ジョン・レイティの名言

ジョン・レイティのプロフィール

ジョン・J・レイティ。アメリカの医学博士。ハーバード大学医学部臨床精神医学准教授。著書に『脳のはたらきのすべてがわかる本』。

ジョン・レイティの名言 一覧

運動の第一目的は、脳を育てて良い状態に保つことにある。


ジョン・レイティの経歴・略歴

ジョン・J・レイティ。アメリカの医学博士。ハーバード大学医学部臨床精神医学准教授。著書に『脳のはたらきのすべてがわかる本』。

他の記事も読んでみる

稲盛和夫

厳しい環境が否応なく私を変えてくれ、生きる道を教えてくれた。


佐藤可士和

アートディレクターの仕事は、クライアントの言葉にならない思いを引き出し、社会に伝えるための的確な方法を見つけて具体化していく、いわばコミュニケーションコンサルタントのような仕事だと僕自身は捉えています。


池上彰

「週刊こどもニュース」を担当したとき、収録前のリハーサルでは子供たちの思わぬ質問によって、気づかされることがたくさんありました。


大橋禅太郎

僕の場合、週に5日働くと疲れちゃいます。オフの日に、サーフィンに行ったり、家で時代劇を見たり、娘と過ごす時間はモチベーションキープに欠かせません。人は才能や機会があっても、エネルギーがなければパフォーマンスを出せません。もちろんその人によって方法は様々ですが、時間管理は何より最高のパフォーマンスを出すためのものであり、精神的コストを下げるものであるべきです。


石坂正人

仕事、子育て、冠婚葬祭……地域で必要とされるものはできるだけ多く引き受けられるようにしたい。山梨は人口が減少している県ですから、少しでも住みやすく、満足度の高い地域になるようお手伝いをしていきたいと考えています。


齋藤正勝

ゼロどころかマイナスからのスタートでした。自分もSEになりたいといい続けながら、毎日会社で合間に資格のための勉強をしました。戦国時代の百姓が侍になりたいと刀を振り回してアピールしたようなものです。
【覚書き|大学卒業後、野村証券系のシステム会社にSEとして採用されたが、無資格だったため夜勤のオペレーターに回された当時を振り返っての発言】


川上量生

道を踏み外した人たちに元気を出せ、頑張れなんて言ってもしょうがなくて、こうすれば勝てるよ、という具体的な武器を与えてあげたいんです。精神面じゃなくて。


岩田松雄

若い人には無限の可能性があります。自分はこの程度と思わず、積極的に自らのミッションを持ってそれに挑んでほしいと思います。


小笹芳央

社会が豊かになったいま、お金とポストだけでは働く人のやる気を維持することが難しくなっています。とくにバブル崩壊後は、エンゲル係数が約20%という豊かな社会に暮らしており、お金のために汗をかいて働くという意欲がわかず、責任を負ってまで昇進したくないと思っている人も少なくなくなりました。


佐々木常夫

私は、人生の勝負どころは50代だと思っています。20代は脇目も振らずに一生懸命に働き、30代では実力も備わり役職にも就く、40代にそうした経験が生きるわけですが、この時期は疲れずにしなやかに生きることを勧めたいと思います。なるべく部下に仕事を任せ、早く帰る。社外の人とも付き合い、本も読み、力を蓄える時期だと考えて行動したほうがいいでしょう。


大西実(大西實)

技術の大きな流れを目測すれば、成長が期待できる分野と成熟に向かう事業はおのずとわかってきます。社員みんなの理解が得られるように仕向けていくことで、戦略分野に人材や研究開発資金を重点的に振り分け、事業構造の変革を進めることが大切です。


ウィリアム・エックハート

本当に重要なのはトレードのテクニック、システム、そして一連の行動による結果を長期分配することなんだ。しかし、心理的に最も重要なのは、現在のポジションが有効かどうかなんだ。現在のポジションは、どんな統計的正当性も超えて、非常に重要なんだ。長期統計値が味方し、将来の利益率をカバーしてくれると想定して、現時点のトレードがうまくいくように自分のルールを曲げたくなる。取引上の大罪の2つは、損失に幅を与えすぎること、それから早々に利益を確定してしまうことなんだけど、いずれも現在のポジションを成功させようとして犯してしまう罪なんだ。長期的にみると多大な損害だね


猪瀬直樹

「若い人が作り出した流行はレベルが低い」「大人だから流行に飛びつくのは恥ずかしい」という思い込みを捨てること。それだけで、流行の中にある次の時代の片鱗を見つける感性が養える。


村山滋

起きてしまったことは変えようがない。状況を踏まえて結果を出すには、前向きに進むしかない。


山内溥

任天堂というのは、独りぼっちの企業なのです。独りぼっちの路線を歩んでいるのだということを最近つくづく感じます。


ページの先頭へ