名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ジョン・フレデリック・チャールズ・フラーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ジョン・フレデリック・チャールズ・フラーのプロフィール

ジョン・フレデリック・チャールズ・フラー。イギリス陸軍軍人。陸軍戦術研究者。機甲師団による電撃戦理論をはじめて構築した人物。しかし、イギリス軍では採用されることはなかった。電撃戦はのちにナチスドイツにて採用されることになる。

ジョン・フレデリック・チャールズ・フラーの名言 一覧

浮浪者が熱い風呂に我慢できないように、平凡な将軍は変化に我慢できない。なぜなら、毛布にこびりついたタールのように、先輩から学んだ戦闘ドクトリン(軍隊の基本的な運用思想や主義)が先入観として頭の中を完全に支配しているからである。


ジョン・フレデリック・チャールズ・フラーの経歴・略歴

ジョン・フレデリック・チャールズ・フラー。イギリス陸軍軍人。陸軍戦術研究者。機甲師団による電撃戦理論をはじめて構築した人物。しかし、イギリス軍では採用されることはなかった。電撃戦はのちにナチスドイツにて採用されることになる。

他の記事も読んでみる

山折哲雄

グローバル化が進もうとも、我々は伝統精神を忘れてはなりません。


山崎秀嗣

マニュファクチャリング(製造業)とは、man-u-fact-u-ring。つまり製造業とは「man(人材)」、「fact(現物)」、そして「ring(総力)」の3つを「u(unit=単位)」で結び付けたものです。


豊福公平

腹を割って話せば、相手に信用してもらえるのです。それも普通の人が言えないようなことをズバッと言うからこそ「私はあなたのことを真剣に考えているから、あえて言いにくいことを言ってるんですよ」というのが伝わるのです。しかも、そんなことを面と向かって言われる機会なんてなかなかないので、相手にとっては強烈な体験となり、「本当に信用できる貴重な人材」として強く記憶されるのです。


鈴木宗男

いうまでもなく政治家・鈴木宗男の生みの親は中川一郎先生であり、育ての親は金丸信先生です。中川先生と金丸先生に共通しているのは、人間関係を大事にする情の政治です。中川先生には「人間関係が細いか、太いかで政治家の将来が決まるぞ」とよく言われたものです。


山海嘉之

小学3年生のときにアイザック・アシモフのSF短編集『われはロボット』を読みました。物語は西暦2058年が舞台。テーマは人とテクノロジーの関係です。小学6年生までには「社会の役に立つロボットを作りたい」と明確に思っていましたね。そして、研究者や科学者としての倫理にも目覚めていました。当時の文集には「科学とは悪用すればこわいもの」と書いていましたから。


中山讓治(中山譲治)

いまやほとんどのもの、優れた社員、顧客、ブランド、さらには会社に至るまで、お金で買えるようになりました。唯一買えないもの、それは意志です。この会社をこんな会社にしたいという意志だけは、お金で買えません。それが経営の本質であるというのが、私の結論です。


家本賢太郎

会社が何をビジョンとして掲げているのか、何を理念としているのか、思いを一緒にしてもらえるかが重要です。弊社の場合だと、「アジアでナンバーワンのインターネットプラットフォームカンパニーを目指す」というビジョンを繰り返し話し、共有してもらっています。


出井伸之

人は組織からの卒業や引退はありえても、自分自身から引退するということはできない。


安岡正篤

これからの急務は形式的資格や功利の追求ではなく、心がけを練り、信念識見、才能を養うて、仕事のために、国家のために、立派に役立ってゆく人物人材の修練養成にあり、これが真の成功の条件であります。


新将命

日本経済新聞の「私の履歴書」を読むと、ほとんど一人の例外もなく、若き日にいい恩師や先輩に出会っています。そうした師がいれば、仕事で躓いても、再び立ち上がることができます。ぜひそうした人を4人は探すべきです。


太田肇

確信的暴走社員たらんと決意したとき、最大の抵抗勢力となるのはミドル(中間管理職)層である。ミドルは旧体制の評価軸に依拠して出世してきているから、旧体制の秩序を脅かすような個性を排除したがるのは当然である。一方で経営トップはそうした個性を待望しているのだから、確信的暴走社員にとっては、いかにミドルの抵抗を突破するかが重要な命題となる。


佐々部晩穂

放送事業は海のものとも山のものともわからない新事業であったから、私もこれを引き受けて100%成功できるという自信はなかった。しかし、中部地方の産業文化の発展のためにとにかくやり抜こうと決心して、引き受けることにした。【覚書き|上記発言はCBC(中部日本放送)の社長を引き受けたときの言葉。CBCはこの後、日本の民間会社初のラジオ放送を行う】