ジョン・レノンの名言

ジョン・レノンのプロフィール

ジョン・レノン。イギリスのミュージシャン。リバプール出身。グラマー・スクール・クオリー・バンク校でビートルズの前身「クオリーメン」を友人たちと結成。同校卒業後リヴァプール・カレッジ・オブ・アートに進学。その後、ザ・ビートルズで数々のヒット曲を生み出す。ビートルズ解散後はソロ活動を行い、音楽で反戦を訴えた。

ジョン・レノンの名言 一覧

この世で一番不幸な人とは、自分の仕事に満足していない人だ。


希望、それ自体は幸福の一様態にしか過ぎない。だが、ひょっとすると、現世がもたらし得る一番大きな幸福であるかもしれない。


人の言うことは気にするな。「こうすれば、ああ言われるだろう・・・」というくだらない感情のせいで、どれだけの人はやりたいこともできずに死んでいくのだろう。


僕は前衛的なんていうラベルはそれ自体が敗北だと思うんだ。前衛派の展覧会というのがあるよね。前衛派が展覧会を開けるというそのこと自体が前衛の目的をつぶしちまっている。つまりもう形式化され、儀式化された以上、それは前衛ではない。


人にはいろいろなことが起るし、さまざまな目にあうけれども、情況に対してはみんなある程度責任があるんだ。


虚偽で生きていくのは、現実によって、肉体的な意味や外部的な意味の悩みを含む現実によって生きていくのよりよほど大変だからね。虚偽の方には必ず内面的な問題がつきまとうものだよ。


みんな自分をごまかしたりだましたりして生きてきたし、誰にとってもそれはやさしいことなんだ。僕たちはみんなそういうことが本当にうまいんだから、自分でやっていても気がつかないほどだよ。だけどある意味ではそのために別の代価を払っているんだ。オスカー・ワイルドの話みたいなものさ、ほら、あの二階で肖像画の顔だけが老いてゆくってやつ、あれさ。


歌ってのは書けるものかい――ここにこうしてすわっていれば、いきなり歌の方で押しかけてくるんだよ。だからせっつかれるような感じでピアノに向かうか、ギターを手にするかして、書きとめる。作るんじゃなくて、思いがけず贈られるようなものさ。


歌というのはいきなりやって来るものであって、職人がなにかを作るみたいにすわっていてできるわけじゃないんだ。それだって僕はやれる。そうさ、映画のためにバナナの歌がほしい?できますよ、じゃ、こんな風にやろう――こんなやり方はあんまり楽しくないかもしれない――しかしそのレベルでだって作れるんだ。しかし僕の本当の喜びは、霊媒みたいに憑かれた状態でいることなのさ。ぼやっとすわっている時に、夜中かなにかにいきなり来ることもあるし、来てほしくない時に来ることだってある――それが一番ぞくぞくするようなすごいことなんだ。そこで、僕が横になっている時にいきなり歌が完全な形で、歌訶も節もやってくる、それをさ、ね、歌を書くなんて言えるかい?


僕たちの身に起ることは、みなある程度まで僕たち自身が作ったものなんだ。それは多分自分をすっかり投入することとか、仕事ってものを外界的な視点からばかり見ないとか、自分が進んでいく方向に目を向けて……足もとを見るんじゃなくてね、そういうこと全部に関係してくるんじゃないかって思う。


はじめに作った歌詞カードには「マスターベーション」て言葉があった。だけど僕の曲はあっちこっちでもう何度も禁止されて……出すレコードはみんな何かの理由で禁止なんだ。なにしろ「アイム・ザ・ウォルラス」だって、中にズロースという言葉が出てくるんで一時BBCは禁止していたんだからね。つまり、あんまり何度も禁止ばかりくらっていたから、その時はちょっとひよってマスターベーションをマスティケーション(咀嚼)に変えたのさ。マスターベーションという言葉ひとつにこだわるよりは、曲そのものが世に出ることの方が大事なんだ。


僕たちにはなんの公式も共産主義もなくて、社会主義もそれに答えられないし、なに主義でも答えることはできない。僕たちには設計図はない……計画を見せることはできない……ただ考えてみる……戦争をしないというのがどういうことなのかを考える。それがつまり、僕たちが一室にこもって言っていたことなのさ。


