名言DB

9425 人 / 110833 名言

ジョン・レノンの名言

twitter Facebook はてブ

ジョン・レノンのプロフィール

ジョン・レノン。イギリスのミュージシャン。リバプール出身。グラマー・スクール・クオリー・バンク校でビートルズの前身「クオリーメン」を友人たちと結成。同校卒業後リヴァプール・カレッジ・オブ・アートに進学。その後、ザ・ビートルズで数々のヒット曲を生み出す。ビートルズ解散後はソロ活動を行い、音楽で反戦を訴えた。

ジョン・レノンの名言 一覧

この世で一番不幸な人とは、自分の仕事に満足していない人だ。


希望、それ自体は幸福の一様態にしか過ぎない。だが、ひょっとすると、現世がもたらし得る一番大きな幸福であるかもしれない。


人の言うことは気にするな。「こうすれば、ああ言われるだろう・・・」というくだらない感情のせいで、どれだけの人はやりたいこともできずに死んでいくのだろう。


僕は前衛的なんていうラベルはそれ自体が敗北だと思うんだ。前衛派の展覧会というのがあるよね。前衛派が展覧会を開けるというそのこと自体が前衛の目的をつぶしちまっている。つまりもう形式化され、儀式化された以上、それは前衛ではない。


人にはいろいろなことが起るし、さまざまな目にあうけれども、情況に対してはみんなある程度責任があるんだ。


虚偽で生きていくのは、現実によって、肉体的な意味や外部的な意味の悩みを含む現実によって生きていくのよりよほど大変だからね。虚偽の方には必ず内面的な問題がつきまとうものだよ。


みんな自分をごまかしたりだましたりして生きてきたし、誰にとってもそれはやさしいことなんだ。僕たちはみんなそういうことが本当にうまいんだから、自分でやっていても気がつかないほどだよ。だけどある意味ではそのために別の代価を払っているんだ。オスカー・ワイルドの話みたいなものさ、ほら、あの二階で肖像画の顔だけが老いてゆくってやつ、あれさ。


歌ってのは書けるものかい――ここにこうしてすわっていれば、いきなり歌の方で押しかけてくるんだよ。だからせっつかれるような感じでピアノに向かうか、ギターを手にするかして、書きとめる。作るんじゃなくて、思いがけず贈られるようなものさ。


歌というのはいきなりやって来るものであって、職人がなにかを作るみたいにすわっていてできるわけじゃないんだ。それだって僕はやれる。そうさ、映画のためにバナナの歌がほしい?できますよ、じゃ、こんな風にやろう――こんなやり方はあんまり楽しくないかもしれない――しかしそのレベルでだって作れるんだ。しかし僕の本当の喜びは、霊媒みたいに憑かれた状態でいることなのさ。ぼやっとすわっている時に、夜中かなにかにいきなり来ることもあるし、来てほしくない時に来ることだってある――それが一番ぞくぞくするようなすごいことなんだ。そこで、僕が横になっている時にいきなり歌が完全な形で、歌訶も節もやってくる、それをさ、ね、歌を書くなんて言えるかい?


僕たちの身に起ることは、みなある程度まで僕たち自身が作ったものなんだ。それは多分自分をすっかり投入することとか、仕事ってものを外界的な視点からばかり見ないとか、自分が進んでいく方向に目を向けて……足もとを見るんじゃなくてね、そういうこと全部に関係してくるんじゃないかって思う。


はじめに作った歌詞カードには「マスターベーション」て言葉があった。だけど僕の曲はあっちこっちでもう何度も禁止されて……出すレコードはみんな何かの理由で禁止なんだ。なにしろ「アイム・ザ・ウォルラス」だって、中にズロースという言葉が出てくるんで一時BBCは禁止していたんだからね。つまり、あんまり何度も禁止ばかりくらっていたから、その時はちょっとひよってマスターベーションをマスティケーション(咀嚼)に変えたのさ。マスターベーションという言葉ひとつにこだわるよりは、曲そのものが世に出ることの方が大事なんだ。


