名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ジョン・ボーグルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ボーグルのプロフィール

ジョン・C・ボーグル、ジャック・ボーグル。アメリカの投資家。「バンガード・グループ」創設者。プリンストン大学卒業。全米投資運用調査協会殊勲賞、ウッドロー・ウィルソン賞を受賞。ビジネス雑誌『フォーチュン』の「投資の世界で最も偉大な4人」に選ばれた。ボーグル金融市場研究センター所長。

ジョン・ボーグルの名言 一覧

リターンに関しては、時間はあなたの味方である。しかし、コストに関しては、時間はあなたの敵である。


ジョン・ボーグルの経歴・略歴

ジョン・C・ボーグル、ジャック・ボーグル。アメリカの投資家。「バンガード・グループ」創設者。プリンストン大学卒業。全米投資運用調査協会殊勲賞、ウッドロー・ウィルソン賞を受賞。ビジネス雑誌『フォーチュン』の「投資の世界で最も偉大な4人」に選ばれた。ボーグル金融市場研究センター所長。

他の記事も読んでみる

永守重信

売り上げは企業にとって、人間に例えると血液。まず売り上げが先行しないと利益は出てこない。利益率を上げれば、利益が上がるという意見もあるが、売り上げを先行して伸ばすことが全体の業績回復のキーになってくる。


玉置半兵衛

父はこんなことを、散歩の途中で地面に木切れで書いたり、釣り堀の水面に竿で書いたりしながら話してくれました。

ええか、しゃべることを「言」うと書く。ニンベンを付けると「信」や。しゃべることは「云」うとも書く。ニンベンを付ければ「伝」。人はやるべきことをちゃんとやり、言うべきことをしっかり言ってこそ、伝わり、信じてもらえる。お客様にも、一緒に働いてくれる人たちにも、ちゃんと感謝の気持ちを伝えなさい。そうして「信」じ合う「者」が集ってこそ「儲」けになる。もう一度分けて「信」と「者」で信者。「この人の言うこと、やることは間違いない」と相手に信じてもらえてこそ、商売を続けることができるのや。


上野和典

去年売れたものを、マイナーチェンジしてもう一度出す、といった方法は3回が限界。それ以上やると飽きられます。定番となっているコンテンツを扱う際は、とくに意識して新規性を出すよう努めています。


小泉文明

私自身も取材で失敗についてよく聞かれるのですが、ほとんど覚えていません。社会人1年目にある経営者から教わった「成功するまでやり続けるだけ」という秘訣を信じていますから。「失敗」というラベリングをする必要はなくて、次に生かせばいいのです。


津田晃

会話の糸口をつかむために私が初対面でよく使っていたのは、相手の名前と出身地の話です。具体的には、名刺交換をしたら「○○さんですね。△△のご出身ですか?」などと、話を続けます。相手の名前に注目し、出身地の話へとつなげていくと、親近感をもっていただけるのか、自然と会話が弾みますね。そのためには、ちょっとした事前の準備が必要です。私は、日ごろから、名前事典と地名事典を参考書代わりに、名字にまつわるうんちくや、地名の由来などのネタを仕込んでいました。


チャールズ・ブコウスキー

小さな種火を残し、その火を絶やさないで。種火さえあればまた燃え上がるから。


守屋淳

歳を取ると慢心しやすくなる。緊張感を維持し続け、自分を厳しく節制し、成長させようという努力は、体力、気力がないとなかなかできない。40代半ばを過ぎると、どうしても緊張が緩んできます。それまでに自分のやり方がうまくいっていれば、このままでいいと考えるようになる。


宮崎輝

いかなる大企業といえど、五年間なんら思い切った手を打たず、現状に満足し続けていれば、あっという間に傾いてしまう。【覚書き:25年の社長生活を終了させ会長に退いた時の言葉】


松本正義

会社が縮小する中、唯一、変えなかったものが研究開発費です。企業の成長の源泉は研究開発にあります。研究開発費を削れば、その分利益は増えますが、次の世代に引き継いでも困らないようにしなければならない。自分がトップのときに利益を出そうと県kっ幽開発費を削るわけにはいきません。


佐々木かをり

私の辞書に「不安」という文字はありません。先行き不透明な状況は人生につきものですから、もちろん先を考えることはあります。でも、それを「不安だ」と言語化することはありません。別の表現をすることで前進できるからです。


徳岡邦夫

大人は若者に、夢に向かってまっすぐ走ることを期待しがちです。しかし、迷走こそ若者の特権なのですから、ときには小休止することがあってもいいはずです。大切なのはまっすぐ走り続けることではなく、目標を見失わないこと。指導する側も「頑張りが足りない」と責めるばかりではなく、「何度立ち止まったって、また挑戦すればいい」と教えることも必要ではないでしょうか。


木内博一

当社は事業部制をとっていますが、各事業部は3~5人の少人数です。組織のサイズは3人が原型だと思うのです。つまり爺ちゃん、父ちゃん、倅(せがれ)です。父ちゃんが第一線で働き、爺ちゃんは外向的な窓口の役割を果たす。倅は使われる身分ですが、いずれ確実に父ちゃんになれるから、使われる立場に耐えられる。このサイズだと、各世代がそれぞれの将来像をきちんと描けるわけですから、組織が活力を失わないのです。