ジョン・ライスの名言

ジョン・ライスのプロフィール

ジョン・G・ライス。アメリカの経営者。GE(ゼネラル・エレクトリック)グループ副社長、GEグローバル・グロース&オペレーションCEO(最高経営責任者)。ハミルトン・カレッジ経済学部卒業。GEに入社し、監査部門、管理業務部門、シンガポールGEプラスチックス アジア・パシフィック社長、米国GEトランスポーテーション・システムズ社長、GEエナジー社長、GEテクノロジー・インフラストラクチャー社長などを経てGE本社副社長に就任。そのほか、ハミルトン・カレッジ理事、エモリー大学理事、アトランタ市商工会議所会頭などを務めた。

ジョン・ライスの名言 一覧

グローバルで成功するには、かなりハードルの高いチャレンジングな市場でも進出する必要がある。GEのような企業の場合、アグレッシブにビジネスチャンスを営業チームが探して挑戦する一方で、はっきりノーと決断できる部分も備えておかなければいけない。


リスクを評価する非常に緻密なプロセスがあり、プロジェクトごとに判断している。


単独で進出するケースもあるが、インフラの建設プロジェクトの場合、国ごとに抱える問題が違ってくるし多すぎる。私たちが取り組まなければならない課題の大きさやスピード感を考えると、自前主義にこだわらず優秀な人たちと一緒になってベストを尽くしたほうがいい。極めてロジカルな戦略だ。


GEにはイノベーションをとても大切にする企業文化がある。大企業との提携ばかりが話題になるが、優れたソリューションを作るために、中小企業とのパートナーシップも検討の対象に入れて相手を探している。


ジョン・ライスの経歴・略歴

ジョン・G・ライス。アメリカの経営者。GE(ゼネラル・エレクトリック)グループ副社長、GEグローバル・グロース&オペレーションCEO(最高経営責任者)。ハミルトン・カレッジ経済学部卒業。GEに入社し、監査部門、管理業務部門、シンガポールGEプラスチックス アジア・パシフィック社長、米国GEトランスポーテーション・システムズ社長、GEエナジー社長、GEテクノロジー・インフラストラクチャー社長などを経てGE本社副社長に就任。そのほか、ハミルトン・カレッジ理事、エモリー大学理事、アトランタ市商工会議所会頭などを務めた。

他の記事も読んでみる

荻田伍

どん底のアサヒが存続できたのは、一人ひとりの諦めない気持ちがあったから。そこにスーパードライという武器を与えられ、爆発が起きた。


花村仁八郎

私は誠実、真実一路に仕事をやってきただけ。


鈴木貴子(経営者)

今期が黒字でも、3年先、5年先のためには、まだ努力すべきことがある。


坂口陽史

自社の商品を売ってくれとは言わない。お客様に正しい保険の考え方を広めてほしい。そうすれば、おのずと百年後には日本一の会社になっているはずだ。


鈴木敏文

ネットとリアルが融合される世界では、これまで以上にリアルの「近くて便利」という価値が威力を発揮する。リアルの店舗の網の目を細かくしていく重要性は、これまでとは異なってきている。例えば、米国のセブンイレブンには米アマゾン・ドット・コムが、宅配ボックスの「アマゾンロッカー」を置かせてほしいと言ってきている。ネットで強力な力を持つアマゾンでさえ、最終的にはリアルの力を必要とする。彼らもそれがなくて困っているのだろう。


山本憲明

耳栓は仕事で集中力を高めるのに欠かせません。書類作成などの能率もアップします。耳栓は会社員の時も愛用し、スキマ時間に税理士資格の勉強に取り組みました。おかげで短期合格ができたんです。


松井忠三

海外展開では、国柄や文化、気候風土に合わせたブランドの「解釈」が必要です。


稲盛和夫

私の家が裕福で資産があり、それを元手に会社を設立したのであれば、オーナーとして余裕のある経営ができたでしょうが、創業時はお金もなく、実務経験もありません。黒字化は緊急課題だったのです。幸い、全員で必死の努力を重ねた結果、初年度から黒字決算になりました。


岡倉天心

現代の芸術家は、技術に溺れるあまり、滅多に自身を超えるということがない。


豊田章男(モリゾウ)

成長とは、たとえば当社であれば、「トヨタが成長すると世の中がよくなる」と言っていただけるようなものが理想。


川上哲治

人間の強い、弱いは、自分のもつ哲学からくる意思の強さ、弱さによる。


小笹芳央

上司の言葉を部下が納得するように、上司は自分の専門性に磨きをかける必要があります。


枡野俊明

一日の時間に余裕を持つことで、アイデアは湧きやすくなります。とくに朝は重要です。誰でも起床してすぐは頭が働きません。遅刻するぎりぎりまで寝て、朝食もとらずに家を飛び出す毎日では、アイデアを思いつく余裕はありません。まずは30分、早起きをしてみましょう。掃除をする、早めに家を出てバス停ひとつ分を歩くなど、わずかな時間の余裕で、季節の移ろいや自然の変化を感じることができるはずです。「柔軟心(にゅうなんしん)」という禅の言葉があります。固定観念や思い込みをすべて捨て去った自由な心のことを言います。偏った見方をしていると、目に見えているものに気づかないことがあります。頭をつかわずに五感をフル活用して世界を感じるときに、素晴らしいアイデアは浮かぶものなのです。


山内溥

(主力商品を花札からテレビゲームに切り替えたことについて)時代が変化したんです。そのため止むを得ず転換を図った。それだけのことでしかない。それ以降、幾多の苦難を経ながら、ともかく生き延びてこられたのは、本当に運がよかったからだ。 もっといえば、明確な経営戦略などがあったわけではなく、文字どおり試行錯誤の連続でその失敗の積み重ねの中から、少しずつ体で覚えて勉強し、それを材料 として、たまたま幸運に恵まれて、昭和55年からようやく急成長の波に乗った。要するに、任天堂は運がよかっただけなんですよ。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

いまの逆風を乗り切る方法はふたつです。ひとつはより儲かるところ、成長するところに出ていくこと。もうひとつは、構造不況にあっても、会社を儲かる体質、成長する体質に変えていくことです。


ページの先頭へ