名言DB

9490 人 / 112001 名言

ジョン・リディングの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・リディングのプロフィール

ジョン・リディング。英国の経営者。英経済紙「フィナンシャル・タイムズ」のCEO(最高経営責任者)。英国オックスフォード大学で哲学と政治経済学を専攻し、首席で卒業。その後、フィナンシャル・タイムズに入社。企業担当記者、パリ特派員、韓国特派員、編集主幹、フィナンシャル・タイムズ・アジア版編集長兼発行人、ピアソンアジア会長などを経て、フィナンシャル・タイムズCEOに就任。

ジョン・リディングの名言 一覧

もちろん他社の動きも見ていますが、自分たちがなすべきことは何かという視点で常に考えているので、他社の動きは気にならない。


我々は常に自分たちの置かれた世界を自ら分析し、どうすべきか判断してきた。


データはまさに宝の山。どんな人がどんなニュース、事柄に関心を持っているのか、分析すればするほど様々な読者と距離を縮めていくことができる。


デジタル化の進展により、企業のエグゼクティブ教育やビジネススクールにおけるプログラムなど相互に補完、シェアできる事業が増えており、こうした分野は今後、互いにさらに強化していくことになる。


今後も、常に何が重要であるかを正確にかつ簡潔に伝えることで定評があるFT(フィナンシャルタイムズ)ジャーナリズムを維持しつつ、編集に投資し続け、新たなサービスの提供を増やし、それによって読者から応分の対価をもらい、さらなる投資に結びつける好循環を維持、強化していく。新聞を巡る環境の変化がどこかで落ち着くということはないからだ。


フィナンシャルタイムズを含め多くの新聞社はこれまで、紙媒体を広告の受け皿と見てきた。広告をどれだけ取れるかばかり考え、利益率を重視してこなかった。だが紙媒体の利益率の管理にも注力してきたことでフィナンシャルタイムズの紙媒体事業は今年、広告収入を除いても黒字転換する見込みだ。


紙媒体は印刷、配送にコストがかかる。そのためフィナンシャルタイムズでは部数が見込めない地域からの撤退を進めている。今後はロンドン、ニューヨーク、香港、東京など金融センターと呼ばれる都市にフオーカスし、提供を続ける。


紙媒体は、自然といろんなニュースや論評が目に入るので、読者に予想もしない着想を提供したり、リスクやチャンスの存在を伝えられたりする。これはフィナンシャルタイムズの読者に多い組織の上層部の人たちにとっては貴重だ。彼らには通常、自分が関心を払っていること以外についても知ってもらう必要がある。つまり、紙媒体には紙ならではの強みがあり、デジタルと両方が必要ということだ。


今後も紙の新聞は長期にわたり必要とされる時代が続く。新しい技術が登場すると、従来の技術の役割はもう終わったと見る人は多い。だが、テレビが登場してもラジオは存在し続けている。つまり、新たな媒体が登場しても、従来の媒体は新しい環境に合わせて変化していくということだ。


新聞のデジタル化は広告主にとっても重要だ。従来よりどの消費者に向けて各広告を打てばよいのか、効率的にターゲットを絞れるようになり、今ではキャンペーンごとのROI(投下資本利益率)まで弾き出せる。まさに米国を代表する流通の大御所、故ジョン・ワナメーカーが「広告費を投入しても、どの広告が威力を発揮しているのか分からない」と悩んでいた問題が解決されつつある。


メディア界はデジタル化のプラスの面を過小評価している。新聞社は以前はいわば「暗黒の時代」にいた。つまり、読者を全く分かっていなかった。読者がどんな人たちで、どの記事を読んでいるのか、新聞をどれくらいの時間をかけて読んでいるのかも知らなかった。だが、電子版の有料購読モデルを導入したことで必要な情報を入手できるようになった。読者の年齢、職業、そしてどの記事を読んでいて、どれほどそれに時間を費やしているのかといった情報だ。これにより、フィナンシャルタイムズは読者と双方向の関係を構築し、どんな記事を求めているのかといったニーズも把握できるようになった。


電子版の購読者数は急速に増えており、今や紙と合わせた全有料購読者数は約60万2000人と、創刊以来の過去最高を記録している。しかも、今年は購読料収入が広告収入を上回る見込みだ。これは我々のコンテンツに対して読者が喜んでお金を支払ってくれるという表れだ。だから将来を楽観視している。


電子版の立ち上げによって、世界中の辺鄙なところに住んでいる読者にもフィナンシャルタイムズを届けられるようになった。これは紙の新聞ではできなかったことだ。加えてビデオやポッドキャスト、ライブブログ、フェイスブックやツイッターといったソーシャルメディア経由など、様々な形でニュースを多面的に伝えることが可能になった。


私は一般的な見方とは異なり、ニュースメディアの将来に自信を持っているし、楽観視している。デジタル化の動きはもちろん脅威で、我々に様々な課題を突きつけている。だが、同時に読者に革新的な方法でコンテンツを届けるチャンスも提供しており、その結果、過去にはなかった形で読者と深く結びつくことが可能になった。


