ジョン・ル・カレの名言

ジョン・ル・カレのプロフィール

ジョン・ル・カレ。イギリスの小説家。イングランド・ドーセット・プール出身。スイス・ベルン大学、オックスフォード大学リンカーン・カレッジで学んだのち、教師を経て外務・英連邦省秘密情報部(MI6)に勤務。その後、『死者にかかってきた電話』で小説家デビュー。スパイ小説を中心に執筆活動を行った。

ジョン・ル・カレの名言 一覧

わからない人はわからなくていい。わかる人だけがわかればいい。


ジョン・ル・カレの経歴・略歴

ジョン・ル・カレ。イギリスの小説家。イングランド・ドーセット・プール出身。スイス・ベルン大学、オックスフォード大学リンカーン・カレッジで学んだのち、教師を経て外務・英連邦省秘密情報部(MI6)に勤務。その後、『死者にかかってきた電話』で小説家デビュー。スパイ小説を中心に執筆活動を行った。

他の記事も読んでみる

松井利夫

大学院を卒業したのが3月。株式公開したのが同年の6月。修士論文を書いているころには、株式公開の準備も最終段階に入っていたのです。これはきつかった。株式公開準備の最後の半年くらいは毎日のようにビタミン剤を飲みながら、こらえにこらえ、耐えに耐え、大量の申請書類と格闘しました。しかし、上場してみれば、これもやってよかったなと、自分の成長になったなと思っています。
【覚書き|50歳で経営大学院卒業と上場を同時に経験した当時を振り返っての発言】


下村朱美

仕事の楽しさに気付いていない人がいたら、それを気付かせてあげることも大切。


齋藤孝(教育学者)

年齢を重ねると、経験値の分だけ緻密なシミュレーションが可能になります。そのうえで挑戦するか否かを選ぶのですから、判断ミスは若い頃より格段に減るでしょう。そう考えると、年齢を重ねたほうが冒険しやすいと言えるのかもしれません。


岡野雅行(岡野工業)

どんなに風呂敷を広げても、それを実現したら詐欺じゃない。そうだろ。だからあたしは諦めない。


脇若英治

上司としては日ごろから部下の考えていることを理解し、ワークライフバランスについてよく話し合っておくことが重要です。ワークライフバランスの本当の意味を説き、会社にとってプラスになるように動機付けるのです。同時に、個人としても幸せな人生になるように人生の先輩として助言することが大切です。


田崎太郎(経営者)

ベンチャー企業ならではの若さとフットワークを活かして、都市部だけでなく地方で地場産業を守る方々や地道に日本のモノづくりを支える企業など、他者が訪問しないようなお客様まで積極的にサポートしていくことに、大きな意義がある。


平井伯昌

チームでの練習も功を奏したと思います。3人のうち1人だけ伸びない時期があると、「何で私だけ伸びないのか」と疑問に思う。その悔しさから「やらなければダメだ!」という意志が生まれる。そこで初めて質の高い練習ができ、大きな成長につながります。


大西洋

経済環境や経済要件はこの商売では大事な要因ですが、それで一喜一憂していてもしょうがありません。それ以上に、百貨店が低迷を続けてきた本質的な課題の克服に注力すべきです。


川上量生

スタジオジブリを一言で表現すると、特殊な会社。ジブリほどの会社なら、儲けようと思ったらいくらでも儲けられると思う。でも営利を追求しないで、自分たちが作りたい映画のことだけを考えている。売り上げや利益の目標設定がどうやらないようだし、経営としてはめちゃくちゃです(笑)。


ジョン・F・ケネディ

目的と方向性なしに、努力と勇気だけでは不十分だ。


中川政七・13代目(中川淳)

当社はコンサル会社ではありません。実業があり、自分たちのブランドを持って日々オペレーションして、試行錯誤してマネジメントが磨かれているからこそ、他社のお手伝いができる。


山田淳

自分のレベルを上げるためには、刺激を受けられる環境に身を置くのがすごく有効。


井手明彦

我々は決断しなければならなかった。経営の非情さを学んだ。
【覚え書き|マレーシア・マムート銅鉱山撤退について】


佐藤義雄

数字だけを見て非難するのは簡単ですが、その結果を生むプロセスに目を向けてこそ、問題の所在が見えてきます。仕事に問題がある場合は、プロセスを丁寧に見ればわかるはずです。心に問題がありそうな場合は、話を聞く場を設け、何かあれば力になる姿勢を示さなけくては何も解決しません。


根本二郎

日本郵船はこの30年、ピンチのたびに長期的に会社をどう変えていくかを考えてきたように思います。中でも大きかったのは円高です。というのは、海運会社の場合、収入はドル建てだけれども、日本人船員の人件費などコストは円建てが大部分でしたから、円高で円の収入は少なくなるのに支払いは変わらないからです。そこで取り組んだのは、コストのドル化と事業の総合化でした。ともに何代かの社長が長い時間をかけて進めたものでした。


ページの先頭へ