名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

ジョン・ブライトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・ブライトのプロフィール

ジョン・ブライト。イギリスの政治家、反戦活動家。イングランド・ランカシャー出身。いくつかの学校で学んだのち、16歳で父の所有する繊維工場で働き始める。その後政治活動を開始。庶民院議員、通商庁長官、ランカスター公領担当大臣などを務めた。

ジョン・ブライトの名言 一覧

人気はその日の風とともに変わる。


ジョン・ブライトの経歴・略歴

ジョン・ブライト。イギリスの政治家、反戦活動家。イングランド・ランカシャー出身。いくつかの学校で学んだのち、16歳で父の所有する繊維工場で働き始める。その後政治活動を開始。庶民院議員、通商庁長官、ランカスター公領担当大臣などを務めた。

他の記事も読んでみる

高松信彦

カネと戦略さえあれば企業が発展するわけではない。社員一人ひとりの頑張りがあってこそ、企業は育つ。新日鉄住金時代、何度もそう実感しました。


櫻田慧(桜田慧)

目上の人にはとにかく可愛がられろ。目下の人からは慕われないとダメだ。


篠原あかね

よい宴会をするためには事前準備と観察が重要です。宴会の趣旨を明確にしてよく分析しきっちりと段取りすること、当日はよく観察すること。


榎本博明

上司が喜ぶことしか言わない取り巻きを置いて、組織の論理に流されやすい人間だけでやっていける時代は終わった。


藤井薫(経営者)

創業当時、機械設計のノウハウ以外には何もない。ビジネスのことは何も知らずに実業の世界に飛び込んでしまったのだ。そこでまず考えたことが、「本質は何か」ということだった。製麺機ビジネスの本質、それは「安全で美味しい麺ができる製麺機をつくる」ということと定義した。では美味しい麺とは何か。私の得意とする科学的アプローチによって、うどんの麺の原料である、塩分、水分、小麦粉などを徹底的に分析した。それこそ寝食を忘れて一心不乱に研究に没頭した。


小泉信三

道徳的背骨(モラルバックボーン)という言葉は英米での慣用語か否かよく承知しないが、この背骨を日本国民は、武士の家庭教育によって養った。福沢諭吉も新島襄も内村鑑三もみなサムライの家の子として育ったのである。


大高弘之

不況で研修に経費がかけられない、という企業には「こんな時代だからこそ、いま投資して、ますます売れなくなる時代に備えるべきです」と説きます。一歩先を見通すことで、お客様も商品の必要性に気づいてくれる。


羽田圭介

3年半ぐらい前は、新作小説を出版しても最寄りの書店に全然置かれないという状態でした。だからどこからもリアクションがない。文学賞みたい強ものに引っかかるのを漫然と期待しながら書くのはもう止めよう、でも紋切型のエンターテインメントを書くのも嫌だ、と。それで、ポップな感じで読める純文学作品にしよう、という考えが浮かびました。


田島弓子

会社員時代に半年や一年といった中長期のプロジェクトに取り組む際、中だるみしないために私が実践していたのは目標を細分化し、それをひとつひとつつぶしていくという方法です。大きな目標も小分けにしてリスト化し、達成できたものから蛍光ピンクのマーカーで塗りつぶしていきます。リストがピンク色になっていくのを確認することで、ちゃんとできたという達成感が持てます。


桐山一憲

小売りでは厳しい状況が続いています。社員には「こんなときだからこそ、ものごとの根幹や基本を見つめ直そう」と話しています。我々は本当に消費者の声に真摯に耳を傾けているのだろうか。消費者に対して正しいコミュニケーションを行っているのだろうかと。


西川きよし

最近、インターネットで昔の自分の漫才をよく見るんです。「ネタが面白いなぁ」と、自分でも思うんですけど、きっと身近な内容を取り上げているから、時代が変わっても通用するんでしょうね。


江尻義久

実は、ミャンマーの工業団地側と工場設置の調印を交わした翌日の2011年3月11日に東日本大震災が起きました。現地側からも社内からも進出の見送りムードが高まりましたが、進出に必要な2億5000万円の送金をすぐに決めました。震災によって当社の物流機能も止まり、生活物資が不足するなど、大変でした。しかし、ミャンマー進出は5年、10年の長期的な視点に立って決めたこと。実行するべきだと決断しました。