ポールか誰かが「そろそろレコードを作る時期だ」って言えば、僕は深く考えたりせずに行ってレコードを作るのさ。いいセッションでさえあれば、僕はいつだってセッションを楽しんできた。もしもロックをやってて、乗ってくれば、要するにそれで良いんだよ。


ジョン・レノンの経歴・略歴

ジョン・レノン。イギリスのミュージシャン。リバプール出身。グラマー・スクール・クオリー・バンク校でビートルズの前身「クオリーメン」を友人たちと結成。同校卒業後リヴァプール・カレッジ・オブ・アートに進学。その後、ザ・ビートルズで数々のヒット曲を生み出す。ビートルズ解散後はソロ活動を行い、音楽で反戦を訴えた。

他の記事も読んでみる

樫尾幸雄

いつも鮮度を求め、これでいいのかと問い続ける。そして、もっといいものがあれば、古いものをぱっと捨てて、切り替える。これが変化の速い時代に勝ち残るカギです。


澤口俊之

新聞の社説を批判的に読むのも、複雑なものごとを理解して覚えるという記憶力の向上に効きます。毎日テーマが異なるので知識が増えますし、批判するためには更なる知識を使います。これを日々の習慣にすれば、判断力や決断力など別の能力も磨かれます。


青木豊彦

社員のモチベーションのバロメーターは、社員が自宅で会社の話をするかどうかだと思います。会社の話をすれば、家族も応援してくれるし、家族の力を借りんと何ができますか?それがモチベーションを上げ、現場力になっていくと思います。


芳川裕誠

企業を大きく成長させるには、必要なときにビジネスを加速できなければいけない。シリコンバレーにはキャッシュフローが赤字の会社でも、事業拡大の可能性を評価して、積極的に出資する投資家がいる。


老子

足るを知る者は富む。


菊地敬一

つくる人は、売るようにつくるべき。売る人は、つくるように売るべき。


竹田陽一

商品を一度売ったらおしまいの「スポット型営業」では、トークカが結果を大きく左右します。でも、それ以外の営業では、人柄や人相などがものをいうのです。人相は天性の要素が大きいので、自信がない人は営業上手なパートナーとタッグを組むなどの対策が必要でしょう。一方、人柄に関しては努力で磨くことだって十分に可能です。


福嶋宏盛

交渉時に重要なことは、「御社の商品が素晴らしいから取引をしたい」という気持ちを前面に押し出すことです。自社の商品が高く評価されれば、誰でも嬉しく感じ、積極的に検討しようという気持ちにもなるものです。


マーク・トウェイン

アダムはリンゴがほしかったから食べたのではなかった。禁じられていたからこそ食べたのだ。


澤上篤人

長期投資家にとって大事な5年後10年後の投資価値の高まりとなると、やっぱりその企業が「いま現在そして将来も需要が伸び続けるであろう長寿商品をどれだけ持っているか」がポイントとなってくる。そういった自社の商品を大事に育て上げ、どんどん磨きをかけている企業はいつの時代でも強い。いってみれば、地道な商売に徹して顧客から厚い信頼を得ている企業は、我々長期投資家にとって5年先も10年先も安心して付き合える相手である。


大田友昭

人生は100メートル走ではなくマラソン。私は、五里霧中で頑張ってきた中で自分のペースを見つけることができた。


張富士夫

講演で外国の方に「モノづくり」という言葉を伝えようとして、困ったことがあります。通訳の人に聞くと「メーキング・シングス」と言われたのですが、ちょっと違います。「マニュファクチャリング」もしっくりこない。モノづくりという言葉には、良いものをつくろうという誇りとか情熱、仲間との支え合いなどの意味が込められています。


浦沢直樹

絵を描いている人はずっと「絵が上手くなりたい」って、一生そう言って終わるんだよね、きっと。


小日向文世

10年後? 70歳ですからね。いろんなおじいちゃん役をやりたい。「また出てる!」って言われるおじいちゃんね(笑)。


和田秀樹

日本が世界から見て特殊な国であってもいいはず。一律の規制から文化や技術を守る意味は大きい。外界を遮断したガラパゴスの環境は独特の価値を育む。


ページの先頭へ