名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・レイティの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・レイティのプロフィール

ジョン・J・レイティ。アメリカの医学博士。ハーバード大学医学部臨床精神医学准教授。著書に『脳のはたらきのすべてがわかる本』。

ジョン・レイティの名言 一覧

運動の第一目的は、脳を育てて良い状態に保つことにある。


ジョン・レイティの経歴・略歴

ジョン・J・レイティ。アメリカの医学博士。ハーバード大学医学部臨床精神医学准教授。著書に『脳のはたらきのすべてがわかる本』。

他の記事も読んでみる

北城恪太郎

英語で「ドント・シュート・ザ・メッセンジャー(情報をもたらす人間を撃つな)」というんですが、現場の正確な情報が欲しかったら怒ってはいけない。怒られると分かっていたら社員は悪い話を上げません。


作田久男

30代半ばに、米国に5年ほど赴任していました。日本とは異なる文化、異なる言語、そして異なる仕事のやり方。そんな中で、どう頑張っても100点満点と思えることはなかった時期です。しかし、自分の意思でやったと思えるときは、納得できました。でなければどこかに悔いが残ってしまうものなのです。


松﨑晃一(松崎晃一)

怒りの感情は、そこに集中すると怒りが増幅される特徴があります。これに逆らうには、頭を「別の思考」でいっぱいにすればいい。怒りがわいた瞬間、例えばケータイの傷を数えたりすると、自然と思考がケータイに集中。怒りが急激に治まりはじめる6秒なんて簡単にやり過ごせます。


岡崎良介

失敗を怖がる必要はない。分散投資という言葉をよく聞きますよね。あれは4つとか5つとか、違う資産に投資をすることを指すわけですが、どんなに上手な人だって、4つや5つのうち、ひとつくらいは失敗する。普通の人なら3つのうちひとつくらいは失敗するのが当たり前なんです。失敗も投資のうち。大きな失敗をしてはいけないですけれど、失敗を怖がるのは投資を難しいものと考えすぎていると思います。もっと気楽に考えたらいい。


中本晃

リーマンショック後の需要急減で業績が悪化してしまいました。売上高が急減すると想定し、緊急措置で経費を削減したことで、この時は、何とか利益を確保しています。しかしR&D(研究開発)費用には手を付けていません。


国部毅(國部毅)

頭取になった時に3つのキーワードを挙げました。「グローバル」「クオリティー」「プロアクティブ」の3つです。プロアクティブは「一歩先へ」という意味ですね。この3つのキーワードを会議などで繰り返し言ってきました。役員会や部店長会議、執行役員連絡会といった会議ではもちろん、現場でも言い続けました。


アデマール・エスマン

自己への信頼こそ成功の秘訣である。


大嶋祥誉

上司を呼び止めるとき「ちょっとよろしいでしょうか」というのは、あまりよくありません。何の件でどれぐらいの時間がかかるかが瞬時にわからないからです。上司はその判断がつかず、反射的に断わられてしまう可能性もあります。この場合は「○○の件で、2?3分ほどよろしいでしょうか」と、要件とおおよその所要時間を示しましょう。所要時間がそれよりも長くかかったとしても、重要な話なら、上司は時間を割いてくれるはずです。


本多静六

世の人の成功不成功といった事績を調べてみると、大体その両者の努力には大差がないにもかかわらず、不成功者はいずれもいま一息というところで肝心な打ち込み方が足らない。山登りにたとえるならば、八合目、九合目あたりで苦しくなり、嫌になり、ついにその登山をあきらめるか、思いかえして他のコースに転じたりするからである。


松尾均

私は率先して社員の中に入っていくよう心がけています。向こうから見れば、ただのうるさいオヤジかもしれませんけどね(笑)。でも、そうして社員たちとも直接対話することが、社内のコミュニケーションの活性化に役立つと思っています。


蜷川幸雄

心がけているのが「皆の顔を見る」こと。稽古場で衣装の子がしょげていたら「何かあったか?」と話しかける。「昨日のあの演技、酒落ていたな」と伝える。俺は演出でも細部に凝るからね、現場の細部もものすごい見るんだよ。「大丈夫、キミのことは見ているよ」という信頼関係を築かないと、それ以上のものは生まれない。だからスタッフがどんなに増えても、なるべくちゃんと名前を覚えて、呼んでやる。これも大切なことだね。


高津和彦

スピーチのコツの一つは、間(ま)やタメを意識して、ゆっくり話すこと。「決めた!……今日の昼飯はカレーだ!」なんて感じで、間を入れて話すと中身の無い話も何だかえらく重要なことを語っているような気がするでしょ(笑)。ようはスピーチは中身より「語気」で決まるんです。