デジタル時代の到来で、フィナンシャル・タイムズ電子版のどのニュースや記事を誰が読んでいるのかといったことが常に把握できるようになりました。おかげでどんなニュースが読まれるのか、どんな問題やトレンドに読者が関心を寄せているのかまで分かるようになった。


メディア業界ではデジタル化という構造的大変革が今もすさまじいスピードで進んでいます。ですがデジタル化時代というのは、様々なチャンスも多く存在する。


ジョン・リディングの経歴・略歴

ジョン・リディング。英国の経営者。英経済紙「フィナンシャル・タイムズ」のCEO(最高経営責任者)。英国オックスフォード大学で哲学と政治経済学を専攻し、首席で卒業。その後、フィナンシャル・タイムズに入社。企業担当記者、パリ特派員、韓国特派員、編集主幹、フィナンシャル・タイムズ・アジア版編集長兼発行人、ピアソンアジア会長などを経て、フィナンシャル・タイムズCEOに就任。

他の記事も読んでみる

岡田裕介(東映)

当社は「作る」会社です。今後はAIが出てきたり、ネット配信が増えたりして、映画をお届けする形は変わるかもしれないけど、制作の力、映像の力というものは変わりません。先代(岡田茂氏)が言っていたのは、「泣く、笑う、(手に汗を)握る」という3大要素があれば、人間自体が消滅しない限り、この産業は常に成り立つんだと。だから、たとえ産業革命のようなことが起こって映画館が無くなるようなことになっても、作っていく能力だけは他社に負けないようにしようと。その意味で、映像を作っていくという当社の強みは絶対に無くしてはいけないと考えています。


平田正

いまどき選択と集中といっても、もう珍しくもなんともなくなりました。それくらい日本企業も経営改革が進んできたということでしょうか。ただし、頭で考えるのと実際とはまったく異なります。単なるリストラで利益を出しても、次の成長の仕掛けを施した改革をしないと、選択と集中の後に大きな差がつくのではないでしょうか。


手代木功

息子たちの教育で面白いと思ったのは、兄弟でもキャラクターが全然違うこと。精神面の強さもかなり違います。性格、年齢、やる気など、会社は異質な人材の集合体。経営者や上司はそれを束ねてパフォーマンスを最大化するわけです。一律の教育を押し付けるのではなく、個性を見ながら組織全体でいかに到達目標に近づけるかを考えなければなりません。


佐藤東里

近頃、アジアの台頭が目覚ましく、先端品であっても、日本で開発してアジアで量産するというパターンが増えています。開発そのものがアジアに移っていくようであれば、それこそ日本のモノつくりはおしまいです。日本企業が日本を基盤にして生き残っていくためには、他に真似ができない技術や製品の開発が不可欠です。そのために経営者にできることは、発想が柔軟な人間を要所に配置することであると確信しています。


芳地一也

会議参加者には、まず最初にうまくいっていることを話してもらうと、うまくいっていない問題点をさらけ出しやすくなる。


近藤史朗

本や新聞の加工された情報から、その裏側にあるものを読み取ることも必要です。常にそれを意識しながら本や新聞と接するように心がけています。


藤口光紀

経験と知恵を出し合って練った計画なら、結果が目標から大きくブレることは滅多にないはずです。しかし、それでもブレが生じたときは、ミッションに立ち返って弁印を見極め、改善するしかありません。無理につじつま合わせをしてミッションを見失ってしまうくらいなら、目先の目標を諦めて、次の目標に向けて進んだ方がいいでしょう。


殿村美樹

論理的な文章に、本能や五感に訴えるビジュアルをプラスすると効果絶大。文字や数字、グラフだけのページは読み飛ばされたりしますが、手描きのイラストを一枚加えるだけで、どんなプレゼン相手も、ページをめくる手を止めて、じっくり見てくれます。


近藤太香巳

出資を決めるとき、私はまさに人柄から入ります。ただし人柄だけではなく、二番目はビジネスモデルやサービスのクオリティを見ます、三番目は、私が力になってあげられるのかというところですね。


笹氣健治

ショックの裏には怒りや悲しみといった感情があります。この感情自体は変えることができませんが、解消することはできます。そのためには「行動」と「思考」の両面からのアプローチすることが有効です。


阿川佐和子

話を聞くときは、相づちを疎かにしないこと。こちらが話しているのに、全く反応がない人がたまにいますが、こういう人が相手だと「この人聞いてくれているのかな」「ひょっとして私の話がつまらないのかな」と不安になって、話を続ける気持ちが萎えてきます。かといって、大げさすぎる相づちは不自然だし、息継ぎのたびにいちいち「はい、はい」とやられるのもうるさいだけです。相づちは、言ってみれば、あなたの話を誠実に聞いているという合図なので、自然体が一番いいと思います。


石川泰彦

弊社の売上高に占める人件費の割合は82%にも達します。つまり、コストはほぼ人件費のみ、リソースは人のみと言っても過言ではありません。業績向上の手段は、「人に関する施策」を徹底し、生産性を向上させるしかありません。