名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・メッツラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・メッツラーのプロフィール

ジョン・メッツラー。「ブルー・フィールド・ストラテジーズ」創業者。イリノイ州出身。日本で5年間働いた後、カリフォルニア大学バークレー校を卒業。PAI社、Rosum社などを経てブルー・フィールド・ストラテジーズを創業。

ジョン・メッツラーの名言 一覧

せめて1年から2年のロードマップが必要。それがあって初めてどんな人材が不可欠なのかを判断できます。


幅広い人的ネットワークを持っていれば、人材問題を解消することにも役立つ。


買収や提携を上手く進めるのには、言葉だけでなく、文化を理解することが大事です。実際にバイカルチュラルな人材の必要性が高まっています。


アメリカ企業からは、日本の市場は不透明だといわれています。その多くは認識不足や理解度の違いにあり、それを解消する鍵は、人と人とのネットワークです。人を介して接点を持つことで、大企業であっても障壁は低くなり、多くのことが分かってきます。


ジョン・メッツラーの経歴・略歴

ジョン・メッツラー。「ブルー・フィールド・ストラテジーズ」創業者。イリノイ州出身。日本で5年間働いた後、カリフォルニア大学バークレー校を卒業。PAI社、Rosum社などを経てブルー・フィールド・ストラテジーズを創業。

他の記事も読んでみる

落合寛司

1人が30人と連携して仕事をすれば、結果的に30倍以上の仕事ができます。組織力ではなく、ネットワーク力で中小企業の経営改善に取り組んでいます。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

投資を始めるなら小さくコツコツと。人生は長いのですから、「待つのも投資」と考えることも必要です。


高島宏平(髙島宏平)

(アマゾンが参入してくることを)脅威に思わない人なんていないだろう。だが僕らも当初苦労したように(有機野菜の販売は)生産者とのネットワークがない会社がいきなり参入して、すぐに成功するような業界ではない。もしアマゾンが本気で有機野菜で日本市場に参入するのなら、我々を買収するのが一番手っ取り早いのではないでしょうか。

【覚え書き|アマゾンが米食料品スーパー「ホールフーズ・マーケット」を買収したことについて】


藤田晋

もし、少しでも他者への依存状態を自覚した場合は、「自分はどうしたいのか」という自分基準で考え、行動してください。他者依存の状態に比べると、自分に大きな責任が生じるうえ、失敗のリスクも背負いますが、人はそうした環境に置かれないと成長しません。


江上治

人生や社会そのものの展開は、「今日」の続きが「明日」で、明日は明後日につながっている。一切、切れ目がない。今日の現実が、完全に独立した存在であって、明日には無関係な存在として消滅しているということはあり得ない。人生で今日、努力したことは、何日かしてからの結果に反映するし、世の中で今日起こったことは、明日、明後日、あるいはもっと後の出来事に影響する。そこで社会で起こることのすべてがつながっているという事実を考えれば、将来、起きるであろうことの種(タネ)は、現在に播かれていると考えて間違いではないだろう。


森繁久彌

人生には二度や三度はチャンスが来る。意味なく生きているはずはない。人間が人間のために作った社会なのだから。いたずらに焦っても運は向こうから来るもので、ただ眼をふさいでいては見そこなうことがあるということだ。


長島徹

自分の番で、いったいどんな経営をやるべきかを知るために、帝人の過去を勉強する必要があると考えたのです。過去の経営者がやってきたことを学ぶことで、自分は何をやるべきかが見えてくるのではないかと。自分のボジショニングを知るために、歴史を学ぶことはとても有効だと思います。帝人の過去を学ぶことから、CSR経営や環境経営という発想が出てきました。
【覚書き|社長就任時に自社の歴史について学んだ理由を語った言葉】


古森重隆

世の中全体が外に答えを求めすぎているように感じる。だが、外部に答えを求めたところで正解はまず得られない。答えは自分の中にしかない。


高野悦子(映画運動家)

歳も30近かったものですから、初めは言葉との格闘で死にそうでした。しかし、映画監督がやりたいのですからフランス語を覚えなければいけない。毎日、単語を50ずつ、狂ったように覚えました。人間というのは本当に望むとできるんですね。3か月ぐらいたちましたら、人の言うことが「ハッ」と分かるようになり、それで、ヘタなフランス語で大学に入って、皆さんと互角に勝負しました。
【覚え書き|フランスの映画学校に留学したときを振り返って】


筒井義信

生命保険会社は人材育成産業です。人材の育成によってお客様の信頼を得て、それが事業発展の礎になるわけですから、まず初期育成をしっかりしていきます。


前澤友作

僕は決して言葉の多い経営者ではないと思います。スタッフ全員の前で話すのは、年二回程度でしょうか。朝礼にも出ないし。その代わり、社長や上司が自分の行動でメッセージを伝える、つまり「背中を見せる」ことは大事だと思います。


安田佳生

大きく値上げするということによって、既存の顧客を入れ替えることができます。従来の顧客を捨て、より高額で質の良い商品を買う顧客を手に入れるのですから、長い目で見れば、非常に大きな利益とブランド力を得る可能性をつかむということです。