名言DB

9413 人 / 110706 名言

ジョン・ベンダーの名言

twitter Facebook はてブ

ジョン・ベンダーのプロフィール

ジョン・ベンダー、米国の株式トレーダー。莫大な利益をトレーディングで稼ぎ出し、得た利益で南米コスタリカで広大な熱帯林を購入、失われつつある自然を保護する活動を行っている。

ジョン・ベンダーの名言 一覧

知的財産権を伴う製品を作るのでなければ、やがては企業の利益がゼロになります。インターネットはビジネスにおける参入障壁を低めました。知的財産を除けば競争に際限がありません。いまや誰でも最低限のコストでウェブサイトを立ち上げ、充実したインフラを有する老舗企業と同じ製品を売ることが出来ます。宅配業者を使えば、マーケット部門も流通センターも必要ありません。


ジョン・ベンダーの経歴・略歴

ジョン・ベンダー、米国の株式トレーダー。莫大な利益をトレーディングで稼ぎ出し、得た利益で南米コスタリカで広大な熱帯林を購入、失われつつある自然を保護する活動を行っている。

他の記事も読んでみる

鈴木喬(経営者)

経営者の心意気が大事。くよくよしても始まらない。前に進むことが必要。


菅谷太一

不動産投資は入口となる物件選定と融資を間違えず、運用と出口のポイントを押さえれば、長期的には確実な収益を生んでくれる最良の投資です。しかし、物件の供給過剰が起こる中で、確実に入居付けをするには、賃料設定に妥当性があり、物件価格に妥当性があると思える物件を購入することが重要です。


小泉光臣

常に他社をしのぐスピードで利益成長を続けることで、その先にナンバーワンがある。


森岡毅

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の再建時には、ハリー・ポッターのアトラクションのような大きなブレークスルーがありました。ただそれは何十回もある価値創造の中で出てきた話です。小さなイノベーションでも消費者を幸せにしますし、業績も上がります。あまり大上段に構えすぎるのは良くないでしょう。


岡崎慎司

僕はまだドイツ語がそれほど話せるわけじゃないけれど、練習中のプレーや振る舞いで意思を伝えることはできる。その積み重ねが結果につながった。


ジェームズ・ダイソン

技術の変化はかつてなく激しくなりました。昨日の成功体験が明日も役立つとは限らない時代です。過去の経験は価値になるどころか、むしろ障害となる可能性もある。ダイソンもこれまでの成功体験は捨て、未来に向けて変わり続ける必要があります。


大山健太郎

アイリスは大阪で技術者の中途採用を実施しました。狙いは経営難で人員削減を実施するシャープやパナソニックなど大手電機企業出身の人材です。地方企業であるがゆえに、優秀な人材を取り逃してきたのは一度や二度ではありません。そこに降ってわいた家電メーカーの経営危機。海外企業に引き抜かれれば国としてもマイナスですから、そういった人材をアイリスで再活用したいと考えたんです。


プレム・ラワット

私たちはとても仲のいい親子でしたから、父の死はつらい体験でした。乗り越えるのは非常に難しかった。けれど、そこではっきりしたこともありました。父が死んだのは、私が何かやったからでも、父が何かしたせいでもない。死は皆に同じように訪れるものであり、その悲しみを味わうのも自然なことなんです。日が昇り、沈むように、これも自然の流れなのだと理解しました。


森山透(経営者)

持ち株会社をつくり複数の会社をぶら下げることも考えました。その方が、統合の苦労は少なかったでしょう。しかし、フルラインで顧客と向き合うために、ひとつの会社になる険しい道を選びました。


三谷宏幸

まず現場に行ってお客様、さらには競合他社から話を聞いて会社の強み、弱みを知り、その上であるべき論を組み立てて、現状はどうかと考えていくことが必要です。現場に行かないと真実は見えず、将来も見えません。


太田肇

職場で犠牲バントをしようと思ったら、職場の得点になる仕方をしなくては意味がない。職場のメンバーの利害を見抜き、その利害に上手くフックするポイントを見通して、単に、誰もがやりたくないことを買って出るのではなく、誰もがやりたくないけれど、それをやれば確実に職場にメリットがあるポイントだけを狙って自己犠牲を果たすことだ。


ウルリッヒ・シュピースホーファー

人材が権限を与えられ、一定の計算の中でリスクを取ることが許されると、徐々に強いリーダーが成長していく。


大谷將夫

計画段階で可能な限りコストダウンを検討します。ここでは脇の甘いコスト管理は許されません。必死に知恵を絞りながら、慎重に、繊細に、悲観的に計画を練ります。知恵を使ったコストダウンにこそ、成功のカギがあるのです。


田原総一朗

日本には一代での成り上がり成功者を嫌い、足を引っ張りたがる傾向がある。ただし、成り上がりでも一つだけ気をつければ、足を引っ張られることはありません。それは単純ですが、年配の人に気に入られること。孫(正義)さんや三木谷(浩史)さんはこれができた。


伊藤真(弁護士)

参考書などを1ページ目から順番に読んでいき、完璧な理解を積み重ねながら全部をマスターする勉強法は不可能だと思ったほうがいいでしょう。途中でわからないことがあって当たり前。「まあ、いいか」くらいに思って、最後までたどり着くことが大切です。その後、最初から2回目を読む。すると、一度全体を通したことで関連性が理解できているので、1回目にわからなかったことがすっと頭に入ってきます。繰り返し読むことで基礎・基本を徹底していけば、勉強はもっと面白くなる。それが記憶や継続につながっていきます。