名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・ワナメーカーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ワナメーカーのプロフィール

ジョン・ワナメーカー。米国の実業家・商人。デパートビジネスによって財をなした人物。アメリカでもっとも古いデパートチェーンの一つワナメーカーの創業者。エントランスが大きな吹き抜けのホールになっている当時では先進的な建築様式を採用し、小売業に新しい風をもたらした。フィラデルフィア店は米国の歴史的建造物に指定されている。そのほか、アメリカ合衆国郵政長官なども務めた。

ジョン・ワナメーカーの名言 一覧

仕事で成功する千載一遇のチャンスというものは、誰にでも訪れる。問題は、それにいかに敏感になるかだ。


仕事のために死ぬ人は稀(まれ)である。仕事にくよくよ心を悩ますことで多くの人が殺されるのだ。


自分の仕事を愛し、その日の仕事を完全に成し遂げて満足した、軽い気持ちで晩餐の卓に帰れる人が、世界で最も幸福な人だ。


広告費の半分が金の無駄使いに終わっている事はわかっている。わからないのはどっちの半分が無駄なのかだ。


「困難なことは頭からするな、非常に成功の邪魔になる」という人がある。しかし、決してそうではない。人間というものは、困難なことに遭えば遭うほど、ますます新しい力が出てくるものだ。


ジョン・ワナメーカーの経歴・略歴

ジョン・ワナメーカー。米国の実業家・商人。デパートビジネスによって財をなした人物。アメリカでもっとも古いデパートチェーンの一つワナメーカーの創業者。エントランスが大きな吹き抜けのホールになっている当時では先進的な建築様式を採用し、小売業に新しい風をもたらした。フィラデルフィア店は米国の歴史的建造物に指定されている。そのほか、アメリカ合衆国郵政長官なども務めた。

他の記事も読んでみる

岩瀬大輔

大企業やベテランを巻き込み若手のクリエイティビティを発揮する場を作ることが、これから日本で大きなベンチャーを育てる。


石川康晴

「稼ぐ力」を持っている人は、とにかく「人からの指示」は待っていませんね。しかも、指示をしても「はいはい」とは聞きません。たとえば、次の販売戦略を伝えると、「社長は数字が分かっていません」「考え方が変です」などと言って、私に堂々と歯向かってくる。どんな仕事にも疑問を持ち、「自分ならば……」といった当事者意識の下で、解決や改善の手段を考えているからでしょう。目標に向かう道筋は私とは違ううえに、こちらが想定した以上の結果を出す。社長でも反抗できません(笑)。


小山昇

もちろん、うまくいくことばかりじゃありません。やらせてみたら、ダメだったという場合もあります。ダメだったら、また元に戻せばいい。別のところに変えてもいい。最初からうまくいくなんて思っていない。


谷井昭雄

創業者のあと、7代の社長が経営を引き継いできました。人も変わり、時代も変わります。特に最近のような大きな変化の中では、経営理念をしっかりと守り、継承し、変化に適応していくことが求められます。


ベンジャミン・フランクリン

女と火明りのない家は、魂の抜けた体やお化けのようなものだ。


安岡正篤

何にしびれるかによって、その人は決まる。人間は本物にしびれなければならない。


ジョン・コッター

革新的な雰囲気を取り除くことが安全な道だと思ったら大間違い。


古森重隆

注意深く見ると、一見無関係に見え、雑多にも見えた情報同士を結ぶ因果律が浮かび上がってくる。いくつかの事実の背後に横たわる流れが見えてくる。「1週間前のあの出来事があったから、いまこれが起こっているんだな」というように、事実を位置づけられるようになってくる。そして今度はその延長上にある「先」を見通すことができるようになる。


西川八一行(西川康行)

リスクを取らなければ、リターンは得られません。チャンスだと思った時は、つかみに行くべきです。


黒田如水(黒田官兵衛)

神の罰より主君の罰おそるべし。主君の罰より臣下の罰おそるべし。そのゆえは神の罰は祈りてもまぬるべし。主君の罰は詫言して謝すべし。ただ臣下百姓にうとまれては必ず国を失う。ゆえに祈りても詫言してもその罰はまぬかれがたし。ゆえに神の罰、主君の罰より臣下万民の罰はもっとも恐れるべし。【覚書き|神や主君には祈ったり謝ったりすれば許してもらえるが、部下や民から恨まれると謝っても許してもらうことはできない。だから下の者たちの恨みは買わないようにせよという意味】


柴田励司

リーダーはいわば飲み会の幹事役であり、メンバーに気持ちよく働いてもらうための場づくりに腐心すべきです。メンバーを権限で引っ張ろうとせず、いかに気持ちよく働いてもらえるかに気を配る。そうしていると、不思議なことに組織は自然に最適な方向へ動いていくものです。


三宅秀道

中小企業を研究してきてわかったことは、製品としても生産技術としても抜きんでたところはないが、その製品によって、以前は需要さえなかったところで需要が作られ、そのマーケットでトップを占めるようになるというような、技術の優位性では説明がつかない成功例が結構あることだ。これは、従来の経営学が教える企業の勝ち方のロジックにそぐわない事例だが、いまはそれも「王道の勝ちパターン」の一つとして分析できる。