名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ジョン・レノンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・レノンのプロフィール

ジョン・レノン。イギリスのミュージシャン。リバプール出身。グラマー・スクール・クオリー・バンク校でビートルズの前身「クオリーメン」を友人たちと結成。同校卒業後リヴァプール・カレッジ・オブ・アートに進学。その後、ザ・ビートルズで数々のヒット曲を生み出す。ビートルズ解散後はソロ活動を行い、音楽で反戦を訴えた。

ジョン・レノンの名言 一覧

この世で一番不幸な人とは、自分の仕事に満足していない人だ。


希望、それ自体は幸福の一様態にしか過ぎない。だが、ひょっとすると、現世がもたらし得る一番大きな幸福であるかもしれない。


人の言うことは気にするな。「こうすれば、ああ言われるだろう・・・」というくだらない感情のせいで、どれだけの人はやりたいこともできずに死んでいくのだろう。


僕は前衛的なんていうラベルはそれ自体が敗北だと思うんだ。前衛派の展覧会というのがあるよね。前衛派が展覧会を開けるというそのこと自体が前衛の目的をつぶしちまっている。つまりもう形式化され、儀式化された以上、それは前衛ではない。


人にはいろいろなことが起るし、さまざまな目にあうけれども、情況に対してはみんなある程度責任があるんだ。


虚偽で生きていくのは、現実によって、肉体的な意味や外部的な意味の悩みを含む現実によって生きていくのよりよほど大変だからね。虚偽の方には必ず内面的な問題がつきまとうものだよ。


みんな自分をごまかしたりだましたりして生きてきたし、誰にとってもそれはやさしいことなんだ。僕たちはみんなそういうことが本当にうまいんだから、自分でやっていても気がつかないほどだよ。だけどある意味ではそのために別の代価を払っているんだ。オスカー・ワイルドの話みたいなものさ、ほら、あの二階で肖像画の顔だけが老いてゆくってやつ、あれさ。


歌ってのは書けるものかい――ここにこうしてすわっていれば、いきなり歌の方で押しかけてくるんだよ。だからせっつかれるような感じでピアノに向かうか、ギターを手にするかして、書きとめる。作るんじゃなくて、思いがけず贈られるようなものさ。


歌というのはいきなりやって来るものであって、職人がなにかを作るみたいにすわっていてできるわけじゃないんだ。それだって僕はやれる。そうさ、映画のためにバナナの歌がほしい?できますよ、じゃ、こんな風にやろう――こんなやり方はあんまり楽しくないかもしれない――しかしそのレベルでだって作れるんだ。しかし僕の本当の喜びは、霊媒みたいに憑かれた状態でいることなのさ。ぼやっとすわっている時に、夜中かなにかにいきなり来ることもあるし、来てほしくない時に来ることだってある――それが一番ぞくぞくするようなすごいことなんだ。そこで、僕が横になっている時にいきなり歌が完全な形で、歌訶も節もやってくる、それをさ、ね、歌を書くなんて言えるかい?


僕たちの身に起ることは、みなある程度まで僕たち自身が作ったものなんだ。それは多分自分をすっかり投入することとか、仕事ってものを外界的な視点からばかり見ないとか、自分が進んでいく方向に目を向けて……足もとを見るんじゃなくてね、そういうこと全部に関係してくるんじゃないかって思う。


はじめに作った歌詞カードには「マスターベーション」て言葉があった。だけど僕の曲はあっちこっちでもう何度も禁止されて……出すレコードはみんな何かの理由で禁止なんだ。なにしろ「アイム・ザ・ウォルラス」だって、中にズロースという言葉が出てくるんで一時BBCは禁止していたんだからね。つまり、あんまり何度も禁止ばかりくらっていたから、その時はちょっとひよってマスターベーションをマスティケーション(咀嚼)に変えたのさ。マスターベーションという言葉ひとつにこだわるよりは、曲そのものが世に出ることの方が大事なんだ。


僕たちにはなんの公式も共産主義もなくて、社会主義もそれに答えられないし、なに主義でも答えることはできない。僕たちには設計図はない……計画を見せることはできない……ただ考えてみる……戦争をしないというのがどういうことなのかを考える。それがつまり、僕たちが一室にこもって言っていたことなのさ。


