ジョン・ブライトの名言

ジョン・ブライトのプロフィール

ジョン・ブライト。イギリスの政治家、反戦活動家。イングランド・ランカシャー出身。いくつかの学校で学んだのち、16歳で父の所有する繊維工場で働き始める。その後政治活動を開始。庶民院議員、通商庁長官、ランカスター公領担当大臣などを務めた。

ジョン・ブライトの名言 一覧

人気はその日の風とともに変わる。


ジョン・ブライトの経歴・略歴

ジョン・ブライト。イギリスの政治家、反戦活動家。イングランド・ランカシャー出身。いくつかの学校で学んだのち、16歳で父の所有する繊維工場で働き始める。その後政治活動を開始。庶民院議員、通商庁長官、ランカスター公領担当大臣などを務めた。

他の記事も読んでみる

村田昭治

必要なのは、やりぬく粘り、あきらめない根気、燃えるファイトをもった突進力だ。そのパワーが市場からの最良の見返りを手にする途(みち)を拓く。


山本忠人

サービスやソリューションで重要なのは、お客様の経営課題を発見して解決する力を磨くこと。しかしそれは簡単ではない。自分たちが体現していないものを口先だけでアピールしても、お客様に信用してもらえない。つまり「言行一致」が大事。お客様の課題を発見するには、富士ゼロックス自身が「現場」「現実」「現物」の観点からムダを減らして生産性を高めることが必要。


阿部寛

与えられた役ですから、イメージしている人物に近づくように痩せるのはあたりまえのことですよ(笑)。

【覚え書き|役作りのため1日で7kg痩せたことについて】


筒井道隆

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」と言われますけど、そういった苦労は結局社会に出てからありがたいことだと感じられるし、その面では父に感謝しています。何でもそうですが、ベストの境遇というのはないです。


太田彩子

お客様は、自分のお店に関して何かしらのこだわりを持っています。企画を提案する前に、まずはそれをヒアリングして、強みであるコアコンピタンスな部分をむしろ伸ばすように、どれだけその周辺を盛り上げていくかということを考えて提案していました。


岡藤正広

会議で話すよりも、飲み屋で腹を割って話す方が役に立ちます。会議で話したところで誰も聞いてはいません。私は会議の回数は減らしたほうがいいと思っています。


トマス・エジソン

ここには規則なんてものはない。何かつくればいいんだ。
【覚え書き|研究所の新入社員に「規則はないんですか?」と聞かれたときの発言】


大島武(学者)

こちらの意思をハッキリと伝えたいときは、まず目線をしっかりと合わせる。それから、言葉で意思を表現する。端的に相手に思いを伝えることができます。


中村貞裕

インプットするだけではただの情報オタク。情報オタクとミーハーの違いは、アウトプットすること。良い情報が入るほど目利きになれる。


加藤好洋

相手を信じることが相手を変えることにつながる。


出口治明

人間は偶然の出会いを繰り返しながら、人生を構築していく生き物です。自分自身の転機を振り返ってみてください。すべての転機が何らかの偶然の出会いから生まれていることに気づくでしょう。


仙田満

私は、研究と設計は同じだと考えていて、仮説を持ってそれを証明していくという両輪の関係にあります。学生や若い建築家にいつも言うのですが「研究に基づくデザイン」を大切にし、その両分野に挑戦してほしいと。


橋本治

ものごとを自分でトータルに知るのではなくて、情報はいちいち細分化されて専門化されて、各分野において個人が自立していればいいんだみたいに思い込まれているけど、そういう先入観でものごとをとらえていても、たとえば「この廃墟からどう立ち上がったらいいんだ」みたいなゼロから出発するためのノウハウはないままになってしまうんですよ。でも、本当はいまの時代はそういうものこそが求められているのではないでしょうか。


前刀禎明

気になる情報は自然と引っかかってくるものです。問題意識があれば、点と点がつながるような感じで、情報が自然と頭に入ってきて、アイデアも生まれてきます。


麓幸子

時短制度が使えても、周囲の人が残業していたら、早く帰る女性は申し訳ない気持ちになる。それが積もり積もれば、「私がいるとみんなに迷惑をかけるから、辞めるべきなのだろうか」と考えます。まずやるべきことは、業務を効率化して、残業が前提となっている職場を変えること、誰もが定時で帰ることが当たり前になるような職場を作ることです。


ページの先頭へ