名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・ライスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ライスのプロフィール

ジョン・G・ライス。アメリカの経営者。GE(ゼネラル・エレクトリック)グループ副社長、GEグローバル・グロース&オペレーションCEO(最高経営責任者)。ハミルトン・カレッジ経済学部卒業。GEに入社し、監査部門、管理業務部門、シンガポールGEプラスチックス アジア・パシフィック社長、米国GEトランスポーテーション・システムズ社長、GEエナジー社長、GEテクノロジー・インフラストラクチャー社長などを経てGE本社副社長に就任。そのほか、ハミルトン・カレッジ理事、エモリー大学理事、アトランタ市商工会議所会頭などを務めた。

ジョン・ライスの名言 一覧

グローバルで成功するには、かなりハードルの高いチャレンジングな市場でも進出する必要がある。GEのような企業の場合、アグレッシブにビジネスチャンスを営業チームが探して挑戦する一方で、はっきりノーと決断できる部分も備えておかなければいけない。


リスクを評価する非常に緻密なプロセスがあり、プロジェクトごとに判断している。


単独で進出するケースもあるが、インフラの建設プロジェクトの場合、国ごとに抱える問題が違ってくるし多すぎる。私たちが取り組まなければならない課題の大きさやスピード感を考えると、自前主義にこだわらず優秀な人たちと一緒になってベストを尽くしたほうがいい。極めてロジカルな戦略だ。


GEにはイノベーションをとても大切にする企業文化がある。大企業との提携ばかりが話題になるが、優れたソリューションを作るために、中小企業とのパートナーシップも検討の対象に入れて相手を探している。


ジョン・ライスの経歴・略歴

ジョン・G・ライス。アメリカの経営者。GE(ゼネラル・エレクトリック)グループ副社長、GEグローバル・グロース&オペレーションCEO(最高経営責任者)。ハミルトン・カレッジ経済学部卒業。GEに入社し、監査部門、管理業務部門、シンガポールGEプラスチックス アジア・パシフィック社長、米国GEトランスポーテーション・システムズ社長、GEエナジー社長、GEテクノロジー・インフラストラクチャー社長などを経てGE本社副社長に就任。そのほか、ハミルトン・カレッジ理事、エモリー大学理事、アトランタ市商工会議所会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

籠屋邦夫

凡人であっても、しっかりと情報を集め、分析を行い、選択肢を設定し、その後の結果を不確実性の影響も含めて十二分に検討した上で決断することで、ときには天才よりも優れた意思決定を導き出せます。


野口吉昭

愚直に繰り返すというと精神論に聞こえるかもしれませんが、習慣をマネジメントするポイントさえつかめれば、誰でも正しい努力を継続させることができます。習慣化するための条件として欠かせないのは、手段そのものを好きになることです。


押切もえ

私は時間があいたときに本屋さんに行って、役に立ちそうな本をまとめて買うんです。月平均15冊くらい。教養のためや、そのときに欲しい実用的な技術を身につけるための本も多いのですが、一方で、ちょっと行き詰まっている状況に対して、同じようなことで悩まないために精神を鍛えるようなものを買ったりもするんです。


糸井重里

成長は当然したいですよ。あめ玉を売る会社が「世界中の人がこのあめ玉をなめたらすごいぞ」と意気込むように、誰もが自分の会社が何百倍もの規模に育つことを想像している。でもビジネスでは、逆の事態もあり得ます。あめ玉のせいで病気になる人が出てくるかもしれない。軽々しく時価総額が何倍になりますとか、支店を100出しますとか言えませんよね。だからちょっと静かに考えませんか、と思うんです。


平野岳史

食べるためだけに働くのなら、私はとっくに仕事を辞めて、毎日好きなゴルフ三昧の生活を送っていますよ。そうしないのは、仕事で人からすごい奴だと認められ、評価される快感の方がゴルフより数段大きいからに他なりません。おそらく、これを超えたら評価されるという期待値のハードルの高さが、そのままやる気の大きさになるんじゃないでしょうか。


家訓・社是・社訓・経営理念

鴻池家家訓
【第一条】財産の八から九割を長男が相続し、残りを次男以下が分ける。これ本家の繁栄のためである。
【第二条】新儀停止や祖法遵守を決める。儲かると思っても新しい商売に手を出すな、従来の慣行を守れ、新規の大名貸しをやめよ。
【第三条】毎月に相談日を決めて万事を合議せよ。


伊藤真(弁護士)

話す内容や話し方に自信がない人も話が長くなりやすいので要注意です。自信がないと断定的に言うことができず「○○と考えることもできますが、△△と考えることもできます」というような言い回しになります。その結果、話の流れもジグザグして、聞き手は「何が言いたいの?」となってしまいます。


田村潤

一見、意欲満々のいわゆるデキる社員も要注意。自分の力を過信したゴーマン社員もミスの常連だからです。さらに怖いのは、その後です。ゴーマン社員の問題はミスが起きたとき「隠蔽」することが多いんです。プライドが高いため、ミスを認めず、上にも報告しない。それがさらなるミスを誘発する。取り返しのつかない不祥事に発展することもあり得るというわけです。


糸井重里

最良って何だろうと考えたとき、その道には失敗があるかもしれません。それでも進まなければならない。


吉田忠裕

それぞれのお客様にとって必要な品質、価格にミートするファスナーを提供できるのが一番いいわけですが、それはそのお客様にとってベストだとしても、別のお客様にとってベストであるかどうかはわかりません。そうすると、究極はワン・トゥー・ワンになります。ファスナーもコモディティ化してくるのですが、やはり「あなたのためのファスナーを提供します」という活動が重要になります。


赤羽雄二

仮説思考を鍛える機会は毎日、何度もあります。たとえば、テレビを見ていてCMが流れたら、これはどんなセグメントの視聴者に何を訴求するための内容なのか、自分ならどうするかといった仮説を常に考えるよう習慣づけます。


加藤健太(経営者)

社員の約半数が副業に取り組んでいます。内容は様々ですが、一からビジネスを立ち上げる人もいる。収益化を目指し、いわばミニ経営者となって課題に取り組むわけです。これまでにない力が身につき、起業した社員もいます。起業したら連携する仕組みです。いずれにしても、社員の能力アップで、会社の業績も上がっています。それで給料が上がればハッピーですし、自分で稼いだ分収入も上がる。いいことずくめです。