名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジョン・ル・カレの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ル・カレのプロフィール

ジョン・ル・カレ。イギリスの小説家。イングランド・ドーセット・プール出身。スイス・ベルン大学、オックスフォード大学リンカーン・カレッジで学んだのち、教師を経て外務・英連邦省秘密情報部(MI6)に勤務。その後、『死者にかかってきた電話』で小説家デビュー。スパイ小説を中心に執筆活動を行った。

ジョン・ル・カレの名言 一覧

わからない人はわからなくていい。わかる人だけがわかればいい。


ジョン・ル・カレの経歴・略歴

ジョン・ル・カレ。イギリスの小説家。イングランド・ドーセット・プール出身。スイス・ベルン大学、オックスフォード大学リンカーン・カレッジで学んだのち、教師を経て外務・英連邦省秘密情報部(MI6)に勤務。その後、『死者にかかってきた電話』で小説家デビュー。スパイ小説を中心に執筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

堀之内九一郎

生ぬるい状況の下、安穏としていて成功した人などいません。成功者と言われる人は皆、どこか野良犬的な要素を持っているのです。荒野を生き延びるための強靭な生命力と、餌のありかを敏感にかぎ分ける嗅覚。そして、逆境にいてこそ身に付く、人を見抜く鋭い眼光。それらを徹底的に磨き上げ、小さな成功を積み上げていくという姿勢を貫き通したからこそ、そこまで到達したのです


上田準二

仕事に戦略、戦術、実践のレベルがあるとしたら、20代、30代の仕事は戦術や実践で、失敗してもたいしたダメージはありません。しかし、40代になると戦略的な仕事にシフトしていき、一つの失敗が命取りになることもある。だからむやみにリスクを取りにいくのはダメ。現実にリスクはどの程度なのか、失敗したときはどうやってリカバーするのかを計算したうえでリスクを取りにいくべき。それが40代の責任です。


午堂登紀雄

サラリーマン時代は、雇われの身として生涯を終えるものと考えていました。でも『金持ち父さん貧乏父さん』と『社長失格』を読んで、自分とは違う価値観や、起業するという生き方を知ったんです。自分の価値観と同じ本を読んでばかりでは、人間は進化しません。違う価値観を知ることで考える力が強化され、進化していくんです。


大川隆法

イノベーションには非常に難しい面があります。これまで自分たちにとって大事であったものや、成功の要因であったもの、うまくいっていたものを、自ら捨てていくことがあるため、自分の内部に敵と味方が住んでいるようなかたちになるのです。


中西哲生

トップレベルの選手ほど、常に新しい情報を求め、取り入れています。僕も現役の頃から現在にいたるまで、自分のコンディションを高めるため、分野を問わずいろいろな情報を取り入れ実践してきました。現役当時はインターネットもありませんでしたが、海外の文献なども漁り、新しい情報を仕入れていました。


久田孝

優しい人間は人がいいとか、慎重なのは結論が遅いなど、人の長所と短所は必ず裏腹になっている。ここです。人を見る力、仕事と人の組み合わせをいかにやるかが経営の腕の見せ所でしょう。


石倉洋子

遅かれ早かれ、日本も変わらなければいけない時が来ます。それならば先手必勝で、社会や会社の変化に先んじて「自分の働き方・生き方」を、少しずつ変えればいい。


植西聰

仕事の覚えが遅い部下に完璧を求めるとイライラしますが、80点で良いと思えばそれなりに許せる。上司にも8割がたわかってもらえれば良いと考える。自分自身にも、足りない部分を責めるだけではなく、出来ている部分を見て褒めてあげる。心の健康を保つには、「足るを知る」という精神が大切。


富岡賢治

地方創生も国任せにすると必ず、「各地方では知恵が足りないでしょうから、東京から人を紹介します」という話になる。でも、私から言わせれば、東京のシンクタンクのようなところで働いた人が来ても何の役にも立たない。私が市長になってからは、副市長は中央官庁から人が来るのを待つのではなく、地元の人にしてもらった。こっちの方がよっぽどいい。


齋藤直美

褒める時は「前より良くなったよ」などと過去と比較して褒め、叱る時は、将来と比べて「次はもっと良くなるよ」と伝えるのがコツ。


加藤俊徳

最近は、脳科学者のクセかもしれないが、テレビのニュースやスポーツを観戦していてもすべてが脳の働きに見えてくる。サッカーの試合を見ていて、イレブンが11か所の脳番地に見えてくる。脳は、1つの脳番地だけでは、日常生活に不自由する。脳番地同士が相互に協力し合って、脳は機能している。1つの脳番地が最強であったとしても、ほかの脳番地が協力しなければ、無力になる場合さえある。


村田晃嗣

同志社大学はこの何年間かで急速に拡大しました。しかし私は、いったん立ち止まり、今後の同志社大学のあり方を見つめ直したいと思っています。14の学部間での連携や、学部教育と大学院教育のつなげ方など、少し落ち着いて考える時期にきているのではないかと思います。