名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・ロックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ロックのプロフィール

ジョン・ロック。17世紀イギリスの哲学者、医者、政治哲学者。サマーセット州出身。ウェストミンスター校、オックスフォード大学クライスト・チャーチで哲学と医学を学ぶ。オックスフォード大学で教鞭をとった。王権神授説を否定し、アメリカ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えた。

ジョン・ロックの名言 一覧

人のとる行動は、その人の考え方を最も的確に表明するものである。


知性が考えるための材料はすべて、まず感覚のなかにある。


観察とは、考えるためのあらゆる材料を知性に提供することである。


ジョン・ロックの経歴・略歴

ジョン・ロック。17世紀イギリスの哲学者、医者、政治哲学者。サマーセット州出身。ウェストミンスター校、オックスフォード大学クライスト・チャーチで哲学と医学を学ぶ。オックスフォード大学で教鞭をとった。王権神授説を否定し、アメリカ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

田村哲夫

当校の創立の精神は「自調自考」です。「何でも自分で調べて自分で考える」。人生で最も多感な時期にこれを繰り返すと皆、おのずと自我に目覚め、自らの方向を見つけていきます。それがまさに個性を尊重した教育だと自負しています。おかげで、近年は毎年数人が海外の大学に進学する傾向が定着してくる一方で、日本で評価が高い大学への進学実績も随分上がってきました。


山崎亮

まちづくりは「このままじゃまずい」と危機感を煽るよりも、「商店街の空き店舗を借りて、みんなで手料理を持ち寄ってちょっとしたパーティーをやってみるのも楽しいよ」という感じで進めた方が成果が出やすい。それをやるときは道路側の扉はぜんぶ開けて、外から何をやってるか見えるようにします。そして、誰か知り合いが通ったら、「まあ、座りなよ」って一声かけるだけでいい。まちづくりって、そんな楽しいところから始めればいいんですよって話を、いつもするんです。


おかざき真里

単純に好きなんです。細かい絵をひたすら描いていくのが。暇さえあればオリジナルの文様やトーンを描いちゃうくらい(笑)。これまでの作品ではデザインバランスを崩しかねないからとセーブしていたものを、『阿・吽』ではむしろ世界観が色濃く出る気がして、思い切って解放してみました。おかげさまでものすごく楽しいです。


羽田圭介

賞をもらってからのいい変化としては、とにかく自分の本が書店に置かれるようになったことですね。それまでは本を出しても、部数自体が少なかったし、書店で見つけられなかったんです。今は芥川賞受賞作から入って「他の本も」って感じで手に取ってくれる人のために、昔書いて埋もれていた本も書店で一緒に並べていただいたり出版社が文庫にして出し直してくれたり。今までの苦労が、やっと日の目を見ることができたなあという感じです。


尾賀真城

なんでも自分でやろうとは思わないこと。それぞれの事業に優秀な担当者、社員がいます。彼らにやる気を持って働いてもらえるよう努力していきたい。


清水浩(電気自動車)

「やるべきこと」「やりたいこと」「やっていること」が一致した瞬間、これこそが人生の幸せだと思います。


小宮山宏

助手たちから研究室の運営についてクチバシを突っ込まれると、私だって腹が立ちます。でも、そこで一喝した途端、次から彼らは重要な情報を私の耳に入れなくなるでしょう。そでは私が裸の王様になってしまうので困るのです。腹が立ってもそれを表面に出さない。つまりは怒らないことにしているんです。


佐々木常夫

従業員を幸せにするのも企業の重要な役目ですし、部下を教育するのは管理職の仕事です。あなたの部下が遅くまで残業をしていたら、こう言わなくてはいけません。「こんな働き方をしていたら、奥さんとの関係が悪くなるぞ」「家族との会話が減って、子供が不良にでもなったらどうするんだ?」とね。


水野雅義

つい最近ですが、営業部門の管理職が研究スタッフと意見交換をしたあと、一緒に酒を飲むということがありました。それは、採用担当の若手の発案で実現したものです。これまでも全社員が集まったり、責任者同士で交流したりということはあったものの、本当に一社員の立場で集まる機会は確かになかった。その席では、ざっくばらんに話ができ、意見交換ができたそうです。営業にも研究にも非常に有意義なはずですし、新しい発想やアイデアも出るでしょうから、今後はそんな機会をもっと増やしていきたいと思っています。


吉田照幸

会話を弾ませたいなら、仮に相手が「ひげ剃りを作る仕事」をしているなら、「2枚刃とか3枚刃ってありますけど、あれってホントに意味があるんですか?」といつたふうに、普段思っている疑問を素直に聞けばいい。自分の仕事に興味を持たれて嫌な人はいませんよね。そうやって相手に気持ちよく話してもらえる環境をつくることが大事なのです。そうすれば、質問が9割で、自分のことを話すのはたった1割でよくなります。それなら話し下手の人でも会話上手になれるはずです。


村上憲郎

部下の中には上司に「A案、B案、C案でどれがいいですか」と伺いを立ててくる人がいますが、そういう人が一番困ります。ある仕事を任されたら、その人はそれに関しては、社会の中で一番詳しくなってもらわないといけません。それなのにどれがいいかわからないと判断を放棄してしまったら、ほかにいったい誰がわかるというのでしょう。ですから部下の人は常に「私はA案がいいと思います」と上司に提案できる仕事の方法を意識的に身につけていってほしいですね。


清水陽平

ネットで炎上してしまったときの一番のお勧めは「逃げるが勝ち」で、個人のアカウントを早急に削除することです。また大体の炎上騒ぎは1か月もすれば鎮まるため、放置するのもひとつの手段ですが、削除しないでいると、虚偽の情報を含んで拡散していくリスクもあるので後にデマを流されたときの反論材料として、何を書き込んだかキャプチャー(画像データとしてファイルに保存)してから、削除するといいでしょう。そして指摘が正しく、自分に非があると思ったら、謝るのが鉄則。苦しい言い訳をすると、さらなる反発を買ってますます炎上します。ネット上といえども、普通の人間関係と同じ。すぐ謝ることで収束することも多いんです。