名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

ジョン・ラスキンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ラスキンのプロフィール

ジョン・ラスキン。イギリスの評論家、美術評論家。オックスフォード大学教授。オックスフォード大学ラスキンカレッジとして名が残っている。おもな著作に「近代画家論」「建築の七燈」「ヴェニスの石」。晩年はナショナル・トラストの創設にかかわり文化財・自然保護活動を行った

ジョン・ラスキンの名言 一覧

人々が彼らの仕事で幸せになるためには、次の3つの事柄が必要である。彼らがその仕事に適してなければならないこと、仕事をそんなに多くしないこと、そして成功するという感覚を持たねばならないこと。


金銭は何人たるを問わず、その所有者に権力を与える。


一人の人間の歴史において、もっとも重要なことは、その人が何を目的としたかということである。その人によって成し遂げられたすべてのことは、常に大部分が偶然の事情によるものである。その偶然の機会のために実行されなかったその人の意志から遠く離れたものが出来上がってしまうことがある。そこでもっとも偉大な人たちの人生は、その人たちが実現した結果よりも、その人たちの目的と努力との中において、より多く表現されている。


ジョン・ラスキンの経歴・略歴

ジョン・ラスキン。イギリスの評論家、美術評論家。オックスフォード大学教授。オックスフォード大学ラスキンカレッジとして名が残っている。おもな著作に「近代画家論」「建築の七燈」「ヴェニスの石」。晩年はナショナル・トラストの創設にかかわり文化財・自然保護活動を行った

他の記事も読んでみる

築山節

まとまった時間を読書のためにつくるのは難しいという人も多いでしょう。せいぜい帰宅後、寝るまでに1、2時間を読書に割けるかどうか。それならむしろ、仕事と仕事の合間や移動時間など、ちょっと手が空いたときに本を読み、その都度内容を簡単にまとめておくのが効率のいい読書法です。読もうと思った本は買って手元に置き、付箋も常に携帯していると便利です。


ビル・ゲイツ

あなたの顧客の中で、一番不満を持っている客こそ、あなたにとって一番の学習源なのだ。


藤田寛之

大きな刺激を受け、うまくなりたいと痛感する。そこで、どうするか。また、何年かかけて積み重ねていくしかないな、と。自分の中でもう一段、目的意識が変わった。


堀場雅夫

50歳を過ぎると何より体力が落ちてくる。例えば、夜中に取引先と飲んでいても「そろそろ帰らんと、明日の朝、しんどいんと違うか」などと弱気になる。40代なら「明日は明日の風が吹く」てなもんで、朝まで飲んでも平気だった。だからトップスピードで走れる40代で社長になって、50歳になったら引退して次期社長のサポートに回る。役員も同様に60歳で引退や。


森脇健児

努力する者、夢語る。
サボる人間、愚痴語る。


小松俊明

企業が求める人材は、仕事を率先してやるという心構えがある人。つまりどんな仕事でも「やりたい。やります」とすぐに言える人ほど、必要とされる人材になるのです。だから仕事に対してオーナーシップを持ち、たとえ小さな仕事でも、企画から準備、実務まですべてひとりでこなせると自負できるだけの情熱をもってほしい。


渡辺謙

先輩から学ぶことは大切だけど、100%真似ることはできません。やっぱり最後は、それを自分なりにどう消化して仕事や人生に活かしていくかでしょう。


知識賢治

かつての企業再生は金融系企業が主導してバランスシートの見栄えを良くすることに力点が置かれていました。しかし、それで本当によいのでしょうか。本来は働く人たち自身が「この会社を救いたい」とわき出るような思いを持って、再生に当たるべきです。


鈴木尚広

試合前、よく神社に行っていました。少し行くだけでも、自分が不調でも、イライラがなくなり、心が穏やかになる。試合中の雑念をなくすのにも役立ちました。


蟹瀬誠一

ずっと硬派のジャーナリストとして過ごしてきましたが、50歳を機に間口を広げることにし、ゴルフにも関わるようになりました。堕落したと言う人もいましたが、自分の人生、自分で楽しまないと。


土井好広

アクティブシニアをターゲットに、「音楽を習おう」ではなく、「楽しもう」「音楽で交流しよう」という、音楽との新しい関わり方を提案しています。この世代は時間的にも経済的にも余裕があり、楽器に親しんできた人も多い。その気になれば、気軽に子や孫と3代で一緒に演奏を楽しむことだってできます。それがきっかけとなって、自身や孫に新しい楽器を買う人も増えるでしょう。シニアが音楽に親しむ機会と場所を提供すれば、これまでとは違う、大きな市場が開拓されると考えています。


林信秀

「他と何が違うのか」「どんな付加価値があるのか」「昨日の自分と何が違うのか」を絶えず自分に問いかけよう。これは自分の強みを認識し、それを活かしながら、自主性をもって働くためには必要な視点。