ジョン・リディングの名言

ジョン・リディングのプロフィール

ジョン・リディング。英国の経営者。英経済紙「フィナンシャル・タイムズ」のCEO(最高経営責任者)。英国オックスフォード大学で哲学と政治経済学を専攻し、首席で卒業。その後、フィナンシャル・タイムズに入社。企業担当記者、パリ特派員、韓国特派員、編集主幹、フィナンシャル・タイムズ・アジア版編集長兼発行人、ピアソンアジア会長などを経て、フィナンシャル・タイムズCEOに就任。

ジョン・リディングの名言 一覧

もちろん他社の動きも見ていますが、自分たちがなすべきことは何かという視点で常に考えているので、他社の動きは気にならない。


我々は常に自分たちの置かれた世界を自ら分析し、どうすべきか判断してきた。


データはまさに宝の山。どんな人がどんなニュース、事柄に関心を持っているのか、分析すればするほど様々な読者と距離を縮めていくことができる。


デジタル化の進展により、企業のエグゼクティブ教育やビジネススクールにおけるプログラムなど相互に補完、シェアできる事業が増えており、こうした分野は今後、互いにさらに強化していくことになる。


今後も、常に何が重要であるかを正確にかつ簡潔に伝えることで定評があるFT(フィナンシャルタイムズ)ジャーナリズムを維持しつつ、編集に投資し続け、新たなサービスの提供を増やし、それによって読者から応分の対価をもらい、さらなる投資に結びつける好循環を維持、強化していく。新聞を巡る環境の変化がどこかで落ち着くということはないからだ。


フィナンシャルタイムズを含め多くの新聞社はこれまで、紙媒体を広告の受け皿と見てきた。広告をどれだけ取れるかばかり考え、利益率を重視してこなかった。だが紙媒体の利益率の管理にも注力してきたことでフィナンシャルタイムズの紙媒体事業は今年、広告収入を除いても黒字転換する見込みだ。


紙媒体は印刷、配送にコストがかかる。そのためフィナンシャルタイムズでは部数が見込めない地域からの撤退を進めている。今後はロンドン、ニューヨーク、香港、東京など金融センターと呼ばれる都市にフオーカスし、提供を続ける。


紙媒体は、自然といろんなニュースや論評が目に入るので、読者に予想もしない着想を提供したり、リスクやチャンスの存在を伝えられたりする。これはフィナンシャルタイムズの読者に多い組織の上層部の人たちにとっては貴重だ。彼らには通常、自分が関心を払っていること以外についても知ってもらう必要がある。つまり、紙媒体には紙ならではの強みがあり、デジタルと両方が必要ということだ。


今後も紙の新聞は長期にわたり必要とされる時代が続く。新しい技術が登場すると、従来の技術の役割はもう終わったと見る人は多い。だが、テレビが登場してもラジオは存在し続けている。つまり、新たな媒体が登場しても、従来の媒体は新しい環境に合わせて変化していくということだ。


新聞のデジタル化は広告主にとっても重要だ。従来よりどの消費者に向けて各広告を打てばよいのか、効率的にターゲットを絞れるようになり、今ではキャンペーンごとのROI(投下資本利益率)まで弾き出せる。まさに米国を代表する流通の大御所、故ジョン・ワナメーカーが「広告費を投入しても、どの広告が威力を発揮しているのか分からない」と悩んでいた問題が解決されつつある。


メディア界はデジタル化のプラスの面を過小評価している。新聞社は以前はいわば「暗黒の時代」にいた。つまり、読者を全く分かっていなかった。読者がどんな人たちで、どの記事を読んでいるのか、新聞をどれくらいの時間をかけて読んでいるのかも知らなかった。だが、電子版の有料購読モデルを導入したことで必要な情報を入手できるようになった。読者の年齢、職業、そしてどの記事を読んでいて、どれほどそれに時間を費やしているのかといった情報だ。これにより、フィナンシャルタイムズは読者と双方向の関係を構築し、どんな記事を求めているのかといったニーズも把握できるようになった。


電子版の購読者数は急速に増えており、今や紙と合わせた全有料購読者数は約60万2000人と、創刊以来の過去最高を記録している。しかも、今年は購読料収入が広告収入を上回る見込みだ。これは我々のコンテンツに対して読者が喜んでお金を支払ってくれるという表れだ。だから将来を楽観視している。


電子版の立ち上げによって、世界中の辺鄙なところに住んでいる読者にもフィナンシャルタイムズを届けられるようになった。これは紙の新聞ではできなかったことだ。加えてビデオやポッドキャスト、ライブブログ、フェイスブックやツイッターといったソーシャルメディア経由など、様々な形でニュースを多面的に伝えることが可能になった。


私は一般的な見方とは異なり、ニュースメディアの将来に自信を持っているし、楽観視している。デジタル化の動きはもちろん脅威で、我々に様々な課題を突きつけている。だが、同時に読者に革新的な方法でコンテンツを届けるチャンスも提供しており、その結果、過去にはなかった形で読者と深く結びつくことが可能になった。


デジタル時代の到来で、フィナンシャル・タイムズ電子版のどのニュースや記事を誰が読んでいるのかといったことが常に把握できるようになりました。おかげでどんなニュースが読まれるのか、どんな問題やトレンドに読者が関心を寄せているのかまで分かるようになった。