僕たちにはなんの公式も共産主義もなくて、社会主義もそれに答えられないし、なに主義でも答えることはできない。僕たちには設計図はない……計画を見せることはできない……ただ考えてみる……戦争をしないというのがどういうことなのかを考える。それがつまり、僕たちが一室にこもって言っていたことなのさ。


ポールか誰かが「そろそろレコードを作る時期だ」って言えば、僕は深く考えたりせずに行ってレコードを作るのさ。いいセッションでさえあれば、僕はいつだってセッションを楽しんできた。もしもロックをやってて、乗ってくれば、要するにそれで良いんだよ。


ジョン・レノンの経歴・略歴

ジョン・レノン。イギリスのミュージシャン。リバプール出身。グラマー・スクール・クオリー・バンク校でビートルズの前身「クオリーメン」を友人たちと結成。同校卒業後リヴァプール・カレッジ・オブ・アートに進学。その後、ザ・ビートルズで数々のヒット曲を生み出す。ビートルズ解散後はソロ活動を行い、音楽で反戦を訴えた。

他の記事も読んでみる

クリスティン・エドマン

小売業はスピードが命です。商品の売れ行きがよくなかったら、今日中に何らかの手を打つ。そんな感覚で動いていますから、資料づくりでモタモタしているなんて、もってのほかです。といいつつ、私も以前は小売りではなくメーカーにいたので、入社当初の店舗研修ではそのスピード感に驚きました。


山元峯生

国際線に進出して20年経ちました。我々にはまだ、当時の「追いつけ追い越せ」の一生懸命さが残っていると思います。


守安功

社員にチャレンジを求めるなら、人事考課の仕組みもそれに適したものが必要です。人材の質を仕事の実績だけで判断するのは不十分。当社では基本給を決定する際はプロセスの評価に比重を置き、賞与の評価は実績を重視します。プロセスと実績のバランスをとることで、チャレンジしやすい環境づくりに取り組んでいます。


下村朱美

異質を入れ込むことで、産業界が活性化しますから、若い人(起業家)がどんどん出てきてほしい。


高山なおみ

子供の頃はせいせいと出せたのに、大人になるといろいろ知ってしまうし、はずかしいことだと思ったりする。でも人にはどうしても変わらない、変えられないものが芯のところにあるんだと思います。私の場合はそれが文を書かせたり、絵を描かせたりするんだと思う。料理本をつくりたいとか、人に美味しいものをつくってあげたいとか、全部そこから出ている気がします。


高松孝年

他力本願的な、神風が吹き続けるとは思わない。今は基盤固めを行い、次のステージに向けた準備をすべき時期。


新田信行

信用組合はメガバンクや地方銀行に比べると一つ一つは小さな組織です。しかし、信用組合業界は預金総額が全体で20兆円にものぼり、皆、相互扶助という同じ精神的バックボーンに基づいて運営しています。日本は人口や経済が東京に一極集中していて、そのことが地方経済の疲弊を招いているのは確かです。ならば、僕らが連携することで人や物やお金を動かし、それを地方の活性化へと繋げていければと思っています。地方創生にとって大切なことは、こうした草の根的な活動ではないでしょうか。


市村洋文

起業後の自分を客観的に見て、甘さがあったらつぶしていく。その作業を繰り返さないで、独立するのは非常に危険。


柴咲コウ

星の運びといいますか、これまでやってきたことを総ざらいして、改めるべきところは改め、気づいていなかったところに気づき改善していく年が、いよいよ来たなという気持ちでいます。


尾崎元規

国際感覚とは、経験を積み重ねて、トライアンドエラーを繰り返しながら、ようやく獲得できるものです。それを助ける強い意志や使命感は、よきモノづくりから得られる人々の反応や、やり取りの中から生まれるといえるでしょう。たとえ未体験の世界だったとしても、そうした環境に身を置いて、自分を磨くことが大事なのではないかと思います。