ジョン・マッケンローの名言

ジョン・マッケンローのプロフィール

ジョン・マッケンロー。ドイツ生まれのプロテニスプレーヤー。優勝回数は83回、うちグランドスラム7回。そのほか輝かしい実績を成した選手。現役引退後は米国チーム監督を務めた

ジョン・マッケンローの名言 一覧

僕の心の奥に、いつも僕にはまだ何か可能性が残っている。それを試さずにやめるのは卑怯じゃないか。自分自身を騙しているという気持ちがあったんだ。


ジョン・マッケンローの経歴・略歴

ジョン・マッケンロー。ドイツ生まれのプロテニスプレーヤー。優勝回数は83回、うちグランドスラム7回。そのほか輝かしい実績を成した選手。現役引退後は米国チーム監督を務めた

他の記事も読んでみる

田中雅子(経営学者)

日々の仕事のなかに、理念浸透のカギは潜んでいます。だからこそ、チャレンジングな仕事の提供や、成果を上げた人に正しく報いる組織を構築していくことが肝要。


島田洋七

サラリーマンでも、別に飽き性の人がいてもいいんちゃうかな。飽き性の人が同じ計算ばかりする経理部とかに配属されたら、その性格が欠点になるかもしれないけど、次々と新しいことを考えなければならない企画部に行けば、たちまち水を得た魚のように生き返り、ヒットメーカーになるかもしれない。


高田純次

適当男と言われている僕が言うと、自分を正当化しているようでなんだけど、日本人はいい意味でもう少し気楽に、適当に生きていいんじゃないかと思う。


蔵田理

良いサービスを提供するためにまず「自分自身が商品だ」と言い聞かせて、ホテルマンとしての身だしなみ、話し方、行動の仕方にもプロとしての仕事のやり方を考えるようになりました。とくにコミュニケーションのとり方は大切で、これが仕事の基本だと確信しています。


山下勝(経営学者)

従来の組織間理論では上司一人に対して部下は7から8人が適正とされていましたが、メールなどの情報ツールの発達で現在の管理職は10から20人の部下を抱えることも可能という意見もあります。しかし、この議論は大いに疑問です。確かに業務上の報告・連絡ならメールでも可能です。しかし本来、上司が部下に仕事を与えるときは、部下と話し、様子を観察して仕事を割り振る必要があります。メールではこの部分がフォローできません。報連相の相談の部分がスッポリ抜けてしまうのです。


西川真梨子

筋肉トレーニングを長く続けられるコツとしては、とにかく「楽しむ」ことです。メニューのバリエーションも多く取り揃え、自分の限界に挑戦しています。できなかったメニューができるようになったり、体の変化を感じたときは、とてもやりがいを感じます。


古池進

私は半導体技術者ですが、半導体技術の進化が世界を変える、という考え方は間違っていると思います。エレクトロニクスの世界は基本的にはアプリケーション(用途)がマーケットを引っ張っていかなければなりません。テレビからパソコン、そしてスマートフォンへと、それぞれのアプリケーションを快適に動かすために半導体を生かす。半導体はそれ自体必要条件ではあっても、十分条件ではないのです。


アントニオ猪木

俺たちは、生まれながらに偉いのではない。全力でぶつかり、失敗し、それでも立ち上がって、また失敗し、やっと何かをつかんだかと思ったら、虚しくも朝の露。しかし、まだまだくたばらない。俺には欲があるんだ、夢があるんだと向かっていく。そうして、ちっぽけながらも、自分だけができる何かをつかんできた。


小倉昌男

悪い環境から脱するには、全然別の場所に移り、まったく新しいところで仕事をしたらどうかと考えた。
【覚書き|ヤマト運輸が工場と店舗間の商業輸送から、個人間の宅急便に業態を変化させた理由について語った言葉】


吉田晴乃

私は毎週末に40km走っています。普段、四六時中、仕事のことを考えているので、頭の中を空っぽにできるのは走っている時だけ。最近、膝に水がたまって治療したのですが、痛くても走るのをやめません。無心になれる大切な時間ですから。


文野直樹

ノウハウなんてあっても空気みたいなもので、ロイヤリティの対価としても曖昧になってしまう。つまるところはモノですよ。売れる商品を提供し続ける本部が一番強い。


室田淳

僕の場合、結果が出ないのは自身の技術不足。そう思っています。


松岡修造

日々の仕事の中にも、ちょっとした好奇心を満たしてくれる発見や、人との出会いがあるはずです。それをもっと楽しめば、「今日は昨日の延長線上」という意識がなくなっていき、毎日、何かしら新しいことをしていると感じられると思います。


篠原欣子

事業が世の中のためにならなくてはいけませんので、いつまでも企業理念に沿って歩み続けたいと思っています。具体的には「雇用の創造・人々の成長・社会貢献」ということを目指し、お客様に信頼されるものを持つ会社になるということです。この部分は経営者が変わっても、絶対に変わらずにありたいと思っています。


上野金太郎

右肩上がりは経営者が目指すべきもの。新しい試みへの挑戦はブランドの鮮度を保つためでしょう。


ページの先頭へ