名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・メッツラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・メッツラーのプロフィール

ジョン・メッツラー。「ブルー・フィールド・ストラテジーズ」創業者。イリノイ州出身。日本で5年間働いた後、カリフォルニア大学バークレー校を卒業。PAI社、Rosum社などを経てブルー・フィールド・ストラテジーズを創業。

ジョン・メッツラーの名言 一覧

せめて1年から2年のロードマップが必要。それがあって初めてどんな人材が不可欠なのかを判断できます。


幅広い人的ネットワークを持っていれば、人材問題を解消することにも役立つ。


買収や提携を上手く進めるのには、言葉だけでなく、文化を理解することが大事です。実際にバイカルチュラルな人材の必要性が高まっています。


アメリカ企業からは、日本の市場は不透明だといわれています。その多くは認識不足や理解度の違いにあり、それを解消する鍵は、人と人とのネットワークです。人を介して接点を持つことで、大企業であっても障壁は低くなり、多くのことが分かってきます。


ジョン・メッツラーの経歴・略歴

ジョン・メッツラー。「ブルー・フィールド・ストラテジーズ」創業者。イリノイ州出身。日本で5年間働いた後、カリフォルニア大学バークレー校を卒業。PAI社、Rosum社などを経てブルー・フィールド・ストラテジーズを創業。

他の記事も読んでみる

楠木建

重要なのは「なぜ」という問いを立ててから、別の策を試みているかどうか。


波戸内啓介

企業と経営幹部をいかにマッチングさせるか、そのためには各々の個性を知ることが重要。面談ではまず相手の人生を振り返り、何をしているときに充実感を覚えるのか、どんな働き方を望んでいるのかなど、時間をかけてじっくり話をお聞きします。そこで価値観を把握しておけば、相応しい企業がわかり、自信をもって提案できます。


宇田川建

私達が大切にしている習慣化とは、「その行為を行なわないと落ち着かない。不快な状態になる」ことです。朝の洗顔や食後の歯磨きと同じように、「英語の勉強をしていない日は違和感を覚える」ようになるかどうかが勝負の分かれ目。この状態になれば、時間の経過とともに英語力は自然と上がっていくものです。


曽野綾子

人間は、完全に理解されるなんてことはありえません。ですから、それを踏まえてなお、自分が思っていることを誠実に話し続けたり、あの方の言いたいことはこういうことなのではと考えたりしながら、人間理解を深めていくわけです。


安渕聖司

ビジネスマンのスキルアップも、スポーツと同じ。陸上競技の選手は、毎日トラックで走り込みをしますが、これと思ったときに、いままでのやり方を変えてみる。速いタイムが出ればその方法を採り入れる。そうやって毎日ブラッシュアップしていった結果が、新記録につながっているはずです。


古田敦也

進化しようと、情報を採りいれ、いろいろな話を聞けば聞くほど迷いも増えてきますが、最終的に決断することができれば、それでいいと思うのです。決断できなければただの優柔不断ですが、最終的にしっかりした決断ができればそれでいい。つまり「優柔決断」です。


米山公啓

脳の活性化に必要なのは、緊張とリラックスのちょうどいいバランスです。自律神経で言えば、戦闘態勢を作る交感神経と、心身をリラックスに導く副交感神経が、バランス良く交互に切り替わっている状態です。その切り替えが一番作りやすいのが「笑い」です。笑っている最中は交感神経が活発になりますが、笑った後は副交感神経が優位になり、心身がぐっと深いリラックス状態に入っていきます。


佐藤優

組織の強みとは何か? それは1+1+1が3ではなく、5にも10にもなれるということ。お互いが分業し、専門化することでパフォーマンスが一気に高まる。ただし、これはお互いが信頼関係を持ちながら、一つの方向を目指して協力し合う場合。


ジム・ロジャーズ

個人投資家は、政治的な好みに引っ張られることなく、その国や指導者の意向を、冷静に合理的な目で眺めて欲しい。それが、投資で成功するための秘訣だ。


尾崎裕

ここ(関西)の地方文化が我々の企業文化に影響していると思うし、新しい取り組みもこちらがだいたい多いですよね。東京は中央官庁のお膝元だから、みんな行儀よくて、横の関係を保ちながらやる。お上からの圧力もある。関西は「そんなの自分でやったらええねん」という世界で、役人が言ったって、「そんなのできまへん」という文化があります。江戸時代からそうです。ここは商人の町で、全部自分たちでやるんだという意識が強い。そういうところはDNAとして関西に残っていると思います。


橋下徹

きちんとした検討もせずに過剰対応のルール(行動基準)を設定してしまうと、必ずそのルールは形骸化し、組織が適切に動かなくなる。たとえば役所の仕事には個人情報の漏洩がつきものだ。「不必要なメールアドレスを対外的に発信してしまった」「不必要な個人情報を書面に記載してしまった」などなど。あれだけの膨大な事務作業を毎日やっているのだから、何らかのミスは生じる。そのときに対応策として必ず持ち上がるのが「ダブルチェック」。2人の目でチェックする、というものだ。このダブルチェックを取り入れると、個人情報漏洩の事件が発生するたびに、その事務作業は2人でやる行動基準になってしまい、倍の人手がかかる。しかし、役所の人手もそこまで余っているわけではない。いつの間にかダブルチェックのルールは形骸化し、建前では2人が関わっている形になっているが、2人がしっかり目を凝らしてチェックするような姿勢ではなくなってくる。これは役所に限らず、巨大組織、いや組織の性だと思う。問題が発生すると、それに対応するための行動基準をつくる。しかしその行動基準がいつの間にか形骸化してしまって、また同じミスが生じる。


泉谷しげる

逃げるのは絶対に嫌だ。過酷さを避けたら心の中に「避けた自分」が残っちゃう。それなら、やれるかどうか「向かった自分」が残った方がいいよな。