ジョン・ラスキンの名言

ジョン・ラスキンのプロフィール

ジョン・ラスキン。イギリスの評論家、美術評論家。オックスフォード大学教授。オックスフォード大学ラスキンカレッジとして名が残っている。おもな著作に「近代画家論」「建築の七燈」「ヴェニスの石」。晩年はナショナル・トラストの創設にかかわり文化財・自然保護活動を行った

ジョン・ラスキンの名言 一覧

人々が彼らの仕事で幸せになるためには、次の3つの事柄が必要である。彼らがその仕事に適してなければならないこと、仕事をそんなに多くしないこと、そして成功するという感覚を持たねばならないこと。


金銭は何人たるを問わず、その所有者に権力を与える。


一人の人間の歴史において、もっとも重要なことは、その人が何を目的としたかということである。その人によって成し遂げられたすべてのことは、常に大部分が偶然の事情によるものである。その偶然の機会のために実行されなかったその人の意志から遠く離れたものが出来上がってしまうことがある。そこでもっとも偉大な人たちの人生は、その人たちが実現した結果よりも、その人たちの目的と努力との中において、より多く表現されている。


ジョン・ラスキンの経歴・略歴

ジョン・ラスキン。イギリスの評論家、美術評論家。オックスフォード大学教授。オックスフォード大学ラスキンカレッジとして名が残っている。おもな著作に「近代画家論」「建築の七燈」「ヴェニスの石」。晩年はナショナル・トラストの創設にかかわり文化財・自然保護活動を行った

他の記事も読んでみる

金子和斗志

「人材」を「人財」にするためには、「愛情」「時間」「お金」「理念」の4つが必要です。どれが欠けてもうまくいきません。人に対してはこれら4つを惜しみなく、徹底的に捧げてきました。


ロバート・キヨサキ

赤ん坊のときは誰でも、よちよち歩きから始めて何度も転びながら歩き方を学ぶ。その素晴らしいところは、何度転んでも笑って立ち上がることだ。あなたが、今の自分の経済状態を立て直したい、経済的自由を手に入れたいと真剣に願うなら、自分が犯した間違いから学ぶことだ。


町田勝彦

シャープとはどんな会社なのかと自問した時、ハッと気が付いた。他社に真似される独創的な商品を作るのが創業以来のシャープの遺伝子であり、企業風土ではなかったか。シャープには時間をかけて培った風土があるからこそ、独創性のある技術を育てることができるのだ。経験豊富な人間がリストラによって会社を去れば、積み重ねてきたものはゼロだ。人が風土を作り、風土によってふたたび人間が醸成され、独創性のある商品が生み出される。
【覚書き:98年の大不況時の経営危機に対し、人員整理を行わない決断をした時を振り返っての発言】


粟津恭一郎

コーチングとは、問いかけによって相手の能力を引き出し、その目標達成を促すこと。私たちコーチは、コンサルタントのようなアドバイスは一切しません。また何かを教えるわけでもありません。その代わりに質問をします。


高田明(ジャパネットたかた)

私も会社も元気なうちに引き継ぐのが大事。


川名浩一

事業のリスクを最小限に抑えるには、一言で表現するのは難しいのですが、結局は「品質」「スケジュール」「コスト」の3要素に集約されます。それぞれの重要度や緊急度は、プロジェクトの進捗に合わせて常に変化します。それを瞬時に判断し、行動に移せるか。過去のデータから現状を把握するシステムや、先を見通す力があるかどうかで差がつきます。


御手洗冨士夫

キヤノンでは毎朝一時間ほど役員たちが朝会を開いています。50年ほど前から続く伝統です。ざっくばらんな議論の中で、互いの考え方を知ることができます。お互いを知ることによって信頼関係も生まれます。海外の出張先から相談の電話がかかってきても、普段のコミュニケーションが土台にありますから、相手の考えや問題意識を即座に把握することができる。スピーディに意思疎通が図られ、答えを出すことができるんです。


三上延

僕の場合、ある程度時間をかけないとアイデアが出てこないんです。深く考えておいて、いったん頭の隅に置いたまま、ほかのこともやりつつ、また考えるというやり方です。


小阪裕司

不景気だ不景気だって言うんで、じゃあデフレだ、価格戦略だって話になっていく。でも、そういった風潮が、根拠なく行き過ぎた先に見えてくる大きな問題は、必要とされる品質すら割り込んでしまうということですよね。価格で競合すべきではない企業まで無理に合わせようとすると、当然のことながら、価値は生み出せなくなって行きますから。


小笹芳央

世の中に課題がある限り、当社の役割はまだまだ大きくなる。


杉原博茂

変革しないと、どんな企業も倒産する。


ヨアン・ヴィー・クヌッドストープ

「汎用性」と「独自性」を同時に実現できる組織であること。それこそが、レゴの存在意義であり、今後も成長の原動力であり続けると思います。


アントニオ猪木

私はプロレス修業時代、誰よりも大きな欲を持とうと思い練習した。だからつらいことにも耐えられた。苦が苦ではなかった。そして、プロレスラーを決して派手な仕事だとは思わなかった。外見は派手でも、地味な、文字通り汗と血だらけの練習に明け暮れたからで、少しも楽に生きようなどと考えてはいなかったからである。


白川敬裕

ビジネスパーソンが最低限の教養を獲得するには、どうすればいいのか。一番いいのは、様々なジャンルの本を読むことです。入社して間もないビジネスマンであれば、人間学、工学、自然科学など社会人にとって必須と思われるジャンルの基礎知識をまとめたシリーズものなどもおすすめです。


吉田忠裕

当社は1960年代から本格的に海外市場に進出し始めましたが、創業者(吉田忠雄)は海外に送り出す社員に「土地っ子になれ」と言っていました。つまり「その国で生まれた人間だと思って向こうに行ってくれ。間違えても、日本の習慣や食事と比較して不平不満を言ってはいけないぞ」と。


ページの先頭へ