メディア業界ではデジタル化という構造的大変革が今もすさまじいスピードで進んでいます。ですがデジタル化時代というのは、様々なチャンスも多く存在する。


ジョン・リディングの経歴・略歴

ジョン・リディング。英国の経営者。英経済紙「フィナンシャル・タイムズ」のCEO(最高経営責任者)。英国オックスフォード大学で哲学と政治経済学を専攻し、首席で卒業。その後、フィナンシャル・タイムズに入社。企業担当記者、パリ特派員、韓国特派員、編集主幹、フィナンシャル・タイムズ・アジア版編集長兼発行人、ピアソンアジア会長などを経て、フィナンシャル・タイムズCEOに就任。

他の記事も読んでみる

深川真

注力してきたのは社員の力をいかに引き出すかということ。その結果、いつしか社内からいろいろな情報が届くようになりました。


柳井正

我々は零細企業から出発した会社です。私を含めて経営陣の中には、まだ現場の感覚が残っている。現場の感覚を持ちながら高い意識で経営にあたってきたから、うまくやってこられたんじゃないでしょうか。


加藤宣明

営業部はお客様の立場にも立たなければならないので、「このぐらいのコストでは駄目だ」とか「技術開発がまだ足りない」とかいう声を社内に伝えることになります。ところが事業部は、そう言われると、「きみたちはそんな安値でしか売れないのか」「(そういう声に)反論ができないのか」などと不満を抱き、それを放っておくと両者のあいだに軋轢(あつれき)が生じてしまうものです。そのためデンソー社内では、伝統的に「営事一体」という言葉が代々受け継がれてきているのです。私もことあるごとに、営業部と事業部は一体だと皆に言い聞かせています。「営事一体」は、私も入社してからずっと耳にしてきた言葉なので、ごく自然に体に染みついているのです。


竹田和平

情報が教師ではなく、結果からどんな知恵を導き出せるかが大切。日本は戦争に負けたけど、その反省をふまえて、知恵と技術で世界有数の経済大国になった。


ジェイ・エイブラハム

私はコモディティ化した商品(一般化してユニークではなくなった差別化しにくい商品)をそれだけでは決して売らない。むしろ、必ず有形か無形の要素を加えて独自なもの、他と比較できないものにする。商品をパッケージで提供すれば、価値をより高く知覚してもらえる。


松本幸夫

「小さな仕事」は優先順位が低い場合が多く、つい先延ばしにしてしまいがちなのですが、それが後々仕事の停滞につながる場合も多い。これらの仕事を、予定が変わった場合や移動時間などの空き時間に処理しておくことで、作業効率を上げることができます。


市川秀夫(経営者)

サンアロマーで、事業が競争力を持ち続けるためには、過去の積み重ねを前提にするのではなく、ゼロベースで事業の基本設計を考える大切さを肌身で感じ、会得することができました。その他にも、ダイバーシティの必要性や、西欧流の交渉術やウィットの大切さなど、数多くのことを学びました。


齋藤孝(教育学者)

雑談は、相手に話の主導権を渡した方が盛り上がります。相手本位の会話になるようにこちらがサポートする。それには、相手の話にひたすら質問で返すのがとても効果的です。


中村邦晴

前任者は経費削減策をとったが、僕の役割は現地を元気づけることだと思った。マネジャーたちが元気づくと、思いは地元ディーラーたちへと伝わっていった。もともと、思いをぶつけると受け止めてくれる心の熱いラテンの人たちだ。みんなで必死になって売り込み、年間販売台数は6000台から13000台へ倍増した。帰国時、「あなたと一緒に仕事ができて本当に幸せだった」という現地スタッフとディーラーの言葉に、熱いものが込み上げた。
【覚書き|42歳でプエルトリコのマツダの輸入代理店プラザ・モータース社長として経営再建に取り組んだときを振り返っての発言】


茂木健一郎

学生に言うのは「メタ認知」が大切だということ。自分の世界だけじゃなくて、そこから一歩引いてみて、他者も含めた世界の中で全体を捉えなおすという。ところが日本人って独りよがりの自己完結で終わってしまう人が多いんです。だから戦争にも弱い。


高橋滋

自分が女性をもてなすときの発想と同じです。どうしたらこの女性が満足してくれるだろうと考えるように、お客様にどうやったら満足していただけるのだろうとスタッフ全員が考える。食事だけではなく、快適な空間と時間を楽しんでいただくために自分は何をしたらいいか、それがカシータのテーマです。


エリック・シュミット

近い将来、何かを忘れるということがなくなります。なぜならコンピューターが覚えているからです。もうわからなくなることはありません。


吉田穂波

私の子供たちも海外生活の初期はまったく英語を話せませんでしたが、毎日英語に囲まれて過ごすうち、ある日突然しゃべり始めました。言語能力というものは「インプット→アウトプット」の順番で上達するものなのだと思います。


ロミオ・ロドリゲス・ジュニア

人は、たとえ怒っていても、ポジティブな言葉を口にし続けると、徐々に心が安定し、感情の乱れがなくなる。よって、クレーマーにはポジティブな言葉を言わせることが大切。そこで有効なのが「イエス・セット法」。肯定の言葉で終わる質問を根気強く投げかけるのだ。「こういう理由でよろしいですか?」「この点にご不満なんですね?」などと質問をすると、イエスといわせやすくなる。


武藤真祐

マッキンゼーでは皆、自分に自信を持ち、夢を持っています。そしてチャレンジする勇気を持っていました。専門領域を深く掘り進むそれまでの世界から一転、先は見えないけれど限りなく広い大海原を進んでいく感覚を得ました。私はそこでアントレプレナーシップ(起業家精神)を得ました。


ページの先頭へ