが本当の根性なんですよ。練習も仕事も同じだと思う。1歩1歩の積み重ねで強くなる。


岡崎富夢

かなり年下の上司を持った3人にすれば、複雑な気持ちだったと思いますが、私は自分のマネジメントの力が問われていると思いました。そして、それには誰にも負けない努力をするしかないと思った。朝6時から夜11時まで全力で働きました。後から「あの気迫を見て、こいつと一緒にやってやろうじゃないかと思った」と言ってもらいましたが、必死でした。


小林一三

(大阪の)北の方に工場を持ってしかも自分の家を北に設けるとはアホなことだ。南に住め。そして大阪の街を見て通るようにしなければ時勢に遅れてしまう。


平井伯昌

教えすぎ=オーバーコーチングになると、選手が指示待ちになって、自分で考えなくなってしまいます。緩やかな坂道をあがっているうちは、コーチの言う通りでもいいのですが、徐々に坂は急になります。オリンピックでメダルを争うようなレベルになると、自分で考えて行動できるような選手でないと、伸びていきません。


縣俊貴

僕は親や先生に「やっちゃダメだよ」と言われたことを、積極的にやる子供でした。頭の中だけで理解するより、実際に失敗したりケガをしたりする方がダメな理由をちゃんと理解することができる。それが、「どうすればうまくいくか」を考えるうえで生きる。これはまさに、僕が仕事の現場で日々繰り返していることです。そして、失敗が怖くなくなることもメリットです。


竹島一彦

「競争なくして成長なし」。公取(公正取引委員会)委員長時代にこのフレーズをたびたび使いました。企業や個人の成長には競争による新陳代謝や優勝劣敗が欠かせないのです。


山本梁介

ホテル業界のボトルネックはチェックアウトの仕組みでした。通常ホテルでは朝8時頃に集中するチェックアウトでお客様が嫌な思いをしないようにベテランのホテルマンを配置します。ただ10時になるともう暇になってしまう。チェックアウト業務を全部ITで自動化したことで人件費は3割コストダウンできました。


柳井正

社員は上の人たちのことをよく見ていますよ。経営者自身が、自分では誰よりも仕事をしているつもりでも、社員から見たら全然やっていないように見えるもので、ごまかしはききません。


堀之内九一郎

365日、真面目にやっていれば、アピールなんかしなくても絶対に認めてもらえる。


柳澤大輔

アイデアマンとそうでない人の違いは、自分がアイデアマンだと思っているかどうかというだけの話。面白いアイデアを出したいなら、「自分はアイデアマンだ」と思えばよい。


山元賢治

外国人とは、主語が「I」や特定の「We」の会話でないとダメだ。日本語は、主語がなくて話せる言語なので、思いやりを込めたり、何かいい感じで表現できたりするが、それはごまかしに結びつく。誰かが言っていた、あるいはそうらしいという話で済ませることになる。私がこうやりたいのだ、だから責任を持ってやれる。こういう表現にならない限り、世界では通用しない。