ポールか誰かが「そろそろレコードを作る時期だ」って言えば、僕は深く考えたりせずに行ってレコードを作るのさ。いいセッションでさえあれば、僕はいつだってセッションを楽しんできた。もしもロックをやってて、乗ってくれば、要するにそれで良いんだよ。


ジョン・レノンの経歴・略歴

ジョン・レノン。イギリスのミュージシャン。リバプール出身。グラマー・スクール・クオリー・バンク校でビートルズの前身「クオリーメン」を友人たちと結成。同校卒業後リヴァプール・カレッジ・オブ・アートに進学。その後、ザ・ビートルズで数々のヒット曲を生み出す。ビートルズ解散後はソロ活動を行い、音楽で反戦を訴えた。

他の記事も読んでみる

米村でんじろう(米村傳治郎)

最初に打ち立てた志にうそをつかず、こだわりすぎに注意して、世の中のニーズに対して柔軟に変化していけばいい。そこにお客さまやお取引先への確かな誠実さがありさえすれば、あなたの独立人生は継続していけると思います。


宮内義彦

会社というものは、やはり継続が大切です。徳川家康は元気なうちに席を譲って駿河に行きました。私も元気なうちに次の人にバトンタッチしたほうがいいと判断しました。


鷹城勲

今では羽田空港は、航空機を利用される方だけでなく、わざわざ食事や買い物などに来てくださる方も増えています。お客様に喜んでいただけるような、そしてこれからの日本に元気を与えられるような空港づくりに、さらに貢献していきたいと思っています。


佐野浩司

仕事のスキルは、同僚に相談するなど本人が働きかけるだけでいくらでも高まるので、そのちょっと手を伸ばす意識が行動に結びつきさえすればいいのです。仕事は教えられるものではなく、自分で学ぶものです。


宗次徳二

カレーの作り方も最初は教えていただきました。でももっと良い店にしよう、もっとお客様に喜んでもらおうと考え続けていく。これは誰かから教わるものではありません。その結果、目の前の達成可能な目標を達成し続けて、右肩上がりで成長を続けることになりました。


磯上恵美子

これまで、事業の節目で必ず良い縁が私を支えてくれました。でも今思い返してみると、それは私がどんなときでも決して諦めなかったからかもしれません。単に幸運だったのではなく、しがみついて踏ん張ることで縁が訪れてくれた。私は社員や身近な人たちに、このことをいつでも説いています。


見目信樹

キーワードは「総合力」。当社グループには、しっかりした人材がいることが強み。それに加えて、我々には営業力、開発力、技術力、あるいは現場力がある。こういったものを「総合力」に変えていかなければいけない。


中野勘治

好奇心があれば感性は磨かれる。会社のことだけではなく、非日常の時間をつくることで感性を磨いていける。


森下一喜

僕はスーパーマリオにハマったファミコン世代です。そんな僕らのような世代が、もう一度「ゲームって面白いね!」と思えるものをつくりたかった。


マツダミヒロ

話し上手になるために「しなくていい7つのこと」

  1. 話をしなくていい
  2. 理解しようとしなくていい
  3. 全部聞こうとしなくていい
  4. ネタを集めなくていい
  5. 台本にとらわれない
  6. 頑張らなくていい
  7. 相手の反応を気にしすぎない

嶋田卓彌(嶋田卓弥)

私は嘘をつかない。手放しで本当のことを頼む流儀である。金を貸したほうにすれば、心配なのは当たり前だ。私は我が体を担保のつもりで毎日電通へ運んだ。手形を落とす金がなくっても、借主の体と事業の希望を相手にぶつければ、せめて安心もしてもらえる。
【覚書き|リッカーミシン創業当時、電通に広告費を融資してもらっていたが返済する現金がないので現在打っている広告の効果測定統計を毎日持参し返済を待ってもらっていた当時を振り返っての発言】


奥村綱雄

投資信託法案も通って、第一回の投資信託の募集をどのくらいにしようかということになった。我々としては、10億くらいは軽く消化できると思ったが、私は最大限5億円ぐらいにしてくれと皆に頼んだ。でないと目につきすぎて、せっかくの投信事業も大成するまでに叩かれてしまう。武田信玄ではないが、まず兵を伏してやってくれというわけだ。
【覚書き|野村証券で投資信託を始めて売り出したときを振り返っての発言】