ジョン・A・ソルハイムの名言

ジョン・A・ソルハイムのプロフィール

ジョン・A・ソルハイム。ゴルフクラブメーカー「PING(ピン)」会長CEO(最高経営責任者)。PING(ピン)創業者カーステン・ソルハイムの子。高校卒業後、父と共に同社を成長させた。

ジョン・A・ソルハイムの名言 一覧

当社では、前作のパフォーマンスを超えないクラブは絶対に発売しないというポリシーを貫いています。


クラブメーカーとして、PINGのゴルフクラブを使用しているゴルファーの方々に最高の結果をもたらすことが、その使命だと思っていますし、そのためにも、開発の拠点である本国の米国の開発陣は、常にアンテナを張り巡らせ、新しいことへの挑戦を続けている。


モノ作りに対して、絶対に妥協はしない。追究し尽くしたクラブだから、常に300ヤード以上飛ばすツアープロのバッバ・ワトソンも、一般のアマチュアゴルファーも全く同じヘッドを使ってパフォーマンスを発揮できる。ここまでの商品開発へのこだわりは、当社だからできること。全てはゴルファーにとってのベストのためにです。


「PINGの商品サイクルには一貫性がない」という声もよく聞かれますが、これこそがPINGのモノ作りに対するこだわりであり、新製品に関して、前作の性能を超える最高の結果、最高の評価が出たときにだけ発売しているため、それ故に商品サイクルなどはなく、新製品に関して絶対の自信を持って発売しているのです。


作り手として、常にユーザー目線での商品提供を心掛けているため、カスタムフィッティングを当初から取り入れたのもPINGの特長ですし、アイアンの1本ずつの販売もそのこだわりです。つまり、お客様一人ひとりにとって最適なクラブが手元に届くため、初めて使うその日から最高のパフォーマンスが発揮されるのです。


創業から50年以上経過した今でもPINGのプロダクトは創業者であるカーステン・ソルハイムの哲学や思想を継承し、使って実感できるやさしさを追究しています。その理念は父から私、そして息子へと経営責任者に代々受け継がれてきており、グローバル企業でありながら、ファミリー経営という一面を持っていることも、理念がブレない一因であると思います。


もともと父(創業者カーステン・ソルハイム)は、GE(ゼネラル・エレクトリック)のエンジニアで、飛行機などの開発に携わっていました。飛行機の燃料は両翼に積まれ、この燃料が入っている状態は、飛行中も安定しましたが、燃料がカラになると飛行姿勢が崩れるということをエンジニアの視点から父は熟知しておりました。つまり、重量の配分によって重心位置をコントロールすることが、安定につながるということであり、この理論をパターの製作にもあてはめ、トゥとヒール(ゴルフクラブの両端)にウエートを配することで、ストローク中のヘッドの挙動を安定させるトゥ・ヒールバランスを生み出していったのです。


ジョン・A・ソルハイムの経歴・略歴

ジョン・A・ソルハイム。ゴルフクラブメーカー「PING(ピン)」会長CEO(最高経営責任者)。PING(ピン)創業者カーステン・ソルハイムの子。高校卒業後、父と共に同社を成長させた。

他の記事も読んでみる

武藤敏郎

上司からの指示をただ単に下に降ろすだけでは物事は実現しません。現実を見定め、できることと、できないことをきちんと分別することの難しさを思い知らされた。


小早川智明

値段を決めるのは我々ではなく、お客様であり、市場である。そんな当たり前の意識を全社に浸透させなければいけない。


成田和幸

うちは創業時から学歴不問、実力主義の精神で来ました。僕だって誰も知らない短大出身ですが社長になれました(笑)。そんな非エリート集団でも頑張れば立派な会社をつくれるんだということを証明したい。


堀切功章

13代目の社長として先代たちの積み重ねてきた経営を繋がなくてはいけない。今の業容も56年前の経営陣が海外進出を決断したおかげだ。自らの意思決定が50年後、100年後の未来を見据えたものでなければ、という思いはある。


高橋忠仁

事業の柱であるPLD(半導体の一種)の仕入れ先、米国A社から、代理店契約の打ち切りを言い渡されました。同社とは20年以上にわたりパートナー企業として共に市場を開拓してきただけでなく、PLD事業は当時の売上の7割を占めていただけに、会社存続に関わる危機です。こういった事態を乗り切るには、日ごろから物心両面で充実した経営を行うということです。


大西洋

正直に申し上げて、いまほかの百貨店を見に行きたいと思いません。けれどイオンさんやコンビニエンスストアの動きには注目しています。新しいことをされていて、店を訪れると常に変化がある。


千本倖生

今の日本に必要なのは、与えられた環境の中の矛盾に対して、おかしいと立ち上がる勇気。


夏野剛

摩擦こそがイノベーションの源。


内田和成

自社が市場を開拓したとしても油断はできません。みなさんはホームベーカリー(家庭用パン焼き器)を最初に世に送り出したメーカーをご存知でしょうか。いまやホームベーカリー市場は年間出荷数43万台に成長しましたが、この市場を切り開いたのは船井電機でした。しかしその後、大手メーカーが続々と参入し、船井電機は早々に市場から撤退を余儀なくされました。市場性が高ければ、他社にとっても魅力的な新規事業になります。たとえブルーオーシャン(競合なし市場)を見つけたとしても、その後の競合との戦いに負けてしまえば元も子もありません。


平林実

社長室でふんぞり返っていないで現場へ。それが何よりも大切です。


朝倉千恵子

知っていることを相手に伝えるだけでは、他人の生き方やモノの見方・考え方を変えることは絶対に無理で、こちらが一瞬一瞬に手を抜かず、全力で向かい合って情熱を注いでいる姿を示すことでしか、相手の気持ちを動かすことはできません。


柳井正

店長より、現場のスタッフの方がよく知っている。やらせて、やって、シェアして勉強する。店長はスタッフを守り、スタッフは仲間を信じ店長を支えてもらいたい。


魯迅

もともと地上には道はない、歩く人が多くなれば、それが道になるのだ。


山部和孝

人は与えられた環境で揉まれるから成長できる。摩擦=争いではない。ディスカッションをやめれば成長できません。


古森重隆

自分の人生を振り返れば、鮮やかに物事が成就、あるいは勝利できたことは少ない。何らかの成果を上げることができた時も、必死になって考え、知力と死力を振り絞り、最後まで泥臭く頑張り通した後の成就が大半だった。これは私に限らず、何かを成し遂げた人のほとんどがそうではないだろうか。


ページの先頭へ