ジョン・ロックの名言

ジョン・ロックのプロフィール

ジョン・ロック。17世紀イギリスの哲学者、医者、政治哲学者。サマーセット州出身。ウェストミンスター校、オックスフォード大学クライスト・チャーチで哲学と医学を学ぶ。オックスフォード大学で教鞭をとった。王権神授説を否定し、アメリカ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えた。

ジョン・ロックの名言 一覧

人のとる行動は、その人の考え方を最も的確に表明するものである。


知性が考えるための材料はすべて、まず感覚のなかにある。


観察とは、考えるためのあらゆる材料を知性に提供することである。


ジョン・ロックの経歴・略歴

ジョン・ロック。17世紀イギリスの哲学者、医者、政治哲学者。サマーセット州出身。ウェストミンスター校、オックスフォード大学クライスト・チャーチで哲学と医学を学ぶ。オックスフォード大学で教鞭をとった。王権神授説を否定し、アメリカ独立宣言、フランス人権宣言に大きな影響を与えた。

他の記事も読んでみる

小倉広

ビジネスマンにとっては、景気や業界動向などが「自分でコントロールできないこと」に当たるでしょうが、そのことばかり考えて不安に感じるという人は、目の前の仕事に全力投球していない証拠。余計なことを考えられるほど暇だということです。


岸田祐介

つくる、運ぶ、売る、それぞれプロを集めたほうが、お客様にいいサービスを提供できる。


後藤亘

(MXテレビ再建要請を受けて)自問自答して導き出した答えが、「エフエム東京からはひとりも連れて行かない」ということでした。たったひとりで行くことにすれば、たとえMXテレビが潰れても私だけの問題ですから、エフエム東京には何の迷惑もかけないわけですからね。実際に、行ってみたら放送が分かる人があまりいませんでした。でも、エフエム東京から人は出せません。そこでエフエム東京のOBを呼んだんです。4、5人をスカウトしましてね、そうしたら、ひと肌ぬいでやると、来てくれました。


藤森義明

リーダーの育成はリーダーが担うべき重要な役割の一つ。


ロイス・クルーガー

人は成功よりも失敗から多くを学ぶものです。不調のときこそ、企業体質を強化する絶好の機会なのです。


カーリー・フィオリーナ

「これができない」と部下が言ったら、上司はその原因を考えなければならない。スキルや発想力が足りなければ、具体的にポイントを絞り、別のアプローチを示唆する。他のチャンスを与える。応援を頼むなどの対策を考える。大変だからと避けたがっている場合には、実行計画を見直して効率を上げるか、モチベーションを高める対策も考えるべきだろう。


相原輝夫(経営者)

上場したことで私もそうですが、社員の意識が変わったように思います。改めて会社は社会の公器であるという責任や重みを感じています。


村上憲郎

努力の基本はセルフ・スターターです。指示待ちではなく、自分が主人公となるために、しなければならないことをでしょう。それから仕事で守備範囲に飛び込んできた球は、絶対に後ろにそらしてはいけません。つまり、与えられた期待に応えるためにすることが努力でしょう。これは伝統的な会社も、ITベンチャーでも、変わらないことだと思います。


竹中平蔵

年齢や人生の節目とともにスイッチの切り替えが必要です。企業にしても収益を大きくする上で、売上げの最大化と費用の最小化はどちらも大切です。それでも、時機に応じてどちらに重点を置くかスイッチングする必要があります。


米田功

もし私がシドニー五輪代表に落選していなけれは、お祭り気分のキャプテンだったでしょう。「カッコよく勝とうぜ」といって、みんなの気持ちを理解しようとしないで終わったかもしれません。


岡崎宜史

とことん議論して、納得できるものにしていきました。新しいことをやるんだと、開発メンバー全員のモチベーションが高かった。恵まれていました。
【覚書き|キッズケータイ開発時を振り返っての発言】


ホルスト・シュルツ

紳士淑女をおもてなしする私たちも紳士淑女です。


水野健次郎

普通、オーナーはいいなと思われるが、本当はつらい。従業員、株主、お客さんに対して無限責任を負っているから。
【覚書き:上記発言は父から受け継いだ会社をスポーツ用品のトップメーカーに成長させた経験を振り返っての発言。発言時期は会長時。法的にはオーナーが出資額以上の責任(無限責任)を負うことはない。しかし道義上どこまでも責任を負っていると忘れてはいけないという経営者の覚悟を語った言葉】


野村克也

「どうせ俺は……」と諦め、くさるタイプのコンプレックス人間は、こう考えたらいい。「諦めた、ということは変わるチャンスだ!」と。諦めた、ということは、今のままではうまくいかない、ことに気づけたということ。それは幸運だよ。


今西頼久

海外展開で肝になるのは、まず文化的に受け入れられるか否か。コーヒーカップひとつとっても、日本で売られている通常のサイズは欧米人にとって小さいので、サイズを分かりやすく「スタバのマグカップのサイズ」と伝えております。このように、まず、日本との文化の違いを認識していないと、努力が水の泡になりかねませんから注意が必要です。


ページの先頭へ