名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・ラスキンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ラスキンのプロフィール

ジョン・ラスキン。イギリスの評論家、美術評論家。オックスフォード大学教授。オックスフォード大学ラスキンカレッジとして名が残っている。おもな著作に「近代画家論」「建築の七燈」「ヴェニスの石」。晩年はナショナル・トラストの創設にかかわり文化財・自然保護活動を行った

ジョン・ラスキンの名言 一覧

人々が彼らの仕事で幸せになるためには、次の3つの事柄が必要である。彼らがその仕事に適してなければならないこと、仕事をそんなに多くしないこと、そして成功するという感覚を持たねばならないこと。


金銭は何人たるを問わず、その所有者に権力を与える。


一人の人間の歴史において、もっとも重要なことは、その人が何を目的としたかということである。その人によって成し遂げられたすべてのことは、常に大部分が偶然の事情によるものである。その偶然の機会のために実行されなかったその人の意志から遠く離れたものが出来上がってしまうことがある。そこでもっとも偉大な人たちの人生は、その人たちが実現した結果よりも、その人たちの目的と努力との中において、より多く表現されている。


ジョン・ラスキンの経歴・略歴

ジョン・ラスキン。イギリスの評論家、美術評論家。オックスフォード大学教授。オックスフォード大学ラスキンカレッジとして名が残っている。おもな著作に「近代画家論」「建築の七燈」「ヴェニスの石」。晩年はナショナル・トラストの創設にかかわり文化財・自然保護活動を行った

他の記事も読んでみる

博多華丸

僕らは、野望とか野心とかってあんまりないんですけど、なんだか次から次へと、それまでやったことがない仕事が回ってくるんですよ、ありがたいことに。今、坊主頭にしてるのは、福岡でテレビドラマの演技をやってるからで……。「演技なんか絶対に無理!」と思ってたんですが、望んでもできることじゃないですからね、ありがたく福岡の大人物の役を演じさせてもらいました。一生の思い出になります。これもなにかの巡り合わせなんでしょうか。


佐野陽光

どんなにやりたいことをやって欲しいもの全て手に入れたとしても、周りの人たちが苦笑いだったらやっぱり嫌。


松下正幸

企業というのは、社会の中で生まれ、育てられる存在。社会から支持されなければ、決して長続きしない。


江川昌史

確実に実現してこそコンサルの仕事。100点のコンサルをして、50点しかとれないなら、80点のコンサルをして、80点を出した方がよい。


福地茂雄

好きな言葉に「心は形を求め、形は心を進める」というものがあります。仏教の有名な教えのようで、電車通勤をしていたとき地下鉄の駅に掲示されていた仏壇店の広告看板で知りました。通勤で毎日眺めているうちに、いつしか心に残る言葉になっていました。私の父は熱心な日蓮宗の信者で、お経をあげることにかけてはプロであるお坊さんより上手なほどでした。一方、母が仏壇の前でお経をあげている姿を見たことはありません。ですが毎日欠かさずに朝4時前にお供えをしていました。先祖を大切に思う気持ち、心身の気持ちは父母ともに変わりはなく、父は「形」から入り、母は「心」から入る。表裏一体だったわけです。


浅野いにお

リアリティを保てないんだったら、まったくムチャクチャなふうにしちゃった方がいい。


田原総一朗

僕も討論の場で、知らない言葉が出てくると、「それ何、教えてよ?」と知らないことは知らないということを心掛けています。素の自分をさらけ出す。そして、その素で勝負する。言葉では簡単ですがなかなか難しい。人は歳を取るほど守りに入ります。そして体裁やカッコにこだわる。その結果、自分の心に鎧を被せ、みずみずしい感性を失ってしまう。


越智直正

POSを導入した当時、靴下業界では発注の最低単位は通常10足でしたが、私たちは物流センターで1足単位で仕分けして出荷するようにしました。注文された分だけを作る「ラーメン屋」の理想に近づいたわけです。


澁谷誠(経営者)

わが社はまもなく創業90年になりますが、私としては過去の歴史を誇るのではなく、どれだけ変化に挑戦できたか、その挑戦の歴史をこそ誇りたいと思っています。


柳井正

従業員の表情が暗い、売り場が汚いといった問題が起きる最大の理由は、店舗運営がマンネリに陥っているから。マンネリと傲慢は、店長の大敵です。店長の仕事は同じことの繰り返しでもあるので、いったん、「オレはできる店長だ」と思った瞬間に、小さいけれど大切なことに気づかなくなる。


石田宏樹

現在は、「今」必要なものを作ろうとしているベンチャー企業が多すぎます。そうした企業はスピードだけが差別化になりますから、運に頼らざるを得ず、勝ち残れる可能性も低いでしょう。しかし、今後10年にわたって、現在理論化しかされていない技術が次々と実装されていく中で、10年後の世界を考えて取り組めば、今からでも全く遅くはありません。


奥島孝康

生徒と教師の間に「こころの共鳴・共振」がなければ、知識は血の通った活きた知識とはならない。